TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

SOME GIRLS

20050206172306.jpg

 LPレコードっていうのはヴィニール盤に刻み込まれた音を聴くだけではなく、それを包むジャケットデザインなども大きな魅力なわけであり、ロック系のアルバムはいろいろ凝ったものも多く、同じレコードでも国によってデザインが違ったり、再発で変更があったりと集めだすとキリがない。
 そんな中で、ハマってしまったのがローリング・ストーンズの78年のアルバム『女たち〈SOME GIRLS〉』。広告風イラストの女性の顔の部分を切抜いて中袋に印刷した写真が見えるようにしたジャケットだが、版権問題で顔をカットした修正版と初回のオリジナル版(通常モンロー版という)の2種類がある。モンロー版と修正版では色の濃さが違ったり、国によってバックの配色や文字色が違う。
 ここで、自分が所持しているものを覚え書きとして分類しておこうと思う。

[ON COLOR]
◆ブルー/ピンク/グリーン/イエロー
 ・UK盤……モンロー版/修正版
 ・US盤〈プロモ〉……モンロー版/修正版

◆グリーン/イエロー/ブルー/ピンク
 ・UK盤……モンロー版/修正版
 ・フランス盤……モンロー版/修正版
 ・フランス盤〈ピンクワックス〉……モンロー版
 ・オランダ盤〈オレンジワックス〉……モンロー版
 ・スウェーデン盤……モンロー版
 ・フィリピン盤………モンロー版
 ・日本盤………モンロー版〈THE ROLLING STONESの文字の上半分が白色〉
 ・日本盤………モンロー版〈THE ROLLING STONESの文字の上半分が赤色〉

◆ピンク/グリーン/イエロー/ブルー
 ・イタリア盤〈ピンクワックス〉……モンロー版

[OFF COLOR]
◆イエロー/グリーン/ピンク/ブルー
 ・UK盤……モンロー版/修正版
 ・US盤……モンロー版/修正版
 ・フランス盤〈ピンクワックス〉……モンロー版/修正版

◆ピンク/グリーン/イエロー/ブルー《SOME GIRLS:赤文字》
 ・UK盤……モンロー版/修正版
 ・US盤……モンロー版/修正版

◆ピンク/グリーン/イエロー/ブルー《SOME GIRLS:青文字》
 ・US盤……モンロー版
 
 コンディションの善し悪しもあるため、同じものでも複数所持をしている。
 これ以外にも、イタリア盤で一番上の色が「イエロー」っていうのもあるらしいので、長年探しているギリシャ盤ともども《女たち》の旅はつづくのである。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/9-bad076a1