TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「犬、走る DOG RACE」*崔洋一監督作品

dog-race.jpg

DOG RACE
監督:崔洋一
原案:丸山昇一
脚本:崔洋一、鄭義信
撮影:藤澤順一
音楽:鈴木茂
題字:黒田征太郎
出演:岸谷五朗、大杉漣、冨樫真、遠藤憲一、香川照之、國村隼、絵沢萠子、岩松了

☆☆☆★ 1998年/シネカノン・東映セントラルフィルム/110分

    ◇

 不夜城・新宿歌舞伎町を舞台に、アナーキーな人間たちの生態をパワフルに、そしてコミカルに描いた異色作。

 新宿署生活安全課の不良刑事中山(岸谷五朗)は、在日韓国人の情報屋・秀吉(大杉漣)と繋がり警察情報を流したり、上海から出稼ぎにきた美女・桃花(冨樫真)と関係をもち、かなりヤバイ橋を渡りながら生きている。
 そんなある日、桃花が秀吉の部屋で死体となって発見された。実は桃花は、中山に隠れて秀吉や弟の健祐たちと中国人相手に闇送金や管理売春、密入国の手配や裏バカラで荒稼ぎをしていた………。

    ◇

 松田優作が映画化を熱望していた丸山昇一の原案を、崔洋一と鄭義信がアジアン・テイスト満載に脚色した本作は、脇を固める遠藤憲一や國村隼、絵沢萠子ら胡散臭い悪人顔が示すように、悪党ばかり登場するノワール映画だが、取り立てて言うほどのストーリーがあるわけではないのに、どこか可笑しく、切ない魅力を漂わす快作だ。

 新宿、とりわけ歌舞伎町を介して成立している“友情”という幻想を、分裂症気味な岸谷五朗と、飄々とした大杉漣の不思議なコンビが猥雑に演じているから面白い。

 岸谷五朗演じる“はみ出しデカ”中山は、韓国系やくざのボス権田(遠藤憲一)の情婦・桃花を恋人にしたり、後輩刑事の佐久間(香川照之)と麻薬の売人からせしめた覚醒剤を自ら打ち、ハイになった勢いで暴力バーでひと暴れして手柄をたてたりと、その生き様はメチャクチャだが、喰って、セックスして、懸命に走りつづける人間の滑稽さが魅力となっている。

 「剛」の岸谷五朗に対して「柔」の大杉漣は、桃花に純情な恋心を抱きながら、常に中山に「マサやん、マサやん」と懐いて付きまとう小悪党。誰からも「クズ!」「ボケ!」と蔑まれながらも、生きる術のしたたかさと抜け目のなさを軽く演じている。
 1980年代、高橋伴明や中村幻児らのピンク映画やロマンポルノで変態・エロを演じてきた大杉漣は、この作品でもブラジャーとコルセットを身につけてイってしまう変態ぶりと、産業廃棄物処理場の泥水のなかに頭から沈んだりする激演で伝説をつくり、全編通して見どころがいっぱいである。
 この作品、大杉蓮が主役と言ってもいいな。

 後半、ふたりで桃花の死体を担ぎながら歌舞伎町を彷徨うあたりはウェットになり、クライマックスは新宿の街ン中を全力疾走する大杉漣と岸谷五朗らのエネルギッシュなパワーが見どころ。ゲリラ撮影のような迫力から、ラストにじんとくる切なさもいい。

1998_DogRace_ps.jpg

スポンサーサイト

Comment

和歌山マル子ラーメン says... "大杉漣&下元史朗"
mickmac様
お邪魔します…

この作品は観ていません…
タイトル・出演者リストも当時から知っている作品でしたが…?!

今になって観てみたい作品のひとつになりました!

『大杉漣&下元史朗』
このおふたりは僕にとって成人映画のバイブルを授けてくれたと思える男優さんです!

ピンク映画館で初めて観た作品に御両人出演!

タイトルは思い出せませんが…?

高橋伴明監督作品
『朝霧友香』さん主演~でした!

下元さんが出演されるとどんなB級作品も→A級になる燻し銀の底力が感じます!
大杉漣さんも同じくです…

下元さんにはあまりコミカルな役はファンとしてやって欲しくない勝手な感想ですが…
大杉漣さんは良い意味~どんな役もOK!ですねぇ…!

今、TVをつけるとCM・ドラマ・バラエティーに活躍の大杉漣さんですが!
…メガネをかけず今よりも長髪で口髭のイメージ!
あの大杉漣さんの顔が今でも浮かびます…!
崔洋一監督のコメントせず高橋組に話をよせて失礼しました\(__)

高橋伴明監督の(新東宝での)作品、観たいのですが…
和歌山辺りのレンタルでは中々、数が少なく…!
残念しています。


2011.05.21 19:15 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: 大杉漣&下元史朗"
和歌山マル子ラーメンさん

実はぼくは、ピンク映画館へは1度くらいしか行ったことがなく、ほとんどはロマンポルノの併映作で観るくらいでした。
なので、ピンクでの大杉蓮さんや下元史朗さん(!)のご活躍(笑)も、あまり詳しくないのが本当です。

高橋伴明&大杉蓮作品は、池田敏春監督の『スケバンマフィア』の併映作が最初ですね。
漣さんの口ひげ姿は、高倉三貴主演の団鬼六作品だったかな…………。

2011.05.22 09:12 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/736-48a22ce9