TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「おんなの細道/濡れた海峡」*武田一成監督作品



監督:武田一成
原作:田中小実昌
脚本:田中陽造
撮影:前田米造
音楽:寺島尚彦
出演:三上寛、桐谷夏子、山口美也子、小川恵、石橋蓮司、草薙幸二郎、田山涼成

☆☆☆★ 1980年/日活/71分

    ◇

 亭主がストリップ小屋の社長でやくざでもある
 そんな女を愛してしまったボク……

 原作は田中小実昌の小説『島子とオレ』と『オホーツク妻』。
 2000年に亡くなった田中小実昌(通称コミさん)は、70年代深夜の番組『11PM』で見知った顔。手編みのニット帽をかぶり、飄々とも素っ頓狂ともいえる表情で、座付き作家をしていたストリップの話や、ピンクをはじめ諸々の映画の話、ゴールデン街の話など面白可笑しく聞かせてくれていたっけ。
 映画は、ふたつの話を一種ロードムービー風に描いてゆく。舞台は東北。哀愁感に優れた景観からはほのぼのとした空気が流れ、ダメ人間たちの心の機微が冷たい北国の世界から温かく伝わってくる、叙情ロマンポルノの傑作である。


 主人公のボク(三上寛)はストリッパーの島子(山口美也子)のヒモ。島子にはストリップ小屋“有楽ミュージック”の社長でやくざの夫(草薙幸二郎)がいて、ボクは社長のところへ「島子をください」と告げに行く。しかし小心者のボクは、小屋の前に来て口では威勢のいいことを言っていても、尻込みをする島子に引っ張られとりあえずはラブホテルへ。
 「これが最後になるかもしれないもん。これっきり、あんたとやれないかも知れないもん」と迫る島子と、切羽詰まった気持ちで貪り合うボク。
 そして覚悟を決めて小屋に向うが、社長の子分の松夫(田山涼成)に殺されそうになり、ほうほうのていで逃げ出したボクは、島子を見捨ててバスに飛び乗って当てもなくどこかへ行ってしまう。

 バスの中では、自殺志願の女ツエ子(小川恵)にウィスキーの小瓶と引き換えに金の無心をされる。

 港町の小さな飲み屋では、カヤ子という女(桐谷夏子)に出会う。
 奥の座敷で石橋蓮司と睦みあう黒テントの女優桐谷夏子が、どことなく石橋夫人の緑魔子に似ていたというと失礼かな。

 カヤ子は、九州から出稼ぎに来る妻子持ちの漁師ヒラさん(石橋蓮司)の愛人だが、これから先どうなるかわからない状況にいる。ふらりといなくなったヒラさんを追ってカヤ子はボクと一緒に別の港町へバスで向かうが、ボクには島子がいて、カヤ子にはヒラさんがいて、それにもかかわらず二人は寝てしまう。

 軀を重ねたあと「いいのかなぁ。入口でやめといた方がいいかなぁ。ヤバいことになるんじゃないかなぁ。………ポロポロ」と独り言を呟くボク。苦笑してしまうシーンだけど、その前のシーンでカヤ子が「わたしって、ふっと気が狂って間違いを起こすタチだから」とボクを見つめるところからして、女の情の怖さなのだろうか。
 ヒラさんに棄てられるかもしれない不安な時に、ボクと間違いを犯すカヤ子の気持ちはヒラさんへの情を断ち切るものなのか……桐谷夏子のアンニュイな表情が素晴らしい。

 劇中でボクは何度も「ポロポロ」と呟くのだが(「ポロポロ」は田中小実昌の短編『ポロポロ』から引用しているらしい)、この「ポロポロ」の語源というか意味を明かすのが、安旅館で出前のうどんをカヤ子とすするシーン。可笑しくも、侘しい男女の様が印象深い。

 「ポロポロっていうのはパウロパウロって意味なんだ。神様の使徒パウロ様のこと。そのパウロ様に、姦淫はしません、盗みはしませんと誓うんだ」
 「あんたキリスト教?」
 「死んだオヤジが牧師だった。………でもボクはパウロ様に誓えない。ヒトの女は盗むし、姦淫はするし……。パウロパウロじゃなくてポロポロだ………」
 「ポロポロって、寂しいね。…………ボロボロより寂しい」「うん」
 「このうどんも寂しいね」「そうだな」
 「このキッスも寂しいね」「このオッパイも寂しいな」
 「このオチンチンも寂しいね」
 「寂しい」「寂しい」

 そこにヒラさんが「楽しそうだな」と現れる。

 「遅いわよ。今頃戻ってきても」
 「なんで怒らないの。自分の女が他人と寝てるのに、なんで怒らないの」とカヤ子がヒラさんもなじるのだが、「怒れねえんだ。怒ろうと思ったけど、怒れねえんだ」と掠れて声で静かに呟くと、カヤ子は部屋を出て行ってしまう。
 寂しい思いをさせているカヤ子のことを思うと、責めることができないヒラさんで、そんな寂しそうなヒラさんとボクは一緒に酒を飲むことになる。

 ボクが溲瓶に放つ小便の勢いに「あんた若いから……勢いがいいから……俺の方が年取っちゃってるから」と、そんな寂しげな石橋連司の姿にはホロホロしてしまう。

 真夜中、ボクは島子に電話をし悪態をつく島子をなだめ、再度社長に会いに行くと約束をする。
 部屋に戻ると、カヤ子とヒラさんが抱き合っている。襖から溲瓶をそっと差し入れ「お達者で」と廊下を歩くボク。しみじみ………。

 帰りのバスでは、死んだと思われたツエ子と再会する。
 島子がいる町までついてくるツエ子。
 「千円借りてるし、あんたに会わなかったら死んでいたし、折角思い詰めた気持ちでいたのに、あんたみたいな変な人から声かけられたから………調子くるっちゃったのね」 
 「何が言いたいんだ」
 「つまり、私がいま生きているってことについて、あなたも責任があるわけ」
 変な理屈を聞きながら、ついついツエ子とラブホテルへいくボク。
 寝たあと、赤ん坊を身籠りたいと、受精を確実にしようと逆立ちをするツエ子。
 「私ね、バセドウ氏病の一種で目が見えなくなるの。ヤケになってたけど、お腹に赤ちゃんが入れば生きなきゃいけないでしょ?」
 ツエ子の居直りにボクは「絶望だよ。俺の血を継いだろくでなしがこの世にしゃしゃり出てくる。そのろくでなしが、またろくでなしをこしらえてさ……もう絶望だよ。ポロポロだよ!」

 ストリップ小屋で島子のマナ板ショーを最前列で眺めるボク。
 社長の前で、ふたたび「島子サンを……ください……」と身を縮めるボク。島子が入ってきて、手のひらいっぱいの睡眠薬を掲げ「この人に手を出したらこれ全部飲むよ」と凄む。
 その思い詰めた気配に圧倒された社長はふたりを見送り、ふたりは出てゆく。

 「しょうがねぇ。あのヤローをあてがっとかねぇと、島子のヤツ、ほんもののラチキョウ(薬狂)になっちまう………しょうがねぇ」
 呟やく社長の背中はやけに寂しいのだった。

    ◇

 男と女のどうしようもなく息苦しい関係が描かれているのに、三上寛の飄々とした風貌はまさしくコミさんを彷彿としており、うらぶれたやさぐれ感がユーモアを含んで漂ってくる。
 青森北津軽郡小泊村出身の三上にしてみれば、この生々しさは東北人としての感性なのだろう。男が主人公のロマンポルノは数少ないのだが、この作品は三上寛だからこそ成り立っている映画だ。三上寛の朴訥とした自信のない態は絶品である。
 
 もちろん女優たちもいい。ロマンポルノでは毎度ストリッパー役の山口美也子はその魅力があふれ、場末の根無し草のように浮遊する桐谷夏子の退廃性も素晴らしい。小川恵は最後のシーンでドラマ性を醸し出している。

 石橋蓮司と草薙幸二郎のふたりは、男の優しさをしみじみと滲ませ好演。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/925-1d3f5398