TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ストロベリーナイト」#1:シンメトリー

strawberrynight_poster.jpg


原作:誉田哲也
脚本:龍居由佳里
演出:佐藤祐市
音楽:林ゆうき
主題歌:「ミセナイナミダハ、きっといつか」GReeeeN
出演:竹内結子、西島秀俊、宇梶剛士、渡辺いっけい、高嶋政宏、遠藤憲一、手塚理美、小出恵介、丸山隆平、大和田獏、滝藤賢一 / 桐谷健太、国仲涼子 / 生瀬勝久、津川雅彦、武田鉄矢

第1回放送:2012年1月10日 フジテレビ

    ◇

 スペシャルドラマの映像を回想にして始まった“姫川玲子シリーズ”。
 姫川自身のトラウマと殉職した大塚巡査(桐谷健太)のエピソードを核にするために、再度「レジェンド」の映像を挿入するクドさを感じはしたが、まぁ、連ドラ単独としてはその辺りの説明も必要か。

 ニュース映像のドヤ顔で登場する遠藤憲一と、相変わらず女の警察官を見下す渡辺いっけいの存在感を見せつけておいて姫川班の1日がはじまるワクワク展開は、原作の犯人像を大きくアレンジするドラマとなっていた。

 原作は犯人の視点から描かれていて、密かに想う女子高生と駅員との切ない物語を柱に、自ら右手を失う事故被害者の立場として“シンメトリー”にこだわる哀しき犯罪者を描いていた。
 しかし確かに、転覆電車から女子高生を助けようとした勇敢な駅員も、裏を返せば甚大な被害を起こすきっかけを作ったという加害者の立場だという、原作には描かれなかったこの点をドラマは突いてきたわけだ。
 二つ目の殺人の状況や隠れ家となるネットカフェのブースの様子により、視覚だからこその“シンメトリー”が強調され、犯人を強烈な偏執狂として提示している。
 原作の元駅員の徳山を「被害の会」に参加しない多田という男と分身させることで、原作のテイストはある程度感じることはできるから、殺人への動機づけなどドラマとしてのインパクトあるアレンジはOKと感じた。
 短編を映像化する場合、原作に書かれていない人物造形をドラマ用に変質させることはあってもいいし、今作は巧くアレンジしていたと思うが、どうだろう。

 茶目っ気ある姫川の言葉に犯人が和む終わり方をする原作と、竹内結子に「ナメてんじゃないわよっ」と啖呵を切らせるドラマではムードは変わったが、“シンメトリー”な顔立ちの美人竹内結子の凄みが素敵だからいいんじゃない。

 “でも、もう逮捕しちゃったんです”

 第一回捜査会議をスッぽかした姫川が、怒鳴る橋爪警視(渡辺いっけい)や今泉警部(高嶋政宏)にこう伝えるエンディングの軽さと、“シンメトリー”なラストのオチで見事に決まった感あり。

 さてドラマは、残虐な事件の数々が暗いトーンを漂わす原作以上に、姫川玲子の暗く忌まわしい過去と被害者としての苦悩とそれを克服する姿を見せていくために、家族との確執を大きく扱う構成のようだ。
 母親と父親の存在が暗く重い空気を漂わす展開は、被害者の親として過保護に傾倒する様を手塚理美が痛々しくエキセントリックに演じていたが、あまり家族問題に突っ込んでいくことで玲子の危うさが強調されていくのは心配だ。
 事件の関係者(特に加害者)との関わりだけで、彼女の生き方を反映していって欲しい。


★ストロベリーナイト レジェンド★
★「姫川玲子シリーズ」誉田哲也★

スポンサーサイト

Comment

ひろっち says... "ネタバレ。"
やばいわ、原作のほう読んでなかったから、このブログ読んだら原作ネタがバレちゃったわ。
キケンキケン(笑)。
どっち先に見ればいいのかしらねえ。
2012.01.12 00:40 | URL | #v14okzU2 [edit]
mickmac says... "Re: ネタバレ。"
> ひろっちさん

>やばいわ、原作のほう読んでなかったから、このブログ読んだら原作ネタがバレちゃったわ。

あうちっ! 「ネタバレ」しているって書いていませんね。
申し訳ない。

ただ、明記したように原作は犯人の視点から書かれているので、原作は結末を知っていても楽しめると思いますよ。
なんて、勝手な言い分ですが………。

>どっち先に見ればいいのかしらねえ。

小説「シンメトリー」の短編はどれから読んでもいいと思いますので、まずドラマ化されるものからお読みなさいよ。
来週放送の「右では殴らない」は大きな脚色はないと思いますが、原作を先に読めば、姫川玲子の啖呵を竹内結子がどれだけ再現できるか楽しめます。
2012.01.12 12:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/786-633df332