TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「不連続殺人事件」*曽根中生監督作品

furenzoku_chromo.jpg
監督:曽根中生
原作:坂口安吾
脚本:大和屋竺、田中陽造、曽根中生、荒井晴彦
撮影:森勝
音楽:コスモス・ファクトリー
出演:嵯川哲朗、夏純子、田村高廣、金田龍之介、小坂一也、内田良平、桑山正一、内田裕也、伊佐山ひろ子、神田隆、絵沢萠子、江角英明、根岸とし江、宮下順子、福原ひとみ、水原明泉、内海賢二、桜井浩子、石浜朗、楠侑子、松橋登、粟津號、岡本麗、泉じゅん、梓ようこ、長弘、殿山泰司、初井言栄、浜村純、谷本一

☆☆☆★ 1977年/ATG/140分

    ◇

 日本推理小説史上最高傑作と言われる坂口安吾の『不連続殺人事件』の完全映画化であり、ロマンポルノのアナーキスト曽根中生監督が初めて日活以外(ATG配給・製作)の場で撮りあげた秀作である。
 終戦直後の混乱した時代を舞台に、元夫婦、元愛人といった愛憎関係にある数十人の男女の、特権階級のエリート意識むき出しのエゴと狂態が描かれた原作を、大和屋竺、田中陽造、曽根中生の三人(鈴木清順監督の下で結成された脚本家グループ《具流八郎》のメンバー)と、田中陽造の門下生荒井晴彦ら天才たちの共同脚本で、坂口安吾が紡ぎ出した複雑怪奇にして人間心理の巧妙さを見事に映像化している。

 1960年代の松本清張ら社会派推理小説の流行のあと、70年代に入ると推理小説のリアリズムに反動したかのように、今度は本格的探偵小説のブームがあった。「幻影城」という探偵小説専門雑誌が一躍を担ったのだろう、異端作家として夢野久作や久生十蘭らの作品が再評価されるようになった。
 そして、1975年ATGによる『本陣殺人事件』と1976年の『犬神家の一族』の大ヒットを受け空前の横溝正史ブーム。角川書店は横溝正史の書籍と同様に、坂口安吾、夢野久作の文庫を書店に並べ、幻想小説や本格推理小説の映画化が盛んになり、本作が公開された1977年には横溝正史の『悪魔の手毬唄』『獄門島』『八つ墓村』、江戸川乱歩の『陰獣』、夢野久作の初映画化作品として『少女地獄』などが劇場を賑わせていた。

 連載小説だった『不連続殺人事件』は全28章に分けられ、23章「最後の悲劇」を終えたところで一回連載を中断して、読者ならびに江戸川乱歩ら当時(1947年)の推理小説家に挑戦状を突きつけている。エラリー・クインやヴァン・ダインの作品のように探偵が謎解きを解決編で語る前に、読者が推理を楽しむことができる本格的推理小説である。
 映画化による再版で初めて読んだとき(相関関係の複雑さに難航したが)、解決編において、ストーリー全体を包んだ大きな心理トリックに驚愕した。道徳観念からかけ離れた人物ばかりを閉塞された世界に集めることで、異常な犯人が異常でなくなる巧みなミスリードが敷かれているのだ。
 見事な心理トリックと鮮やかな結末。そしてラストの狂おしさは、映画でも遺憾なく味わうことができる。

    ◇

 敗戦から2年が経過した1947年8月、N県。県内有数の資産家で詩人の歌川一馬(瑳川哲朗)は、友人である小説家の矢代夫婦(田村高廣、桜井浩子)を夏の避暑として屋敷に誘った。
 屋敷には、女流作家の宇津木秋子(楠侑子)と夫でフランス文学者の三宅木兵衛(石浜朗)、劇作家の人見小六(江角英明)と妻で女優の明石胡蝶(根岸とし江)、セムシの詩人・内海明(内海賢二)、流行作家の望月王仁(内田良平)らが招待されており、ほかに、ニセの一馬からの手紙を受け取ってやってきた画家のピカ一こと土居光一(内田裕也)、弁護士の神山夫婦(神田隆、絵沢萠子)、素人探偵の巨勢〈こせ〉博士(小坂一也)など、招かれざる客たちも集まってくる。
 いまや歌川家の屋敷には、使用人も含め29人の男女がいた。それも、歌川家に何らかの愛憎を持つ人間ばかりが集められたことになった。

 戦後のある時期に現れはじめた文化人という種族の醜悪な人間関係を、シニカルな目で捉える曽根監督のエスプリに富んだ作風で楽しめるところだ。もちろん、この俗悪千万な人間たちを登場させたのは坂口安吾であり、原作では第1章において登場人物の異常な人間模様が描き連ねられている。

 矢代の妻・京子は、一馬の父親で歌川家の家長・多門(金田龍之介)の元妾で、駆け落ち同然にして矢代と結ばれた過去がある。
 一馬と結婚して10ヶ月の美しい妻・あやか(夏純子)はピカ一の元妻。人妻に恋慕した一馬が貧乏画家だったピカ一から20万円で身請けし、豪奢の好きなあやかはお金に惚れて一馬と結婚したのだった。愛らしく色っぽく見えるあやかだが、実は性的なことには無関心で、ただワガママなだけのあやかに一馬は物足りなさを感じている。今は、父・多門が女中に産ませた妹の加代子(福原ひとみ)を熱愛している。一馬にはもうひとり、父親が後妻に産ませた多淫な妹・珠緒(水原明泉)もいる。

 女流作家の宇津木秋子は一馬の元妻で、夫の木兵衛は学者然と乙にすました嫉妬深い男。女優の胡蝶は情欲をそそる肉感派だが、男性の好みは理知的な弱々しい男が好きで、夫の小六は何かと煮え切らない臆病者だ。
 招待客以外には、歌川家の主治医で片足が不自由な海老塚医師(松橋登)。取り澄ました看護婦の諸井琴路(宮下順子)はかつて多門の愛人関係にあった女。過去の多門の行状をネタに強請をしていたのが弁護士の神山東洋で、その神山の女房・木曾乃(絵沢萠子)も多門の愛人だった。
 まさに魑魅魍魎とした多くの男女のなかで、誰からも嫌われているのが粗暴で傲慢無礼な望月王仁。その王仁が屋敷のなかで短刃によって殺されたことから、尋常ならざる8つの殺人事件の幕があくのだった。
 凶器の短刃から発見された指紋は2人の女のもので、もう1人の女のものと思われる鈴が、望月のベッドの下から発見された。
 望月王仁の死体は県立病院へ送られ、解剖されたその夜、珠緒と詩人の内海、そして一馬の従姉妹の南雲千草(伊佐山ひろ子)が殺された。

 事件から1週間が経過した日、加代子が珈琲に混ぜられた毒物で、多門がプリンに混入されたモルヒネで、別々の場所で同時間に殺害された。警察は次々に起きる事件に翻弄されるだけだった。
 さらに10日が過ぎ、今度は女流作家の宇津木秋子が殺された。さらに7日後、広間の中央柱に「9月10日・宿命の日」という張り紙が残され、その夜、一馬はあやかの首を絞めたあと青酸カリを服毒して死んだ。
 一連の惨劇が一馬の犯行だったと思われたとき、巨勢博士は残された者たちを広間に集め、心理上の足跡を残した殺人鬼の手口を説明する。
 「まず、犯人の名前から申し上げます」

furenzoku_souaizu.jpg

 何とも個性的な俳優陣を大量に配した舞台劇の様相は得てして混乱を招くものだが、緻密な推理劇が最後まで緊張感を失わずにあるのは曽根監督の見事な演出手腕。大人数を納める広角レンズやローアングルを駆使し、日常からかけ離れた退廃的世界の小宇宙を観客に見せつけてくれる。
 市川崑監督の『横溝正史シリーズ』のような洗練さとスター主義の華やかさはないが、むしろこの猥雑さこそが無頼派作家坂口安吾のテーマだったろう。

 「よろしい、あんたには焼け跡に咲いた向日葵みたいな、この女の野生が必要であり、俺には金が要る。結構。売りますよ、女房を」

 ミステリアスな宮下順子がなかなかいいが、やはり存在感は内田裕也。本格的役者としての足がかりになった本作では、原作の気障で芝居じみた台詞が見事ユーヤさんに嵌っている。退廃的な人生観を滲ませながらの好演である。

 「胡蝶さん、いやゃ綺麗だな。あなたはまるで、麗顔麗姿というんだなぁ。オレはね、悪徳が好きなんだ。…………踊ろう」

 「しばし、最後の自由を与えよ」


スポンサーサイト

Comment

ひまわり says... ""
曽根中生監督のインタビュー映画芸術の最新号(月曜日には発売)で荒井さんがインタビューしてるみたいです。あとキネ旬から相米さんの本が11月1日に出るみたいです!
2011.10.29 04:21 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: タイトルなし"
ひまわりさん
情報をありがとうございます。

荒井晴彦さんの曽根さんへのインタビューは、他の記事より断然興味あり。
そして、『シネアスト~相米慎二』にも、関係者インタビューとして曽根中生氏の名前がありますが、当然に最新のインタビューしょうね。
明日書店に出向きます。
2011.10.30 23:36 | URL | #- [edit]
ひまわり says... ""
こんばんは!本当荒井さんとの対話興味深いです。あと相米さんの特集上映フィルメックスでやりますが、どの日も仕事で行け無いのが残念です。
2011.10.31 00:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/769-754f75cc