TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「感染遊戯」誉田哲也



 “姫川玲子シリーズ”のスピンオフ的作品で、ガンテツこと勝俣警部補をメインに、姫川班で若手だった葉山規之、「過ぎた正義」の元警部補倉田修二ら3人の様々な事案が描かれる連作集。
 武田鉄矢、小出恵介、杉本哲太を念頭にすらすらとテレビ放映前に読了。
 

感染遊戯/インフェクションゲイム
 世田谷署に詰めている姫川玲子に天敵ガンテツが語る、15年前の製薬会社サラリーマン殺害事件。
 殺された長塚敦の父親・利一は元厚生省薬事局長で、薬害感染症を引き起こした非加熱製剤を流通し続けた張本人だった………。

連鎖誘導/チェイントラップ
 8年前の息子の殺人で警察を追われた倉田修二が、退職直前に関わった男女の殺傷事件。
 被害女性の野中沙江子は死亡、重症の松井武弘はノンキャリアの外務省経済局員だった。倉田の捜査線上にある男の名前が浮かんできたとき、捜査二課から捜査の制止がかかる………。

沈黙怨嗟サイレントマーダー
 姫川班解散(「インビジブルレイン」)から2年半。世田谷管内の所轄勤務になった葉山規之は、昇進試験に合格し巡査部長になっていた。
 囲碁仲間の老人同士の些細な傷害事件は、殴られた谷川正継が元厚生省官僚だったことから思わぬ事案が浮き上がり、葉山は罪を問えない罪と向かい合うことになる……。

推定有罪/プロバブリィギルティ
 15年前の殺人事件と8年前の殺人事件、そして元厚生省官僚の殴打事件と、先の3つの短編に描かれた事案の全てが繋がり、大きな事件となって不気味な暗部が明らかになる。
 ガンテツと葉山と倉田が絡み、そして、少しだけ姫川が登場する最終章。断然面白い!


 ガンテツの下品さと悪党ぶりはシリーズ本編を越える無法状態だが、葉山や倉田との絡みが、利用出来るものはなんでも利用するウラがあったとしても、ひとつ確かなことは、相手を認めていること。葉山を一課に引き上げようとするガンテツの思いも捨て難い。
 だから、徐々にとガンテツを理解できるようになってくる。そばにいるだけで嫌悪な男だけど、上司はもとより上層部を恐れないハードボイルドさだからこそ応援したくなってしまう不思議なキャラクターだ。
 倉田修二も特異な存在として今後の登場が楽しみ。

 そして、事件の結末に慄然としながら、最後のガンテツと姫川との会話に新作への期待が膨らむ。 
 
感染遊戯/誉田哲也
【光文社】
定価 1,680円

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/793-b5487747