TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

70年代をコンプリート、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

DTBWB_BOX.jpg

EMI YEARS BOX 1974~1979/DOWN TOWN BOOGIE WOOGIE BAND

 どえらいモノが出た。
 ジャンル問答無用なロックバンド、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドのコンプリートCD-BOXである。

 東芝EMIに残したオリジナル・アルバム9枚、ライヴ・アルバム5枚、サウンド・トラック2枚の計16枚に、シングルA/B面曲と非売品CM曲をまとめたアルバム未収録集、そしてボーナスディスクとして、メジャーデビュー前にカセットのみでリリースされた「ダウン・タウン・ブギウギ・バンドSPECIAL」を含んだCD19枚組(2枚組ライヴ含む)は、半端ないヴォリュームだ。 

    ◇

DTBWB_interview.jpg

DTBWB_liner.jpg

DTBWB_photo.jpg

 32頁のブックレットには、馬飼野元宏による宇崎竜童へのロングインタビューと各アルバムのライナーノーツ、活動年表やディスコグラフィ&フォトグラフィの掲載で充実している。(但し、薄口のアート紙で刷られているので読んでいるうちに皺が付きやすいのが難)
 インタビューではダウン・タウン・ブギウギ・バンド結成以前の話から、年代毎に各アルバムのエピソードが語られ興味深い。
 80年に解散してからのファイティング・バンドの話にまで及び、ファイティング・バンドのエロ志向と過激性によるTV番組でのエピソードは面白い。宇崎竜童の自由度を許容したNHK-FMはエライもんだ。


DTBWB_label.jpg

 CDは、帯付きアルバムを2色刷りにしたピクチャーレーベル。


    ◇


 ここ何年か、ストーンズの一連のBOX攻勢やら、ブルース・スプリングスティーンやピンク・フロイドの高価なBOXなどを蹴っていただけに、3万円もする買い物は久々のこと。衝動買いみたいなところがあったけれど、8タイトルもの初CD化はやはり魅力があるものだ。
 紙ジャケでないのが少し残念ではあるが、でも、もし紙ジャケだったらもっと高い価格設定になっていただろうから、これはこれで、薄型プラケースでも十分にお釣りがくるアイテムである。

 キャロルやクールスを聴いていた弟が『続 脱・どん底』を買って来たのが最初の出会いか。収録された「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」はまだヒットしていなかったはず。ブルース・ロックな音が気に入り、『あゝブルース』3部作以降が好きで、『身も心も』はノーマン・シーフのジャケット写真とともに愛聴盤になっている。
 当時音楽流通会社に勤めていた友人から、見本盤の『バックストリート』と『白昼の死角』のカセットテープをもらったが、さすがに今ではカセットテープは聴くに耐えないので『バックストリート』3部作や『白昼の死角』のCD化は「待ってました!」ってところか。

 宇崎竜童の映画音楽として重要な作品『曾根崎心中』のCD化も朗報。
 『曾根崎心中』は、眼光鋭い梶芽衣子の“お初”と、初めてサングラスを外し優しい眼差しを見せた宇崎竜童の“徳兵衛”が、究極の道行き美学を漂わせた映画だった。このサウンド・トラック盤のオリジナルは、30cmLP45回転ハイレベル・カッティング・レコード(12インチ・シングルということで1,800円だった)でリリースされ、たった20数分の音盤の中に女と男の情念が詰まった意欲作で、劇伴と映画をイメージした組曲で構成されている。

12-DTBWB_sonezakishinjyu.jpg

 映画のクロージングに流れた歌モノ「道行華(みちゆきばな)」は、映画館で聴いたときには「これは三上寛じゃないの?」と思ったほどの濃厚な“怨歌”で、宇崎竜童が喉から言霊をしぼり出すように鬼気迫る唄いを聴かせている。
 『曾根崎心中』に先立つ1975年、日活ロマンポルノ『実録おんな鑑別所』(小原宏裕監督・梢ひとみ主演)において主題歌「煉獄のブルース」を絶品のブルース演歌として披露しているが、この“ブルース”と“ロック”を“エンカ”で結んだ通俗性が竜童歌謡の真骨頂。
 阿木燿子の性愛の世界観が見て取れる「道行華」は、遊女を唄った山口百恵の「霧雨楼」に繋がっていく……そして「曼珠沙華」へ……。
 『曾根崎心中』の宇宙的ジャケットが、同じ頃発売された山口百恵の「COSMOS」(デザインは横尾忠則)に何か通じるものを感じたりするのだが……。


 もう一枚どうしても欲しかったアルバムが、1979年12月31日の“浅草ニューイヤーロックフェスティバル79”での演奏を完全収録した『BOOGIE AT JUST MIDNIGHT』。

17-DTBWB_lastlive.jpg

 80年代ダウン・タウン・ブギウギ・バンドは自らのレパートリーを封印し(阿木燿子に叱られたとインタビューにある)新たなバンド活動へ踏み出す。これは、その最後の貴重な記録だ。
 最後の演奏ということで熱の入れようは凄いものがあり、名曲「身も心も」においては、宇崎竜童のタメを効かせた激唱とブルージーな演奏に鳥肌が立ってくる。
 ラストの曲では主催の内田裕也をはじめ出演したアーティストたち(ジョー山中・柳ジョージ・ジョニー大倉・RCサクセション・かまやつひろし・近田晴夫・桑名正博・シーナ&ロケッツetc)が舞台に揃い、歌い、叫ぶ。
 ひとつの時代を刻む、日本ロックの名盤と云える。


18-DTBWB_another.jpg

 『アルバム未収録集』に入っている「網走番外地」と「ちゅうちゅうタコかいな」は、デビューアルバムから発禁曲としてはずされたものだが既にCD化はされている。それよりも、コーセ化粧品のCMソングとして販促用にプレスされた非売品シングル「見果てぬ夢のブルース」が貴重。
 お得意の“エンカROCK”だが、化粧品のCM曲としては何だかミスマッチな感じで面白い。


19-DTBWB_73casset.jpg

 今回ボーナス・ディスクとしてパックされた『ダウン・タウン・ブギウギ・バンド・スペシャル』は、所有していないのでわからないのだが2007年にリリースされたCD+DVD『蔵出し~ブートレッグ』に収録されていたものと同じようだ。
 すべてロカビリーのカヴァーだが、ブルース・ロック的に始まるデル・シャノンの「悲しき街角」など、ただのカヴァーでは済まない演奏で、米軍キャンプやビアガーデンをサーキットしていたバンドとしての底力を感じる。



★宇崎竜童、ブルーズ・ライヴ!★ 
★ブルースで死にな/宇崎竜童★
★海賊版 LIVE FIGHTING 80's/ダウンタウン・ファイティング・ブギウギ・バンド★
 

    ◇

01-DTBWB_1st.jpg

DISC 01.
脱・どん底(1974/1st)
01. 山谷ブルース/02. 今日から他人/03. 青春すきま風/04. 哀しみの河/05. 知らず知らずのうちに/06. 黒の舟唄/10. 脱・どん底 傷だらけのブルース

    ◇

02-DTBWB_2nd.jpg

DISC 02.
続 脱・どん底(1975/2nd)
01. 棄てましょブギ~IN THE MOOD/02. アンタがいない/03. うらぶれた部屋で/04. ダウンタウンならず者懺悔/05. ベース・キャンプ・ブルース/06. スモーキン'ブギ/07. 賣物ブギ/08. ジプシー・マリー~セント・ルイス・ブルース/09. 待ちくたびれた16歳/10. 恋のかけら/11. 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

    ◇

03-DTBWB_live75.jpg

DISC 03.
脱・どん底音楽会(1975/ライブ)
01. アナウンス~糸井五郎氏、D.T.B.W.B.紹介~ダメな女の四畳半/02. 脱・どん底傷だらけのブルース/03. 恋のかけら/04. スモーキン・ブギ~糸井五郎/05. アイ・ニード・ユア・ラヴ・トゥナイト/06. ハウンド・ドッグ /07. 知らず知らずのうちに/08. ベース・キャンプ・ブルース/09. ジプシー・マリー~セン/1/11. 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

    ◇

04-DTBWB_3rd.jpg

DISC 04.
ブギ・ウギ・どん底ハウス(1975/3rd)
01. ブギウギ・ブギ/02. 街角のレディー・コマッシャー/03. 涙のシークレット・ラヴ/04. 赤坂一ツ木どん/06. 商品には手を出すな/07. 悲しきティーンエイジ・アイドル/08. ほいでもってブンブン/09. トランペット葬送曲/10. 哀しみのディスコティック~長崎ナイトパレス、クローズド~

    ◇

05-DTBWB_GS.jpg

DISC 05.
G.S.(1976/4th)
01. フリフリ/02. 好きさ 好きさ 好きさ(I LOVE YOU)/03. 君に会いたい/04. 長い髪の少女/05. ノー・ノー・ボーイ/06. おかあさん/07. 想い出の渚/08. 青い瞳/09. シーサイド・バウント/10. 神様お願い/11. スワンの涙./12. 小さなスナック/13. 恋はもうたくさん/14. 白いサンゴ礁/15. ブルー・シャトー/16. YESTERDAY'S TESTERDAY'S

    ◇

06-DTBWB_blues01.jpg

DISC 06.
あゝブルースVol.1(1976/5th)
01. アイム・ジャスト・フーチー・クーチー・マン/02. ブルー・ブルース/03. あいつの好きそなブルース/04. 新説・女の意地/05. 夕哭のブルース/06. 一番星ブルース/07. おまえの為のブルース・シンガー/08. 東京ナイト&デイ/09. 待ち呆けのブルース/10. 沖縄ベイ・ブルース

    ◇

07-DTBWB_blues02.jpg

DISC 07.
あゝブルースVol.2(1976/6th)※初CD化
01. 家は出たけれど/02. ブルー・グレー・ロマンス/03. 昭和元禄ダンチョネ節/04. 弾き語りの哀歌/05. 裏切り者の旅/06. ゴールド&シルバー/07. ミスター・ティアドロップ/08. スプリング・セールス・ブルース/09. 哀愁のブルー・ノート/10. あゝブルース

    ◇

08-DTBWB_blues-live.jpg

DISC 08.
あゝブルースVol.3(1977/ライブ)※初CD化
01. MY MOOD /02. ST.LOUIS BLUES /03. SOMETIME I FEEL LIKE A MOTHERLESS CHILD /04. LONG GONE LONESOME BLUES /05. MEAN OLD WORLD /06. BLUES SUEDE SHOES/07. 夜霧のブルース /08. 東京ブルース/09. 山谷ブルース/10. 恍惚のブルース/11. 昭和ブルース/12. あゝブルース

    ◇

09-DTBWB_7th-.jpg

DISC 09.
身も心も(1977/7th)
01. ためらいもなく時はすぎ/02. DOWN TOWN ANGEL/03. しのび逢い/04. KISS ME/05. BALLAD/06. MINE/07. 捨鉢マーチ/08. 乾いた花/09. 無一文オペラ/10. 身も心も

    ◇

1011-DTBWB_2LIVE.jpg

DISC 10.
実況録音盤(1977/ライブ)※初CD化
01. SLOW DOWN/02. KEEP-A-KOCKIN'/03. 恋の日記/04. KANSAS CITY/05. WHOLE LOTTA SHAKIN' GOIN ON /06. ほいでもってブンブン/07. アイム・ジャスト・ア・フーチー・クーチー・マン/08. 昭和元禄ダンチョネ節/09. 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ/10. 賣物ブギ

DISC 11.
実況録音盤(1977/ライブ)※初CD化
01. ためらいもなく時はすぎ/02. 悲しきティーン・エイジアイドル/03. 赤坂一ツ木どん底周辺/04. 涙のシークレット・ラブ~哀しみのディスコティック~長崎ナイトパレス、クローズド~ /05. ジプシー・マリー/06. DOWN TOWN ANGEL/07. 沖縄ベイ・ブルース/08. サクセス/09. 身も心も/10. トラック・ドライビング・ブギ

    ◇

12-DTBWB_sonezakishinjyu.jpg

DISC 12.
曾根崎心中(1978/サウンドトラック)※初CD化
01. 道行/02. 抱擁/03. 札所詣/04. 愛/05. 組曲・曾根崎心中/06. 道行華

    ◇

13-DTBWB_8th-backstreet01.jpg

DISC 13.
バックストリート(1978/8th)
01. 雨のイーストサイド/02. アレイキャット/03. あれ!/04. NAH-NAH/05. 沖縄8・15/06. 新宿バックストリート/07. ブス罷り通る/08. EMPTY/09. 乗継ぎステーション/10. JA-NA

    ◇

14-DTBWB_9th-backstreet.jpg

DISC 14.
バックストリート・パート2(1978/9th)※初CD化
01. ウィークエンド・ブロークン・ダウン/02. フィール・ブルー/03. ベイビー・アイ・ラブ・ユー/04. ホノルル・コネクション/05. 鉄砲玉/06. レイジー・レディ・ブルース/07. オールド・ブラック・ジョー3世/08. バック・ドア/09. 絶句/10. ロンサム年増シャッフル/11. 昼顔の朝

    ◇

15-DTBWB_backstreet-live.jpg

DISC 15.
ライブ!バックストリート(1979/ライブ)※初CD化
01. ダウン・タウンならず者懺悔/02. 今日から他人/03. 恋のかけら/04. あいつの好きそなブルース/05. ブルーブルース/06. 裏切り者の旅/07.メンバー紹介/08. 新宿バックストリート/09. あれ!/10. 待ち呆けのブルース/11. JA-NA

    ◇

16-DTBWB_hakucyunoshikaku.jpg

DISC 16.
白昼の死角(1979/サウンドトラック)※初CD化
01. 白昼の死角 主題歌 「欲望の街」/02. 悪徳のブルース/03. メロメロ・ボーイ/04. あんたのラグ/05. ヘッズマン・ブルース/06. 愛のテーマ/07. 白昼の死角メインタイトル[Sous Les Toits de Oaris~欲望の街] /08. ワンナイト・マンボ/09. ワンナイト・ジャム・セッション/10. ゲットルーズ/11. 愛のテーマ

    ◇

17-DTBWB_lastlive.jpg

DISC 17.
BOOGIE AT JUST MIDNIGHT(1980/ラスト・ライブ)※初CD化
〈1979年12月31日 浅草ニューイヤーロックフェスティバル79完全収録盤〉
01. 「獅子の時代」メインテーマ~KISS ME /02. バック・ドア/03. メンバー紹介~DOWN TOWN ANGEL/04. 沖縄ベイ・ブルース/05. 身も心も /06. サクセス/07. トラック・ドライビング・ブギ/08. 新春セレモニー~FIGHTIN'80s

    ◇

18-DTBWB_another.jpg

DISC 18.
アルバム未収録楽曲集
01. 網走番外地/02. ちゅうちゅうタコかいな/03. ア!ソウ/04. サクセス/05. 愛しのティナ/06. 涙のヴァイア・コンディオス/07. 見果てぬ夢のブルース

    ◇

19-DTBWB_73casset.jpg

DISC 19.
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド・スペシャル(1973)
01. ブルー・スェード・シューズ/02. 監獄ロック/03. ハウンド・ドッグ/04. ジェニ・ジェニ/05. ヂィス・ミス・リージー/06. ロック・アラウンド・ザ・クロック/07. トラブル/08.悲しき街角/09. カスサス・シティー/10. ホール・ロッタ・シェイキン/11. ビー・バップ・ア・ルーラ/12. 恋の片道切符/13. 冷たくしないで/14. マネー/15. ルイジアナ・ママ/16. ルシア




スポンサーサイト

Comment

路傍の石 says... "やっぱり欲しい"
mickmacさん、どうもです。まさかDTBWBのボックスが出るとは想定してませんでしたね。前もって知っていたら金の工面もできたんですが。なくならないうちに何とか手に入れたいですね。ライヴ音源が多いというのがこのバンドの肝だし、それが余すことなく収められた70年代のボックスはやっぱり一生もんの宝でしょう。
2012.05.26 20:57 | URL | #2u3yklk6 [edit]
mickmac says... "Re: やっぱり欲しい"
>路傍の石さん

ぼくも、このBOXは寝耳に水でした。
なにげに竜童さんのサイトを見て、リリース前日に知った次第です。
ですので、本当に衝動買いです(笑)
それにしても、「脱・どん底音楽会」「あゝブルースVol.3」「1977実況録音盤」「ライブ!バックストリート」「BOOGIE AT JUST MIDNIGHT」とライヴの変遷を一気に聴いていると、70年代をすっぽりパッキングした意味合いを感じずにはいられませんね。
やはり凄いブツですよ。
高価ですが、決してソンにはならないでしょう………工面してくださいな(笑)

2012.05.27 00:00 | URL | #- [edit]
路傍の石 says... "武田鉄矢のショータイム「宇崎竜童」"
7月14日今晩7時半~9時、NHK BSプレミアムにて。micmackさん、チェック済みでしょうか?阿木燿子さんも登場して山口百恵に関する話題もあるようです。
2012.07.14 19:06 | URL | #3UG7ZRW. [edit]
mickmac says... "Re: 武田鉄矢のショータイム「宇崎竜童」"
>路傍の石さん

ちゃ〜んとチェック済みでしたよ。
録画して、明日ジックリ鑑賞予定です。
ありがとうございます。
2012.07.14 23:38 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/823-de49f97f