TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「相棒 劇場版 II」*和泉聖治監督作品



~警視庁占拠!特命係の一番長い夜~
監督:和泉聖治
脚本:輿水泰弘、戸田山雅司
音楽:池 頼広
出演:水谷豊、及川光博、小西真奈美、小澤征悦、宇津井健、國村隼、石倉三郎、葛山信吾、平岳大、品川徹、江波杏子、川原和久、大谷亮介、山中祟史、山西惇、六角精児、神保悟志、小野了、片桐竜次、原田龍二、益戸育江、岸部一徳

☆☆☆☆ 2010年/東映・テレビ朝日/119分

    ◇

 面白い!
 『相棒』シリーズお得意の警察内部の腐敗や隠蔽体質、出世と利権を保守する官僚主義の“組織悪”を描いた骨太な映画になっており、TVシリーズを見続けてきたファンとしては、最後に暗転するまでの十二分の満足に「これぞ相棒!」と拍手を贈りたい。

 警視庁館内で、警視総監を含む各部署の幹部12名を人質にした篭城事件が勃発した。犯人は元 刑事の八重樫(小澤征悦)という男。SATなどが強行突破する寸前に室内から銃声が響き、八重樫は死亡。
 副総監(國村隼)らの正当防衛で事件収拾を図るなか、7年前に起きた公安がらみの警察官死亡事件とそこに蠢く組織防衛の暗い闇が浮かび上がり、それに伴い警察庁と警視庁との対立に拍車がかかることになる………。

    ◇
 
 事件は、12月22日にテレビ放送された第9話「予兆」のラストから繋がる。もちろんストーリーが繋がっているわけではなく、お馴染みの登場人物たちの行動がそのまま事件に導入していく仕組みだ。
 もともとドラマは、各エピソードの時系列はバラバラに放送されている。第9話「予兆」と映画のエピソードは、神戸尊(及川光博)と総務部の陣川(原田龍二)とが初対面となっているので、現在放送中の“シリーズ9”より前の事件だということが判る。
 また新しい視聴者に対して、神戸尊と大河内監察官(神保悟志)との関係や、杉下右京(水谷)と小野田官房室長(岸部一徳)の因縁を簡単に説明するといったフォローも行き届き、テレビと映画の連動を見せつけていた。

 「まさか、絶対的正義がこの世にあると、思っている?
    正義なんて、立ち位置によって変わるもんでしょ」

 警察庁を省に格上げする構想を持つ小野田官房室長の言葉は、権力者が“正義”をどうにでも出来るということだ。映画では、警視庁の人事を刷新しようとする動きが起きるが、現実に大阪地検のねつ造や隠蔽工作があっただけに、警察国家の暴走をも暗示する映画のテーマは恐ろしく現実的である。

 『相棒』シリーズは、テレビにおいて人間ドラマとして水準以上のエピソードを呈示してくれるドラマだけに(最近では12月15日放送の第8話「ボーダーライン」のメーセッジには胸が詰まる)、今回の映画版においても、“組織悪”という社会の矛盾を下敷きにした群像劇がいい具合に現実を想像させ、観客に共感できるように多くの登場人物のエピソードをきちんと整理して見せてくれている。
 『相棒』シリーズお馴染みのメンバーらをはじめ、事件の核心で右京と尊らと対立する立場にいる大河内監察官の葛藤や、角田課長(山西惇)らノンキャリア組の悲哀も効いており、『相棒』エッセンスは満点。

 そして『行きずりの街』につづいて、小西真奈美には魅了された。
 凛とした佇まいの彼女の、もう一面である愁いの表情。最近では珍しい品と情緒を感じさせる女優だ。子犬顔特有の人懐っこい表情が、多用されるクローズアップのなかで変幻する様は見ものである。


 ◆以下ネタバレはしないけれど、結末に触れます。

 


    ◇


 さて、すでにネタバレ的発言でネットを騒がせている賛否両論の事案。
 とは云ってもエンディングのエピソードは、『相棒』スタート時からのライター輿水泰弘の独擅場だろう。予想できない出来事だったが『相棒』だからこそ可能な展開だったと納得がいく。『相棒』スタッフでしか描けない結末、こういくことを平気でやってしまうのが『相棒』なわけだ。

 政治的駆け引きでうやむやになる現実的解決をもドラマで描いてきたシリーズだが、ラスト、杉下右京なりの“正義”を、けじめとして発する言葉は力強い。
 尊が特命係に残る決意をした直後の大きな事件であろうから、ここから現在の“シリーズ9”へと繋がり、今後、“シリーズ10”ではもっと大きなことが待っているのかもと、新たな『相棒』ワールドを想像する楽しみができたと考えたい。


スポンサーサイト

Comment

ちゃーすけ says... "良いお年を"
展開にビックリしましたが、今後も期待を持たせる良い映画だったと思います。
今年は、お世話になり、ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
2010.12.31 18:32 | URL | #a2H6GHBU [edit]
mickmac says... "Re: 良いお年を"
レスが、明けてしまいました。

元日SPから早、期待十分なドラマですし、映画も期待以上の出来映えだと思っています。

>今年は、お世話になり、ありがとうございました。

こちらこそお世話になりました。
今年も、ドラマや映画の話で盛り上がりましょう。
近いうちにおジャマします。
よき年になりますように。
2011.01.01 17:29 | URL | #- [edit]
ちゃーすけ says... "あけましておめでとうございます"
あけましておめでとうございます。
昨年は大変、お世話になりました。

元旦SPも映画も賛否両論のようですが、そうやって話題になるところが「相棒」ワールド健在!という感じだと思いました。
小西真奈美さん、南果歩さん、女優陣も地味なのかもしれませんが、実力派で今年も見せてくれますね。
やっぱり、しっかりした俳優さんのしっかりしたドラマが見られるシリーズだと思いました。

本年もよろしくお願いいたします。
2011.01.04 10:18 | URL | #a2H6GHBU [edit]
mickmac says... "Re: あけましておめでとうございます"
ちゃーすけさん

新年おめでとうございます。
こちらから先に伺わなくてはいけなかったのに、申し訳ありません。

>元旦SPも映画も賛否両論のようですが………

「聖戦」にも賛否両論ですか………。まったく、こういう議論が巻き起こることが「相棒ワールド」ですよね。
たしかに、ストーリーは2時間スペシャルにしては冗長に流れていたように思います。
古沢脚本はテーマが重くても、どこか軽妙なところがあるのですよね。だから、通常の枠で充分にできた話かも、と考えられたりして………。
南果歩さんは少し苦手な女優さんなのですが、あの高い声が功をたてたのかも(笑)。

今年もよろしくお願いします。
2011.01.05 15:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/704-7503c4d9
映画[ 相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 ]私なりの正義を、貫き通します
映画[ 相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 ]を渋谷TOEIで鑑賞。 約2年半ぶりに公開された劇場版[ 相棒 ]。TVのシリーズは熱血男、亀山薫(寺脇康文)からクール&ダンディの神戸尊(及川光博)に交代して早いもので1年半がたち、今や「シーズン9...
『相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜』 | よかったところと疑問点。
『相棒』は、テレビシリーズも含めて 一度も観たことがありません。 杉下右京(水谷豊)に 「はいぃ!?」と怒られそうですが。(汗) そんな人間が、なぜまた映画『相棒Ⅱ ...
相棒-劇場版II-警視庁占拠!特命係の一番長い夜
相棒 劇場版II オリジナル・サウンドトラック大人気TVシリーズの劇場版第2弾。スケールは前作に比べ一見小さく見えるが、内容はより大人向けのドラマになった。警察内部の衝撃的 ...