TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ソロモンの偽証:第I部 事件」宮部みゆき



 遂に「ソロモンの偽証」が刊行された!
 全3部作で第II部は9月、第III部は10月に発売を分けた大長編である。

 早速購入、とにかく待ち遠しかった。
 どれだけのものかと云えば、『小説新潮』への初出が2002年10月号で、完結したのが2011年11月号……足掛け10年の大作、2000頁を超える小説なのである。
 基本的に、連載モノでも単行本になってから読む派なので、ここまでの道のり長かったぞ。
 1990年代半ばに刊行されていた書き下ろしシリーズ『新潮ミステリー倶楽部』での告知からはじまったのだから、構想だけでも長期に渡るのである。

 クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。
 中学校で起きた飛び降り事件の真相を、大人には任せられないと、中学生たちが自分で法廷を開き真実を求めてゆくストーリー。

 例によって人物相関図がいるほどの登場人物の多さ。相関図をコピーして栞代わりで、いざ………741頁の第一巻。S・キングの「アンダー・ザ・ドーム」以来の厚くて重い本を持ち歩き、楽しさを満喫致しやしょう。

    ◇

ソロモンの偽証〈第I部:事件〉/宮部みゆき
☆第II部:決意(9月21日発売)☆第III部:法廷(10月12日発売)
【新潮社】
定価各1,890円

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/842-ac536e9b