TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ストロベリーナイト」# 2:右では殴らない

★右では殴らない: part1★

 劇症肝炎による遺体が3体発見される。ただの病死と思われた彼らの体内からは、微量な違法薬物が見つかったことから連続殺人と見立てられ、警視庁に帳場が設けられた。
 捜査は三係の島班と姫川班の合同捜査。各所轄の生活安全課なども加わり、亀有西署からは井岡巡査長(生瀬勝久)がやってくる。

 通称「ゼブラ」と呼ばれる違法ドラッグを巡っては、勝俣班もチンケな暴力団員殺害事件を端にガンテツが嗅ぎ回ることになる。

 3人の被害者に共通するオンラインゲームの会員登録から政府ブレーンを勤める大物医師が浮かび、任意同行を求めるが………。

    ◇

 原作部分を後編にあてがい、そこに至るまでの捜査に費やした今回は、同じ組織内での手柄の取り合いから相手班をどう出し抜くかとか、ガンテツのネチネチした嫌らしさを思いっきり悪辣さで見せつける武田鉄矢の登場で重厚感が加わった。

 2回に分けた来週は、原作とドラマでは“ゼブラ”の出所が違うので事件の顛末は別の解決方法に導かれるのだろうが、短編だからこその面白いエピソードは犯人探しよりも取調室での姫川のやりとりが肝なだけに、竹内結子の啖呵が楽しみだ。
 大人げないとはいえ、相手がたじろぐまで徹底した偏執狂的姫川の倫理観と社会性の認識に溜飲を下げ、タイトルのネーミングの面白さにニヤリとしよう。

    ◇

原作:誉田哲也
脚本:黒岩勉
演出:佐藤祐市
音楽:林ゆうき
主題歌:「ミセナイナミダハ、きっといつか」GReeeeN
出演:竹内結子、西島秀俊、宇梶剛士、渡辺いっけい、高嶋政宏、小出恵介、丸山隆平 、生瀬勝久、津川雅彦、武田鉄矢

2012年1月17日放送


★「ストロベリーナイト」#1:シンメトリー★
★ストロベリーナイト レジェンド★
★「姫川玲子シリーズ」誉田哲也★

スポンサーサイト

Comment

ちゃーすけ says... "見てますよ~"
昨日は謎解きと言うより、姫川の取調室での犯人追いつめがメインだと思いました。
2人の女優のやり取りがキモの、難しいシーンだと思いましたが、良かったですね。
姫川も、姫川の追求を受ける女子高生も、演技をすごくがんばっていたと思います。
2012.01.25 15:05 | URL | #a2H6GHBU [edit]
mickmac says... "Re: 見てますよ~"
>ちゃーすけさん

> 昨日は謎解きと言うより、姫川の取調室での犯人追いつめがメインだと思いました。

まさに、原作の三分の二がアノ取り調べ室の中だけですから、キモも肝。
菊田が「主任!」と叫んだとき、間髪入れず「うるさいっ!」と返す姫川のタイミングの気持ちよさ。
生瀬さんの癒しぶりも最高潮でしたね。
2012.01.26 00:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/788-360ef36c