TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「バニシング・ポイント」*リチャード・C・サラフィアン



VANISHING POINT
監督:リチャード・C・サラフィアン
脚色:ギラモ・ケイン
原案:マルコム・ハート
出演:バリー・ニューマン、クリーボン・リトル、ディーン・ジャガー

☆☆☆★  1971年/アメリカ/99分

    ◇

 果てしなく続く地平線。真直ぐに伸びるハイウェイ。限りなく蒼い空。カリフォルニアの荒野。
 壮大な風景のなかを疾走するのは、白いダッジ・チャレンジャー。
 砂漠に残る2本の轍が交差する美しい幾何学模様。

 70年代はじめ、苦悩するアメリカの若者の姿の一端を描いたアメリカン・ニューシネマ、ロードムーヴィーの1本だ。当時、ゾクゾクとする興奮をおぼえた映画だった。

 陽炎の向こうからダッジを追う数台のパトロールカー。前方には2台の大型ブルドーザーがハイウェイを塞ぐ。ピクニック気分でその行方を眺める沿道の市民たちの顔、顔、顔……。猛スピードのダッジがバニッシュ(消滅)するところから物語ははじまる。

 主人公コワルスキー(バリー・ニューマン)は元海兵隊員であり元警察官、元オートレーサーでカーレーサーという経歴をもつ男。デンバーからサンフランシスコまで体制を敵にまわし、ただただ走りつづける。徹底した追っかけだけの単純なストーリーで、彼の過去などはときどきフラッシュバックで描かれるが、多くは語られない。

 当時のアメリカの青年のリアルな現実は、ベトナム戦争。ベトナムで死と直面した恐怖をマリワナに求め安らぎを得る現実。英雄として帰国をしても得られる職場がない現実。
 アメリカの若者の閉塞感を浮き彫りにするような社会性と、カーアクションに見られる娯楽性がうまくミックスされている。

 主人公コワルスキーと眼に見えない糸で結ばれる、盲目の黒人DJスーパー・ソウルの設定が面白い。また、砂漠の道案内人の蛇取りの老人やオートバイ乗りのヒッピーたちは、いわゆるドロップアウトした人間たち。ハイウェイで拾うゲイのアベックも、当時はまだ市民権を得ていない異端児だ。体制の中の息苦しさから逃げ、何をすればいいのか迷っているアメリカ人ばかりだ。
 コワルスキーが笑みを浮かべながら死に挑戦していく様こそ、悩めるアメリカの姿だったのかもしれない。

 映画の全編にはロック・ミュージックが流れる。砂漠で出会う新興宗教団体のようなヒッピーコミューンでは、スワンプ・ロックの雄デラニー&ボニー&フレンズが“You Got To Believe”を聴かせてくれるし、バイク・ヒッピーの家ではマウンテンの“MISSISSIPPI QUEEN”が流される。

VanishingPoint_pst.jpg

スポンサーサイト

Comment

ワトソン says... ""
ラストが泣けますね。寡黙なバリーニューマンの無表情が好い感じです。最近廉価版でDVDが出ていますが1枚欲しいところですね。ほんといい映画です。(昔テレビで放映した時はJDの吹き替えはつらかった様な記憶があります。)
2006.07.19 13:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/66-8e6a1bd9