TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

こんな風に過ぎて行くのなら*浅川マキ 復刻CD

maki0123.jpg

 2010年1月17日に急逝した浅川マキさんの、1970年代のオリジナル・アルバム10枚がデジタル・リマスタリングされ紙ジャケ仕様でリリースされた。
 今回はMy Favoriteなアルバム『裏窓』以降の3枚を購入した。

 69年のデビューアルバムから3作目の『MAKI LIVE』までの寺山修司の世界を俯瞰に見ながら、72年の『Blue Spirit Blues』からはよりブルーズに近づき、『裏窓』は反逆に生きた“時代の漂流者”を謳った名曲「こんな風に過ぎて行くのなら」をはじめ、ブルージーに彷徨う名盤。
 そして『MAKI ?』においてはジャズにシフトしていくマキさんのスイングに酔うことができる。

 70年代というヤバイ時代の空気を封じ込めたアルバムは、本当はターンテーブルで廻るレコードから聴く方が似合っているのかもしれない。
 マキさんの特異な世界は、夜の闇に流れる水流の如く静かに凍み、硬質な針の先からギラリと光る冷たい空気の裂け目に堕ちていく瞬間がいい。

 今夜も、聴いていたのはレコードばかりだった。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/710-ab93b65c