TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャークショにツヨポン!「魔都に天使のハンマーを」文庫化

matonitenshinohanma-wo-bunko.jpg

 以前、単行本発刊時にぼくは、このストーリーの脳内キャスティングで松山ケンイチをシャークショ役にイメージしていたが、作者の矢作俊彦のシャークショのイメージは草なぎ剛だったという。
 市役所勤めの悩める青年シャークショ。ツヨポンにお似合いかも。これ、観てみたいな。

 この本の解説を書いている映画監督の川島透が、この小説と同時期にオリジナル脚本による『その後の傷だらけの天使』映画化の話が進んでいたことを明かしている。

 オーストラリアでワニに喰われそうになった子豚を救った日本人としてワイドショーのヒーローになった小暮修が、クロコダイルダンディの如く羽田に現れる構想だったという。
 映画化は頓挫したが、デビュー作『竜二』でショーケンの「ララバイ」を主題歌に使用した(元々は金子正次がこの歌にインスパイアされてホンを書いたもの)川島監督のショーケン映画、観たかったな。

 ふたたび話が持ち上がること………なんて、ないかなぁ。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/717-8ba2b9d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。