TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

石井隆新作は、“紅次郎”のその後……?

「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う」

 “なんでも代行屋”の紅次郎こと村木哲郎が、美少女からの依頼で恩人の女性を探す仕事を引き受ける。足取りをたどるうち、不幸な生い立ちから風俗の世界にまで身を落とした女性の悲しい人生が浮き彫りに……

    ◇

 どうも『ヌードの夜』のセルフリメイクではない

 “紅次郎”のその後、といったストーリーだ

 あの夜、名美との別れのあと、村木の人生はどうなっていたのか………

 興味は尽きない…………

 当然、今回、名美は登場しないのだろう

 ヒロインの名は「加藤れん」という………

 残念だが、“名美と村木の物語”はおあずけか………

 ほかのキャスティングも発表された

 東風万智子(旧芸名:真中瞳)、井上晴美、津田寛治、大竹しのぶ、宍戸錠

 お馴染みの面々………

 名美がいる、ちひろがいる、岡野がいる………… 

 ふたたび、切ないすれ違いの物語………

 ………………

スポンサーサイト

Comment

ロビン says... "はじめまして"
「人が人を~」から待望の石井作品で嬉しい限りです。吉野公佳の作品はお蔵入り?になったのか、ポシャったのか?

しかし、「人が人を~」で新たな扉を開いたと僕は感じたので、今から楽しみです!
2010.06.20 04:29 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: はじめまして"
ロビンさん はじめまして
レスが遅くなりました。

石井監督の新作、3年は少し待たされ感がありますが、過去に「フリーズ・ミー」から「花と蛇」までの辛抱に比べればどうってことないです(笑)。
ただ、今作が“村木モノ”と云うこととなれば、やはり長いこと待たされたと感じずにはいられませんね。

吉野公佳は2年も前の、それもアクションものだったかもしれない企画ですが、とにかく石井監督の作品は、前もって情報が漏れることは御法度です。
これまで幾度の苦汁を舐めてきたことか…………。

いつも心配することは、ハダカ裸と好奇な目でしかマスコミが取り上げないことでしょうか。慣れっことはいえ、早く正当な評価を受けて、そして新たなる石井ノワールを作ってもらいたいものです。
今作が、その試金石になることを願ってやみません。

2010.06.22 00:01 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/660-e21e8954