TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「雨のアムステルダム」*蔵原惟繕監督作品

1975-03_雨のアムステルダム
TWO IN THE AMSTERDAM RAIN
監督:蔵原惟繕
脚本:山田信夫
音楽:井上堯之
出演:萩原健一、岸恵子、三國連太郎、アラン・キュニー

☆☆★ 1975年/東宝/92分

    ◇

 オール・アムステルダムでのロケは美しく、スケールも大きなものにしているのだが、リアリティに欠ける展開が陳腐なラヴストーリーに貶めてしまっているのが少し残念。

 日本の小さな商社のヨーロッパ駐在員・明(萩原健一)は、空港で故郷津軽の漁村で憧れの的だった網元の娘・涼(岸恵子)と偶然出会った。
 涼は、近々オープンするアムステルダムの日本料理店のマダムとしてやってきたのだった。明は涼を追い回すが、実は涼のバックには巨大商社の正岡(三國連太郎)という男がいて、利権を巡る裏取引の道具として涼を娼婦としてコントロールしていた……。

 映画は、UNKOしているショーケンから始まる。こんな姿から映画をはじめるなんてショーケンしかできないだろう。
  TV『傷だらけの天使』後の作品。『股旅』『化石の森』『青春の蹉跌』と映画スターとしての地位を着実に築き成長してきたショーケンの、生き生きとした姿が拝める。

 『約束』のコンビふたりであの夢をもう一度ってことで企画されたことは見え見えの作品だから、アムステルダムの街を歩くショーケンと岸恵子のスケッチやら、ショーケンが暮らす屋根裏部屋でのラブシーンやら、岸恵子が身を包むパリ・ファッション、そして、男色の餌食になるショーケンを楽しめばいい。

 映画の前売券には珍しく、ショーケンがキャラクターに起用されていた明治ミルクチョコレート「デュエット」の広告が裏面に掲載されている。アイドル映画としては成功したのかな。

1975-03_雨のアムステルダムura

★約束★







スポンサーサイト

Comment

ひまわり says... "お久しぶりです。"
石井隆監督の新作の情報解禁になりましたね!大石圭の「甘い鞭」今から楽しみですね!
2012.10.17 16:25 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: お久しぶりです。"
>ひまわりさん
お久しぶりです。

そして、久々の石井隆情報!
マゾスティックな女性の過去と現在のリンクは、いかにも石井隆向き。
今月に入ってから、いつ公式サイトに情報がでるのかワクワクしていましたが、遂に!ですね。
詳しい発表は来月でしょうか………キャストに注目。
公開は2013年6月予定ですって!
2012.10.18 12:57 | URL | #- [edit]
ひまわり says... "本当楽しみですね!"
大石圭さんの本は読んだことないのですが^^;あらすじ読むとまさに石井監督の世界ですね!情報によると、どうも二本撮りみたいなので、もう一本も気になってます!後、余談ですが曽根中生監督の自伝が年内に出版されるみたいです!これも楽しみですね!
2012.10.18 23:40 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: 本当楽しみですね!"
>ひまわりさん

私も大石圭さんの名前は『呪怨』でしか知りません。
早速書店で氏の作品を手に取ってみたのですが、こんなことがなければ完全にスルーする部類でした(笑)。
さて石井ワールドは如何に……。
夏に2本の新作を撮り終えた話でしたからねぇ……。
名美も村木のいなくていいからオリジナル作品であって欲しいな。

曽根氏の自伝にも興味………ありがとうね。
2012.10.19 13:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/861-3b8e0dae