TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「アウトバーン~組織犯罪対策課 八神瑛子」深町秋生



 きれいごと並べた正義漢なんてクソくらえ。
 タフで、非情で、冷酷なヒロインに喝采を。

 洋の東西を問わず悪徳刑事ものってのは昔からいろんなものがあったが、美貌の女性刑事がダーティーに活躍するノアール小説は珍しい。
 「アンフェア」の雪平夏見刑事を少し思わせるや、もっとクールで、タフなヒロインの登場である。

 警視庁上野署組織犯罪対策課に勤める警部補・八神瑛子35歳は、誰もが認める美貌の持ち主だが、3年前に最愛の夫を亡くし、身籠った娘を流産したときから、修羅の道に入った。
 真実を追うためなら、金で同僚を飼い、躊躇なく暴力を駆使し、暴力団や中国マフィアと癒着する。
 その胸には、夫の死を自殺と断定した警察組織に対する、不信と憎悪が渦巻いていた。
 
 上野署管内で女子大生刺殺事件が起きた。捜査本部に組み入れられない瑛子は、若手の部下・井沢と暴力団事務所の見張りをしていた。そんな折り、別の管内で同様の手口で若い女性が殺される。被害者は中国人女性。連続殺人事件の様相から合同捜査本部が立ち上がるが、そんなとき、瑛子が見張っていた事務所を仕切る戸塚と云う男から話があるからと誘いがくる。実は最初に殺された女子大生は大組織の組長の娘で、犯人の行方が判ったら教えて欲しいというものだった。
 一方瑛子は事件とは別に、親しくしている英麗という中国人女実業家の依頼で、ある男を探していた。英麗はかつて中国マフィアのボスの情婦で、夜の女たちの間では生ける伝説の女性だ。
 瑛子が関わるふたつの事案が結びついたとき、ひとつの真相が白日に曝されるのだった……。


 シリーズの第一話として今後への顔見せ的なところがあり、そのため、テレビドラマをノベライズしたような展開は否めないが、エンタテインメント性豊かなアクション、筋立て、伏線、そしてその回収がきちんと出来ているから、十二分に惹き込まれ、面白く読み終えることができる。
 もちろんシリーズを通しての謎も用意されているし、瑛子を取り巻く人間関係も面白く設定されている。ヤクザの戸塚や弟分の甲斐、女傑の英麗、蛇頭の幹部の郭ら悪党の強烈なキャラクターは当然に、瑛子を監視する上司の富永や、瑛子と反目する捜査一課の連中もいろいろ魅力的に描かれている。
 瑛子に協力する元女子プロレスラーの里美が登場してくる箇所に至っては、『ワニ分署』って劇画(横山エミーの映画版はヒドかった)を思い出したりして………。 

 今後おおいに期待したいシリーズだけに、キャスティングをしてみた。
 30代後半でアクションが出来るヒロインなら、水野美紀が最適でなかろうか。
 

アウトバーン~組織犯罪対策課 八神瑛子/深町秋生
【幻冬舎文庫】
定価 533円(税別)

スポンサーサイト

Comment

ひろっち says... "買おうかなあ。"
深町秋生さんねえ。
私が仙台で小説家講座に出ていたのをご存知でしょう?
深町さんは、同講座の山形のほうの受講生で、そこからこのミステリーがすごい大賞受賞してプロになったという方なので、何度もお見かけすることもあります。
ちなみに今月は仙台の小説家講座で講師として来るんですけども。
あの方がどんなの書いてるのか、実は私は読んだことないんですよ。すごく暴力的な感じの作品書く人らしいので(笑)。この作品は読んでもいいかなあ。

脱線しますけど、ドラマ「ジウ」は諦めました。見てられなくてね。気分的に。
2011.08.16 21:04 | URL | #v14okzU2 [edit]
mickmac says... "Re: 買おうかなあ。"
>ひろっちさん  お元気そうで。
 怒りの日記(爆)楽しく拝見してますよン。

深町さんも東北の方ですか………ほう、同じ講座にねぇ。
ぼくも今回初めて読んだ作家さんなのですが、たしかに暴力的です(笑)。
誉田さんとどっこいドッコイかな。

ドラマ「ジウ」はこれからもっと気分悪くなると思いますので、みなさんここら辺で離れていくのは正解かな(笑)。
だって最後なんてムチャクチャだもん。

でも、小説「ジウ」のふたりの女性警察官より、この瑛子女史の方がウンと魅力的だから、面白いよ。
女傑・英麗のイメージは若くした余貴美子さんです。

誉田さんの本は「姫川シリーズ」が一番イイよ。
今秋から始まる竹内結子のドラマ「姫川シリーズ」が期待です。

2011.08.16 23:44 | URL | #- [edit]
ひろっち says... "想定内!!"
>怒りの日記(爆)楽しく拝見してますよン。

そう思ってるだろうと思いました!!
だーから安心して書けるんですけど……(笑)。

いや、ドラマ「ジウ」はね、いつもの私なら見ていられると思うんですわ。
けど震災後はダメだなー。なんかやっぱり東北、やっぱり津波の地区の精神状態はアカンです。
今まではスプラッタなんかもヒトゴトみたいに見ていられたけど、こっちではリアルに近場にあるし、それと同時に余震の恐怖も毎日なので、気分がリンクしすぎてねえ。真面目に戦時中にいる気分ってこんなんかなと思いますもので。
だからなんか、すっごくムカツク感じになっちゃうんだなあ。そっちに向かうというか。
ま、しかし、結局は誰も恨んでいないんで、やれるだけムカツいておきますよ~。
2011.08.17 13:02 | URL | #v14okzU2 [edit]
mickmac says... "Re: 想定内!!"
>ひろっちさん

>いつもの私なら見ていられると思うんですわ。 けど震災後はダメだなー。

わかってますよぉ、あなたは、ぼくよりスプラッタ好きでしたもんね。

だから、「これからもっと気分悪い展開」と言うのは、その「死」を身近にしたあなた方を思っての言葉です。
意味なく「死」が沢山描かれるはずですから。
(ドラマではどの程度かはわからないけど、原作は凄い)

「怒りのDIARY」でムカつき巻くってくださいな。
50代の名古屋人はよ~く理解してますから………笑。
2011.08.17 17:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/756-f2561107