TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

内藤やす子 7inch シングル[コロムビア]2

04_yasukoAK65.jpg
A面:私のいい人 
   阿木燿子作詞/宇崎竜童作曲/馬飼野康二編曲
B面:ふるさと心中
   阿木燿子作詞/宇崎竜童作曲/馬飼野康二編曲
1977年3月発売

 内藤やす子は、この2曲を含んだ全詞全曲宇崎竜童&阿木燿子による完全オリジナル・アルバム『サタデークィーン』をリリースすることで本領を発揮する。
 すねた眼差しと髪型が印象的なこのシングル盤ジャケットには、彼女のバックにジミ・ヘンドリックスのモノクロポスターが貼られているが、これは『サタデークィーン』のラストの大曲「 F#m」に連動する趣きである。

★サタデークィーン★


    ◇

05_yasukoAK86.jpg
A面:ターゲット 
   喜多條忠作詞/大野克夫作曲/船山基紀編曲
B面:やぶれかぶれ
   吉岡治作詞/丹羽応樹作曲/馬飼野康二編曲
1977年7月発売

 宇崎×内藤の世界に埋め尽くされていた“カタカナ・エンカ”『サタデークィーン』から1ヶ月後に出た通算5作目のシングル。

 70年代の若者の心情を的確に代弁していた喜多條忠の詞に、当時沢田研二に曲を提供しながら作曲家として台頭してきた大野克夫が曲を付けている。
 B面は、独特な言葉使いを記す吉岡治(後の「天城越え」で、少女だった石川さゆりを情念の世界に引きづり込んだ御仁)の詞に丹羽応樹が曲をつけたもの。

 さて、日本コロムビアからはこの曲が最後のシングルとなる。リリースから2ヶ月後、1977年の夏から始まった一連の芸能界スキャンダルの真っただ中に陥った内藤やす子は、1年半のブランクを迎えることになる。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/889-53c5e0bd