TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「もえつきたいの」キノコホテル

 昨年末から嵌っているのが、この平成のGS歌謡ガールズ・ロックバンド〈キノコホテル〉。 
 まずは、松島“さそり”ナミの扮装で登場する「もえつきたいの」のPVを………。



 2007年に結成された「キノコホテル」は、メジャーデビュー作が昨年2月リリースの『マリアンヌの憂鬱』。

mariannunoyuutsu.jpg

 ガールズ4人組のバンドメンバーが60年代GSコスチュームに身を包み、SM女王様で君臨するヴォーカル&電気オルガンのマリアンヌ東雲嬢の妖しい見た目も、艶っぽい歌声も、ブルージーなサウンドも、申し分ない素晴らしさ。
 HPを見ると、バンド構成がホテルの支配人マリアンヌ東雲と従業員たちといったコンセプトで面白い。

 60年代のGS旋風のなかで、唯一のガールズバンド〈ピンキー・チックス〉を彷彿とさせるミリタリーファッションからしてイカしてるじゃん。

pinky chicks 01

 この〈ピンキー・チックス〉は3枚のシングルを出して解散したけど、この1stシングルのB面曲「そばにいて」は最高のGS歌謡。

 さて〈キノコホテル〉。
 2枚目のアルバム『マリアンヌの休日』は8月リリースで、これは全曲昭和歌謡ロックのカバー曲。

mariannunokyuujitu.jpg

 なかでも平山三紀のカバー曲「真夜中のエンジェル・ベイビー」は素晴らしいサウンド。これまたPVをご覧あれ。



 ファズ・サウンドが脳天に突き刺さり、そのチープさもやるせない。
 
 踊れ、踊れ、ダンスフロアに舞う危険な歌姫。

 ★キノコホテル★


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/706-6836ed4a