TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「姫川玲子シリーズ」誉田哲也

 2~3年ほど前に『ストロベリーナイト』『ソウルケイジ』が文庫化された際に書店で大キャンペーンが張られ、現在では累計100万部超えを達成した人気シリーズ。
 あの時はスルーしていた誉田哲也のミステリ。
 今頃、ハマっている。

 きっかけは2010年冬にフジTVで放送された『ストロベリーナイト』。
 竹内結子が初めて刑事役に挑戦したドラマだった。

strowberrynight1113.jpg

 ドラマは本格もののサスペンスで、ノンキャリアの成り上がり女デカとしての姫川玲子という魅力的なキャラクターを、竹内結子は思った以上にキメてくれていた。

 姫川玲子は、男社会の警察内で29歳の若さで部下4名を率いる女班長。その上長身でスタイルよく、目鼻立ちが左右均等に整った美貌の持ち主ときたもんだ。
 彼女の過去を含む人間関係と、個性的登場人物の人物造形は、他に類を見ない設定の面白さがある。

 元公安のガンテツこと勝俣警部補に武田鉄矢、姫川に恋心ある菊田に西島秀俊、その恋敵でコメディリリーフの井岡に生瀬勝久、上司の今泉係長に高島政宏、今回はチョイ出演の日下班長に遠藤憲一、鬱陶しい橋爪管理官に渡辺いっけい………原作ファンにも納得の配役のようだ。
 というわけで、早速シリーズ第2弾の『ソウルケイジ』と短編集『シンメトリー』を読んでみたわけで、当然、ドラマで演じた俳優陣を念頭に、スラスラと面白く読み終わった。


    ◇


soulcage.jpg

 多摩川土手に放置された車両から、血まみれの左手首が発見された。
 近くの工務店のガレージが血の海になっており、従業員の証言から手首は工務店のオーナーのものと判明。
 死体なき殺人事件として捜査本部が設置され、日下班と姫川班の出動が決まった。
 本作は奇をてらったトリックやアクションは皆無で、そのほとんどが地道な聞き込み捜査に費やされている。それは丁度、乃南アサの人気シリーズ音道貴子の『風の墓碑銘』のようでもある。
 その聞き込み捜査から、被害者の周辺から思わぬ事実が浮かび上がり、事件背景に潜む人間の深い闇が明らかになっていくのだが………。

 本作の面白いところは、姫川玲子と彼女が毛嫌いする日下班の班長・日下警部補との対立と、捜査における対比だろう。
 直感に長けていて思い込んだら突っ走る姫川に対して、日下はあらゆる事実のみを掘り起こし、一つ一つを潰していくタイプ。まったく違ったふたつの視点が、事件の解決に集約していく過程が楽しめる。

 誰がどう読んでもこの日下警部補は遠藤憲一以外にありえないので、第2弾のドラマ化が待ち遠しい。


ソウルケイジ/誉田哲也
【光文社文庫】
定価 720円(税別)


    ◇


symmetry.jpg

東京
過ぎた正義
右では殴らない
シンメトリー
左から見た場合
悪しき実
手紙

 姫川玲子の捜査の日常を綴った短編集で、長編にも劣らない様々な人間模様にグイグイ惹きつけられる面白さだ。

 姫川が所轄で昇任試験の勉強中だった巡査時代の話が2編。ガンで亡くなった上司の人情話「東京」と、現在の上司・今泉係長に捜査一課に引き上げられるきっかけの事件「手紙」。

 少年法による刑事の無力感が描かれる「過ぎた正義」は元警部補と姫川の対決。映像が脳裏に浮かぶラストシーンに味わいがある。

 飲酒運転の車によって死者100名以上を出した列車事故。事故を引き起こした男に下った判決は懲役5年。事故で右手を失った元JR駅員が起こした行動が描かれる表題作「シンメトリー」。

 なかでも一番痛快なのが「右では殴らない」。
 援助交際をする女子高校生に対する姫川の論理的攻撃が小気味よく、その女っぷりのいい啖呵と、相手を徹底的に打ちのめすサディストぶりは、間違いなく溜飲を下げることだろう。


シンメトリー/誉田哲也
【光文社文庫】
定価 590円(税別)

スポンサーサイト

Comment

揺れすぎひろっち says... "よかった。"
誉田さんかあ。面白いのね。よし。
サインもらった本二冊、早く読まないとなあ。
震災の二週前に本購入しました。
2011.05.14 19:01 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: よかった。"
ひろっち 

ひさしぶり。
落ち着きましたか?
なんてこと、この遠い地からでは判ったような口でしか心配できないけれど、日記が更新されているたびに、とりあえずは平常心を保っているから安心と思っています。

誉田さんのサインって、そうか、講義を聞きに行っていたんだよね。
誉田さんの、俳優にアテ書きする方法は、ドラマ化で活きています。
いや、ドラマがなくても、ああ、この人物はこの俳優だなと想像し易いよ。
この姫川玲子は、誉田さん的には松嶋菜々子のイメージらしいけど、竹内結子も悪くない。
というか知っての通り、ぼくは竹内結子の方が好みです(笑)。
2011.05.14 23:53 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/735-7e701001