TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「危険がいっぱい」*ルネ・クレマン

lesfelins_f-poster.jpg

LES FELINS
監督:ルネ・クレマン
原作:デイ・キーン「喜びの家」
脚本:ルネ・クレマン、パスカル・ジャルダン、チャールズ・ウィリアムズ
撮影:アンリ・ドカエ
衣装:ピエール・バルマン
音楽:ラロ・シフリン
出演:アラン・ドロン、ジェーン・フォンダ、ローラ・アルブライト、オリヴィエ・デスパ

☆☆☆☆ 1964年/フランス/93分/B&W

    ◇

 原題は〈猫科の動物〉。ルネ・クレマンの職人的手際が映画全体を洒落たムードにつつみ込み、色気からくる危うい雰囲気のアラン・ドロンと、彼に絡む女猫たちとの探り合いと騙し合いが楽しめる傑作サスペンスになっている。


 南仏コート・ダジュール。いかさまカード師でジゴロのマルク(アラン・ドロン)は、アメリカ人ギャングのボスの女房に手を出したばかりに、手下の男たちに追われる羽目になる。
 命からがら逃げ込んだ教会の救済施設で、アメリカ人の富豪で未亡人のバーバラ(ローラ・アルブライト)と従妹のメリンダ(ジェーン・フォンダ)に出会い、彼女たちの運転手として雇われる。
 彼女たち二人は大きな屋敷に住み、ひたすら熱心に慈善活動を行う日々を続けていた。
 色男のマルクにメリンダは魅かれるが、マルクには小娘のメリンダよりも、美貌とミステリアス漂う未亡人バーバラの方に興味がある。
 しかし、バーバラには大きな秘密があり、そのためにマルクを利用しようとしていた………。

    ◇

 手練手管のジゴロ役のアラン・ドロンだが、〈猫たち〉は一筋縄ではいかない。

 高貴で知的な女豹ぶりを見せるローラ・アルブライトは、女優になる前はハスキーなジャズ・ヴォーカリストだった。女王のようにふるまう優美な肢体と、秘密の匂いを漂わせる大人の女の魅力は、その美貌が表すように素晴らしい。

 ジェーン・フォンダもまた、世間知らずのウブな娘役でコケティッシュな子猫ながら小悪魔ぶりを存分に振りまき、魅惑的な美しさを披露してくれる。
 父ヘンリー・フォンダへの反発からフランスに単身渡ってきた反骨心を秘めているだけに、女の意地を貫き通す強い執念と、惚れた男を手に入れるためには手段を選ばない女の凶暴性を、子猫が女豹になっていく様のように見事な演技で応えている。

 バーバラの秘密とは、2年前、愛人のスキー教師ヴァンサン(オリヴィエ・デスパ)とともに、莫大な財産を手に入れるために年老いた夫を殺害していたのだった。愛人ヴァンサンは豪邸の秘密の部屋に猫と隠れ住み、密かに自分と同じ年格好の男を身代わりにパスポートを得て、バーバラとふたりで高飛びすることを計画していたのだった。
 2年間、慈善施設通いで替え玉を捜していたなかで、ギャングに追われるはぐれ者のマルクが、まんまとその標的にされたのだった。

 美しいふたりの女性に誘惑されるマルクを隠し部屋から覗くヴァンサン。マルクを自分に振り向かせたいメリンダは、ヴァンサンにバーバラとマルクの関係を吹き込み、ある工作をする……。
 無邪気な子どものように、自分が欲しいものを手に入れたい欲望。悪気がないから余計に恐い。
 バーバラがヴァンサンを篭の鳥にしたように、今度はメリンダがマルクを自分の宝箱に閉じ込める。おもちゃ代わりの子猫も一緒に………。
 エンディング、刑事の訪問に勝ち誇った笑みを浮かべる美しいジェーン・フォンダと、絶望的な表情のアラン・ドロンの目眩のように揺れる画面が秀逸。

 序盤から軽快なテンポで追いかけっこ的サスペンスが繰り広げられ、後半にはじわりと怖さが秘められた展開。さすがの色男アラン・ドロンも従順たる犬の如し女猫の罠にはまり、ラスト10分間の顛末はスリラーの醍醐味だ。
 アンリ・ドカエのシャープなモノクロ映像と、ラロ・シフリンのクールなジャズ・スコアが緊迫したサスペンスを生み出し素晴らしい効果を創り出している。

 ラロ・シフリンはアルゼンチン生まれのジャズ・ピアニストで、『スパイ大作戦』『ブリッド』『ダーティハリー』『燃えよドラゴン!』などが有名だが、この作品はまさに、彼が映画音楽作家としてのキャリアを歩み始めた記念的作品と云える。

 タイポグラフィが印象的なタイトルバックなどに流れるジャズ・シンフォニーのテーマと、メリンダがヴァンサンを誘惑するシーンに流れる曲が、ジャズ・オルガン奏者ジミー・スミスの名作アルバム『THE CAT』('64)に収録された『危険がいっぱいのテーマ』と『ザ・キャット』として有名だ。

TheCat.jpg

 映画公開に伴いラロ・シフリンの編曲でジミー・スミスがカヴァーしたものだが、映画本編に流れるのはジミー・スミスの演奏ではない。
 
lesfelins_dvd.jpg

[ルネ・クレマン作品]
★雨の訪問者★
★パリは霧にぬれて★
★狼は天使の匂い★


スポンサーサイト

Comment

蟷螂の斧 says... "女と男"
>勝ち誇った笑みを浮かべる美しいジェーン・フォンダと、絶望的な表情のアラン・ドロンの目眩のように揺れる画面が秀逸。

そこなんですよね!まさに絶望的でした!

>ギャングに追われるはぐれ者のマルクが、まんまとその標的にされたのだった。

美人姉妹を見て、見とれている場合ではない。女の怖さ・・・。
2014.06.09 21:09 | URL | #wHTgGx4k [edit]
mickmac says... "Re: 女と男"
>蟷螂の斧さん

色男の物語と思いきや最終的に女豹たちの勝利…
ルネ・クレマンのサスペンスは駆け引きが面白いです。

2014.06.13 00:33 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/836-6975a7d7