TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

新・座頭市「不思議な旅」

監督:勝新太郎
脚本:星川清司、奥村利夫(勝新太郎)
原作:子母沢寛
撮影:牧浦地志
音楽:喜多郎
製作:勝プロダクション/フジテレビ
出演:勝新太郎、原田美枝子

初回放映:1979年10月29日 フジテレビ「新・座頭市」第3シーズン第23話

    ◇

 例によってこの物語も、完成台本からイマジネーションを膨らませた勝流即興演出が際だった作品だ。
 ゲストは原田美枝子。彼女が「座頭市」に登場したのは1978年の第2シーズンの第10話「冬の海」においてだった。当時19歳の原田美枝子は、そこで「台本は捨てて心で演技を」と勝に教えられた。
 文春新書『天才 勝新太郎』のなかに、この時の原田美枝子を起用したエピソードが記されている。台本のない現場に原田のマネージャーは激昂。勝の「この子を連れて帰ると一生損をするよ」にピリピリする現場。そこに「私は演りたい」と原田の方からマネージャーに懇願したという。

 「座頭市」2度目のこの作品は、原田美枝子が五つの役(乞食・尼・旅芸人・子守り娘・遊女)に扮している。
 天才・勝新太郎と天才少女・原田美枝子が織りなす大傑作である。
 
 いきなり、雪の中から死体の手足がニョキと出ている絵から始まり、そこに、乞食(原田美枝子)の姿。
 通りかかる市に、「哀れな者にお恵みを~」としゃがれた声で呟く。声を潰して男のように発声する原田美枝子。はじめは何を言っているのか判らない。

 市から握り飯をもらい、桟橋の突端から湖に落ちそうになる市を止め、湖畔の土手で市に酒盛りをする御薦(おこも)の少女だ。
 「梅の花の匂いがする女がいいね」と市がぽつり。

 人探しの渡世人が通りかかり「18~9の女を見なかったかい?」と、ふたりに尋ねる。
 女は口をぱくぱくさせながら唖の仕草。市は白目を向ける。
 「喋れんモンと見えねえモンに聞いてもしょうがねぇ」と一味は立ち去る。

 乞食女が市の泊まるところとして安寿様がいる尼寺に連れていく。
 「安寿様、安寿様…………」「よく来てくださいましたね」と、乞食女が安寿の声色で一人芝居。あばら家の中では、梅の花を香らす安寿に変身した原田美枝子。ゆったりとした話し声。

 翌日、活気のある宿場町を歩く市ひとり。乞食姿に戻った女がこっそりと後をつけている。神社の奉納相撲に引っ張り出される市。夜、市は宿屋の女中に手を引かれ旅芸人の若い女の部屋に通される。再び原田美枝子。

 この宿の遊女・梅花(山口奈美)と、旅芸人の女が差しで静かに語り合うシーンは長回し。旅芸人の女の肩を揉む市は、右端の行灯に隠れて見えない構図で、壁に映る女の影が印象的。

 隣町で首を縊った“お梅”という遊女がいた。“お梅”の父親が座頭市だという。店に火をつけ金を奪って逃げきた女。“お梅”に成り変わった女。市に「いち」と名前が縫われた財布を差し出し「おとっちゃん」と呟く。女の正体はわからない。どれが本当のことで、何が想像なのか。

 市は女の話に乗り、女の生き血を吸うやくざ(小林昭二)たちを全員斬る。
 市が愛した“お梅”はいただろうが、市の娘が本当にいたのかどうかは判らない。

 物語の説明は一切ないままに、見る者の想像に委ねられる。これは受け手の感覚、好き嫌いで勝負するような作品。
 音楽は、喜多郎のの1stソロアルバム「天界」が全編に使われている。


 無垢な天才を見初めた天才。
 このあと、勝新太郎がカメラマンとなって原田美枝子のヌード写真集を出す。

photo_katsu-mieko.jpg

 書庫に眠る大切な宝物である。


スポンサーサイト

Comment

ちゃーすけ says... "不思議な旅"
勝新太郎氏が原田美枝子に惚れ込んで、彼女の魅力を最大限に引き出してやろうとして作った一本。
そんな感じに見えました。
いろいろな意味で、当時の勝さんでなければ、できなかった作品ですね。
2012.04.17 14:21 | URL | #a2H6GHBU [edit]
mickmac says... "Re: 不思議な旅"
>ちゃーすけさん

いやぁ、ホントに勝新は原田美枝子さんに惚れてますねぇ。
これがいい作用に働いて、原田美枝子さんは名だたる監督の作品に出て行くんですからね。
神代辰巳監督の『ミスター・ミセス・ミス・ロンリー』('80)での原案&脚本参加は、やはり並みの女優ではなかった証のひとつですね。
2012.04.17 18:12 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/814-68cde7bd