TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「オッド・トーマスの予知夢」ディーン・クーンツ



 死者の霊を見ることができる青年オッド・トーマスの青春成長記シリーズの4作目となる本作は、現在のところこれ以降の物語が書かれていないので、まずは、第1部の完結編となる。

 海辺の町マジック・ビーチに引き寄せられやって来たオッド・トーマス。そこで暮らし始めて1ヶ月以上経つ彼は、海が真っ赤に染まり幻想的に海面がうねる悪夢を夜中に二度見るようになる。
 ある日、桟橋でアンナマリアという謎めいた女性に会う。彼女はなぜかオッドのことを知っており、怪しげな男たちに狙われていた。この町で何かが起きようとしていることを調べはじめたオッドは、やがて恐ろしい陰謀を知ることになる……。

    ◇

 今回、ボダッハと呼ばれる人の死を嗅ぎ付けて現われる悪霊は登場せず、アルマゲドンとなる大量の死の予感は、オッドと陰謀を企む人間との間で共有するビジョンに現われる。
 何かしらの使命を得ているアンナマリアと一緒にいるときに感じる奇跡の体験で、オッドはひとりで陰謀と闘うことを決心するのだが、それはオッドの“正義”に基ずく自らのアイデンティティを認識することに繋がっている。
 だから、何の迷いもなくジェームズ・ボンドのようなアクションを繰り広げる事になる。
 今回はハードボイルドだ。

 これまでの3作とは決定的に違うオッドの姿は「えっ?こんなことアリ?」って展開で、これまで読んできた我々ファンには大きな違和感がつきまとうのだが、しかし、それでも、詩的な描写と映画的アクション、アクションの間に放たれるオッドのユーモアは文句なく面白い。

 相変わらず、オッドを取り巻く人間たちは個性豊かで魅力がいっぱいである。
 流れ着いたオッドを料理人として雇う家の住人は、御年八十八になる元映画俳優のハッチ。映画的にものを考え、ファンタジーのなかで生きている。
 この町で出来た友人ブロッサムは、幼少時に酔っぱらった父親に燃え盛る灯油缶に放り込まれ、形成外科の手術跡が生々しい姿となり“陽気なモンスター”と呼ばれている。「悔恨は必ず贖罪につながる」と信じていて、自分を殺しかけた父親を老人ホームに入居させて面倒をみている。
 ワンシーンだけ登場する元ごみ収集会社を経営していたバーディは、1959年型のキャディラックに乗った老婦人で、オッドの大きな後ろ盾になる。
 そして、前作でプレスリーの霊と入れ替わり登場してきたシナトラの霊は、今回大活躍する。オッドとシナトラとのやりとり(オッドには霊が見えても霊と会話をすることはできないのだが)は読み応えあり。

 「人生ってつらい。でもそればかりじゃないわ」

 正体がわからないままのアンナマリアと一緒に旅をつづけるオッドには、生きているレトリヴァーと幽霊犬ブーとシナトラの霊が。そして、“陽気なモンスター”もつづく予感。
 彼らの旅の先、第2部が待ち遠しい。

    ◇

オッド・トーマスの 予知夢/ディーン・クーンツ
訳:中原裕子
【ハヤカワ文庫】
定価 1,029円(税込)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/719-618a6264