TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「アンダー・ザ・ドーム」スティーヴン・キング



 4月下旬に発刊されたスティーヴン・キングの最新刊(本国アメリカでは2009年に発刊)は、『ザ・スタンド』『IT』につづく超大作で、一大エンタテインメントなモダン・ホラーの世界をノンストップで味わうことができる。

 メイン州の人口約2,000人の小さな町チェスターズミル。閉鎖的で小さなその町がある日、突然に、上方は高空まで、下方は地下深くまで及ぶ透明の壁に囲まれた。
 わずかな空気と水と電波のみが通る障壁は、やがて[ドーム]と呼ばれた。
 パニックを起こす住民たち。その混乱のなかで、町を牛耳る男ビッグ・ジム・レニーが警察を支配し、やがて恐怖政治を敷きはじめる………。

    ◇

 上記画像は文庫本ではない。上下段組約700頁のブ厚さ(約35mm)の単行本で、主要登場人物も50人を超えるとんでもない作品なのだ。
 『ザ・スタンド』のときと同じように、仕事の行き帰りに持ち運びながら読むにはかなり苦労する代物だったが、どこまでも息が抜けず、その濃密な物語にヘトヘトになりながらも、半端ない面白さに圧倒されっぱなしだった。
 下巻になれば一気に読み終えるのがもったいない気がして、「ああ、終わってしまう」「でもこの結末は早く読みたいよ」のせめぎ合い。
 こんなにも興奮して読んだ小説は久しぶりだ。

 いやぁ、やっぱキングは凄いわ。

 ストーリーは単純だが無駄な描写は一切なく、終幕への伏線も見事に張られ、エイリアンや超常現象の恐怖ではなく、人間の愚かさが生み出す恐怖だけの話は、人間の悪徳性をクローズアップし、閉鎖状況下での人間同士の対立が迫真の描写で綴られていく。
 
 50人以上の登場人物がしっかりと描き分けられているから、異常な状況下で起こす人間の行動原理が怖いくらいに判る。
 下衆な野郎たちの汚い言葉があふれ、繰りかえされる殺戮と血まみれな場面のオンパレード。そして、主要登場人物の大半が傷つき死に絶えていく。
 「なんて話だよ」と、ヘビィな気分になっていくのだが、カタストロフィ後に射し込む光明と解放感にはやられた。

 恐るべしキング帝王。
 本年度最高の書籍に間違いない。

 孤立した地域、権力者の無知と欲、汚れた空気、ガイガーカウンター…………これらの符号が、あまりに現実感を伴っている我が国の今が、本当は一番恐怖の話ではないか?

     ◇

アンダー・ザ・ドーム(上)(下)/スティーヴン・キング
訳:白石 朗
【文藝春秋】
上巻:定価2,900円(税込)
下巻:定価2,900円(税込)


★ザ・スタンド★

スポンサーサイト

Comment

ひろっち says... "そんなにスゴイのかあ。"
今度の日曜に、この本をタダでもらえることになりました。
小説家講座関係の文芸評論家先生に。
そっか、そんなに面白いのか。
楽しみだな。
厚くてイヤになりそうだけど、いいな。
2011.06.22 19:47 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: そんなにスゴイのかあ。"
ひろっちさん

>この本をタダでもらえることになりました。

小説講座の教材ですか~。上下巻ともタダなの?

>厚くてイヤになりそうだけど

チャプター分けが細かく、場面転換が頻繁にあるので(なにしろ50人もの登場人物ですからね……みんな活きた描写)、厚さは苦になんないよ、絶対に。

ただ、かなりキング帝王の描写はエグいよ。それは覚悟して読んでネ。

また我が国の震災状況を連想してしまうところもあったりして、キングのSF的発想だとしてもなかなか予言的でもあるのだな。

スティーヴン・スピルバーグ総指揮でTVドラマ化もされるそうですが、長時間ドラマにしてもアメリカのTVドラマではかなり修正されたものになるのではないかな。
だから、やっぱ原作を先に読まなくちゃ。
2011.06.23 17:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/737-3bdb989c