TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「グリニッチ・ビレッジの青春」*ポール・マザースキー

0218_greenwichvillage.jpg

NEXT STOP, GREENWICH VILLAGE
監督:ポール・マザースキー
脚本:ポール・マザースキー
撮影:アーサー・オーニッツ
音楽:ビル・コンティ
出演:レニー・ベイカー、エレン・グリーン、ロイス・スミス、クリストファー・ウォーケン、ドリー・ブレナー、アントニオ・ファーガス、シェリー・ウインターズ、マイク・ケリン、ジェフ・ゴールドブラム

☆☆☆☆ 1976年/アメリカ/112分

    ◇

 1953年の冬、主人公ラリー・ラビンスキー(レニー・ベイカー)はブルックリンの親元を離れ、グリニッチ・ビレッジに出てきた。ラリーの家族はニューヨークに住む典型的なユダヤ人家庭で、ひとはいいのだが息子を溺愛する母親(シェリー・ウインターズ)と物静かな父親(マイク・ケリン)に見送られての旅立ちだった。
 グリニッチ・ビレッジは演劇や詩や絵を志す若者の地で、特に俳優を夢見る者たちにとってはマーロン・ブランドを輩出したアクターズ・スタジオは憧れの的だった。
 健康食品の店でアルバイトをして夜は演劇学校に通うラリーは、セイラ(エレン・グリーン)というガールフレンドと仲間も出来てきた。小柄で陽気な作家志望のコニー(ドリー・ブレナー)、ハンサムで皮肉屋の詩人ロバート(クリストファー・ウォーケン)、悲観主義で自殺癖のあるアニタ(ロイス・スミス)、いつも恋の相手を探しているゲイの黒人バースタイン(アントニオ・ファーガス)。
 たまり場のカフェで語り合う日々にはいろいろなことが起きる。セーラが妊娠して中絶。何かと干渉してくる母親に苛つラリー。家賃集めのパーティの席で残酷な本音をぶつけ合い傷つく者たち。ゲイの船員を愛したアニタは今度は本当に自殺してしまう。その船員と関係したバースタインも心に深い傷を負う。
 傷つき涙する日々のなか、自己満足な演劇に少し疑問を持ったラリーは映画のオーディションを受ける。
 合格発表の前、ラリーはセイラがロバートと寝たことを知る。「結婚はしない。今愛しているのはロバート」と打ち明けるセイラを抱きしめ、ふたりして泣く雨の日だった。
 仲間たちがバカンスにメキシコに発った後、ラリーのアルバイト先に映画会社から合格の電話がくる。
 いよいよハリウッド入りである。今度こそ本当の旅立ちだった………。

    ◇

 1950年代のグリニッチ・ヴィレッジに生きた演劇や芸術を志した若者たちの青春記で、監督のポール・マザースキーの青春と重ね合わせた自伝的作品となっている。ヴィレッジへのノスタルジーが悲哀を込めて描かれている秀作である。

 新人俳優レニー・ベイカーの起用が巧く作用し、監督のプライベートなエピソードが普遍的な青春期の苦悩や焦り、自信と挫折、そして希望を観る者に共感させていると云える。

 1976年に観た映画のなかで、ニューヨークの街に衝撃を感じた3作品がある。ブルックリンを舞台にしたシドニー・ルメット監督の『狼たちの午後』であり、マンハッタンの狂気を描いたマーチン・スコセッシ監督の『タクシー・ドライバー』であり、このノスタルジックな『グリニッチ・ビレッジの青春』だった。そしてこの年ぼくは、初めてニューヨークの地を踏んだ。
 ウエスト・ビレッジのクリストファーStと7th Aveの角にある有名な「VILLAGE CIGARS」を目にしたとき、この映画の主人公たちが歩き、跳ね、彷徨った道に感動したものだ。ボヘミアンの街と云われ、ヒッピー文化やゲイ・コミュニティ、ビートニクスが育まれてきた70年代の街並みには、まだこの作品で観た50年代の雰囲気が漂っていた。

nextstopgreenwichvillage.jpg

 映画の初めの方で、ラリーがセイラとセックスをした帰り道、地下鉄の駅のホームで『欲望という名の電車』のマーロン・ブランドの物真似をするのが印象的で、つづいて、酒の空き瓶を持ちアカデミー賞の受賞スピーチを夢想し朗唱するシーンは名場面。日本のドラマでこのシーンを真似していたものがあったが、何のドラマだったかは忘れた。

 実際に、監督ポール・マザースキーはビレッジを去りハリウッドでスタンリー・クーブリックの映画で俳優デビューし、『暴力教室』にも出演。その後、俳優から転身して『ボブ&キャロル&テッド&アリス』('69)で監督デビューをしている。
 人間を見つめユーモアのあるヒューマンな作品を撮ってきた作家で、彼の名前を一躍有名にしたのが、2作目の『ハリーとトント』。孤独な老人が愛猫トントを連れて旅をする物語だ。
 ロビン・ウィリアムズ主演の『ハドソン河のモスコー』は泣ける、好きな映画だ。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/715-6eaa3a0d