TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「カンタベリー物語」*ピエル・パオロ・パゾリーニ

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するのみです。

1973-01_カンタベリー
I RACCONTI DI CANTERBURY
監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ
脚本:ピエル・パオロ・パゾリーニ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ニネット・ダヴォリ、マイケル・バルフォア、ラウラ・ベッティ

☆☆☆ 1971年/イタリア・フランス/112分

    ◇

 ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作で、日本公開は1973年。
 14世紀のイギリスの作家ジョフリー・チョーサーの原作から8編のエピソードを映画化したもので、パゾリーニ「性の三部作」(『デカメロン』『千夜一夜物語』)の2作目にあたる。
 短編オムニバスの艶笑物語としてとても見やすい作品だが、エロ、グロ、下ネタ満載なのでお薦めかと云われれば微妙である。
 当時の上映はボカシだらけだったと思うが、現在ではDVDは無修正らしい。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/914-ddd92e60