TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

人魚伝説の地で、池田敏春監督死去

 映画監督池田敏春氏の訃報。
 去年の12月26日三重県志摩の大王灯台沖で見つかった身元不明の遺体が、池田氏だと判明したらしい。自殺らしい。
 志摩って、自身の傑作映画『人魚伝説』のロケ地じゃないの。
 あの美しい海の底に身を任せてしまったと思うと、とても哀しい。

  …………………

 ここ最近、氏の名前を聞くことはなかったが、ぼくはここでいくつかの池田作品を紹介してきた。
 何と言っても日活ロマンポルノで異彩を放った『天使のはらわた・赤い淫画』('81)だろう。
 石井隆脚本×池田敏春監督の最初の作品であり、大傑作である。

 そして『魔性の香り』('85)『死霊の罠』('88)『ちぎれた愛の殺人』('93)とつづく石井隆脚本とのタッグ。
 劇画家石井隆の画風を知り尽くした池田監督だからこそ、魅せてくれる名美と村木の世界だった。
 石井隆監督の『死んでもいい』の原作となる『火の蛾』を最初に準備したのも、池田監督との間だった。

 にっかつの中で苦汁を舐めてきた戦友とも云える石井隆監督の、最新作『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』がキネマ旬報のベストテン入りを果たした年に、この悲報かよ。
 残念。
 
 池田敏春監督、享年59。 ご冥福をお祈りします。

★天使のはらわた・赤い淫画★
★魔性の香り★
★人魚伝説★
★ハサミ男★

スポンサーサイト

Comment

キリヤン says... ""
本当ですか!?

ビックリですね…。

私が初めて観たロマンポルノハ「赤い淫画」でした。
傑作な作品でしたので、にっかつ作品に出る決心がつきました・・・。

どうしたんでしょう…
2011.01.30 11:33 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: タイトルなし"
キリヤンさん

ぼくも昨晩知ったばかりなのですが、26日辺りに新聞に訃報記事が出たみたいで、本当に残念なニュースでした。

池田監督作品が、キリヤンさんの映画女優への引き金となったのが嬉しいです。
2011.01.31 00:21 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/711-f41c50eb