TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

日活ニューアクションのサウンドファイル

 70年代の日本の映画とROCKと歌謡曲をディープに掘り下げるHotwax誌が、Hotwax TraxとしてCDを発売した。
 題して『日活ニューアクションの世界
 各シリーズから主題歌、BGM、挿入曲など貴重な音源が網羅されている。

野良猫ロック stray cat rock 


 まず1曲目の青山ミチの「恋のブルース」でノックアウトされる。天才歌姫でありながら破滅型の道を歩んでしまった青山ミチが唸る、この濃厚な歌謡ブルースには聞き惚れてしまう。
 青山ミチは弘田三枝子と同時期にデビューしていて、パワフルでソウルフルな歌唱力には定評があった。ただミコとちがいあまりヒット曲はなかったけれど、2002年に大西ユカリと新世界が「恋のゴーカート」「恋はスバヤク」「ミッチー音頭」などをレパートリーにカヴァーしており馴染み深い。ソウル演歌のイメージのひとですね。

 主演女優梶芽衣子の歌声も、ワイルドジャンボでの弾き語りが収録されているのが嬉しい。劇中歌のためタイトルが不明だったが、「C子の唄」ってタイトルはこのCDのためにつけたのでしょうか。
 全体を通しては、やはりセックスハンターに使われた鏑木創作曲のビート感溢れる楽曲らが群を抜いて素晴らしい。

 ひとつ残念なのは、予定されていた太田とも子の「とおく群衆を離れて」と「恋はまっさかさま」の2曲が収録されなかったこと。太田とも子の曲が初CD化(多分、未CD化だと思います)されるのは、梶芽衣子との姉妹共演したこのシリーズで実現して欲しかった。

収録曲
01. 恋のブルース(唄:青山ミチ)
02. マシン・アニマルPS5-1(演奏:ピーターパン)
03 .明日を賭けよう(唄:梶芽衣子)
04. 禁じられた一夜~ソロ・ヴァージョン(唄:安岡力也)
05. セックス・ハンター BGM (音楽:鏑木創)
06. マシン・アニマルPS7A-1(演奏:ピーターパン)
07. 禁じられた一夜~デュエット・ヴァージョン 
   (安岡力也&梶芽衣子)
08. C子の唄(唄:梶芽衣子)
09. ワイルド・ジャンボのテーマ(音楽:玉木宏樹)
10. セックス・ハンターのテーマ (音楽:鏑木創)
11. ひとりの悲しみ(唄:ズーニーヴー)
12. マイ・ボーイ(唄と演奏:沢村和子とピーターパン)
13. セックス・ハンターPS-C (音楽:鏑木創)
14. 暴走集団'71のテーマ~スキャット・ヴァージョン
   (音楽:玉木宏樹)
15. 御意見無用(唄:モップス)
16. 暴走集団'71 BGM(音楽:玉木宏樹)


日活ニューアクションの世界/無頼・殺(バラ)せ


 これも1曲目の、フラワーズの「君恋し」が凄い。
 フラワーズは内田裕也が1960年代後半に結成したバンドで、ヴォーカルの麻生レミはジャニス・ジョプリンばりの声の持ち主だった。のちのフラワー・トラヴェリン・バンドになるわけで、日本のロック草創期の重要なバンド。この年に出したファースト&ラストアルバムのジャケットが、メンバー全員のヌードということで話題にもなった。
 そのバンドに、フランク永井のナツメロ歌謡曲を劇中で歌わせることが、ニューアクション映画のメチャかっこいいところだろうか……もちろん当時のフラワーズは新人バンドなんですけどね(笑)。

 さて、この「君恋し」は麻生レミのハスキーな声が素晴らし過ぎる。フル・ヴァージョンで収録されているこの一曲だけで、このアルバムを買う価値があります。続くモップスの「アイ・アム・ジャスト・ア・モップス」もニューロックヴァージョンのガレージロックと云うか、今でも十分にカッコいい曲だ。青江三奈が唄う「上海帰りのリル」もいいしね……。
 全体的にロック、ソウル、ジャズ、そして歌謡曲と、ヴァラエティ豊かな楽曲で傑作揃いです。

収録曲 
01. 君恋し(唄:フラワーズ)
02. アイ・アム・ジャスト・ア・モップス(唄:モップス)
03. 反逆のメロディM-10 (音楽:玉木宏樹)
04. ワイルド・クライ(唄:尾藤イサオ)
05. 大幹部・ケリをつけろのテーマ (音楽:小杉太一郎)
06. 流血の抗争 M-11 (音楽:鏑木創)
07. イン・マイ・ワールド(唄:沢村和子とピーターパン)
08. 野獣を消せ M-11 (音楽:坂田晃一)
09. 無頼のテーマ~無頼・人斬り五郎M-21(音楽:伊部晴美)
10. そよ風のバラード(唄:スイング・ウエスト)
11. 関東幹部会 M-4 (音楽:玉木宏樹)
12. 反逆のメロディM-6(音楽:玉木宏樹)
13. 上海帰りのリル (唄:青江三奈)
14. 新宿アウトロー M-3 (音楽:玉木宏樹)
15. からだの中を風が吹く(唄:水原弘)
16. 無頼のテーマ~オリジナル・ヴァージョン(音楽:伊部晴美)

 各盤とも豪華デジパック特殊仕様で、初回特典としてオリジナルポスターが復刻封入されている。そしてレア写真満載の映画紹介ブックレット付きです。

スポンサーサイト

Comment

路傍の石 says... ""
再度新しくコメントいたします。

う~む、欲しい!
いろいろとほかに聴くべきものが集中してしまって手が回りませんでした(笑)。
音楽は興味の対象がなかなか絞り込めなくて大変な思いをしております。

それと、この辺は映画もまだまだ見切れていないので、
どこかの上映を探して行きたいと思っております。

『帰って来た昭和の名曲2』は後半で結構あっと驚く人たちも出ておりまして、
ガロのあの人・・・と思っていったんですが、
ご指摘いただいたとおり、先日のテレビ東京系の『名曲の時間』と
記憶がごっちゃになっていて、
その前のことはもう記憶にございません。
だなんて、昔のロッキード事件灰色高官の証人喚問のセリフみたいですね(笑)。

多分この暑さと疲れで頭がおかしくなっていると思いますので、
ご勘弁くださいませ(笑)。
2005.08.05 01:16 | URL | #3UG7ZRW. [edit]
mickmac says... ">路傍の石さん"
>音楽は興味の対象がなかなか絞り込めなくて大変な思いをしております。

同じですね。 それでも、間口を広くしておく方が楽しみが2倍、3倍とあります。

『無頼シリーズ』と『野良猫シリーズ』のDVD化は、強くファンからの要望の多いものですね。
いつか、絶対に発売されると思っています。
あと、今月のWOWOWで梶さんの『修羅雪姫』2作が放映されますよ。
2005.08.06 14:19 | URL | #kuX..F9k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/80-d39b84da