TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

脚本家・高田純氏の訃報

 脚本家の高田純氏が、先週4月21日に心不全でお亡くなりになった。
 
 TVの構成作家からシナリオ・ライターに転身された氏の作品は、結構観ている。

 田中登監督が東映で撮った『安藤昇のわが逃亡とSEXの記録』('76)。中島葵と泉谷しげるの音楽が印象に残っている。
 川谷拓三と夏純子の『河内のオッサンの唄』('76)、曽根中生監督の『ワニ分署』('79)はイマイチだったが、80年代に入っての日活ロマン・ポルノ、美保純主演の『ピンクのカーテン』('82)、風祭ゆき主演の『闇に抱かれて』('82)、志水季里子初主演の『ブルーレイン大阪』('83)など秀作揃い。
 
 そして、神代辰巳監督との『恋文』('85)、『結婚しない女』('86)………
 自身のブログには、ショーケンと神代監督の興味深い話がいっぱい書いてあった。
 ショーケンの映画では『JOKER 疫病神』('98)でスッタモンダな事があったとも。この作品、ほかの出演者ともども(北村一輝、萩原流行、中山麻理、本田博太郎、片岡礼子、渡部篤郎)どこかVシネマっぽくて。

 宇崎竜童初監督で内田裕也主演の『魚からダイオキシン!』('92)では原作に名前を連ねていたし、薬師丸ひろ子と松田優作の『探偵物語』('83)の脚色にも携わっていたらしい。

 TVドラマでは、島田荘司原作・鹿賀丈史主演の「吉敷竹史シリーズ」を手掛けたのだが(3作放映)、吉敷の分かれた妻・加納通子(余貴美子)のエピソード(長編原作「涙ながれるままに」)まで至らなかったことが残念。

 享年63、ご冥福をお祈りします。
 
★闇に抱かれて★

★ブルーレイン大阪★

スポンサーサイト

Comment

和歌山マル子ラーメン says... "DVD発注!"
高田さんの事は新聞で知りました…

『ブルーレイン大阪』

(生まれて初めて!ネットでDVD注文しました!)

我が家にまだ着いていません…

僕は『志水季里子』さんの大ファンなんです!!

夫である
故・『廣瀬昌亮』さん大ファンでした…

何故?!当時、この作品を観ていなかったのか不思議な位です?

貴殿の『ブルーレイン大阪』のページは過去、閲覧済み!

以前も申した様に
神代辰巳監督
藤田敏八監督
作品が好きだった…
ふたりとも故人!(残念です)又…

故・池田敏春監督…
消息不明の曽根中正監督…
このお二人の作品も『しっくり』来ますねぇ~大ファンでした!

貴殿が作品名を挙げられた高田作品は…ほぼ観ていました…

高田氏について勉強不足ではありますが!
『ブルーレイン大阪』
…高田氏、廣瀬さんの追悼を兼ね、念願の作品を鑑賞します。

2011.04.27 22:20 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: DVD発注!"
和歌山マル子ラーメンさん

『ブルーレイン大阪』のDVDまだ廃盤にはなっていなかったのですね(笑)……お楽しみください。
ラストシーンを観たとき、曽根中生監督の『赤い教室』(石井隆)のあるシーンを連想しました。

>僕は『志水季里子』さんの大ファンなんです!!

 既にご存知とは思いますが、志水季里子さんはこのブログをときどき読んでくださり、コメントも頂いています。ですので、和歌山マル子ラーメンさんのこの言葉、季里子さんに届くと思います。

曽根中生監督の『ワニ分署』は確か、藤田敏八監督の『18歳、海へ』と併映でした。
『さそり』と同じ篠原とおるの劇画『ワニ分署』は好きで読んでいましたが、映画化の当時の印象はあまり良くなかったのですが、岸田森さんやユーヤさんなど出演者も多彩で、いま再見したらまた大分評価はちがうかも、です(笑)。
2011.04.28 15:15 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/732-2a6176bf