TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ならず者を読もう、レココレ6月号



 いつの間にか15日発売になっていた『レコード・コレクターズ』誌が、バナナでは昔通りに12日に並んでいた。(書店は相変わらず15日発売らしいが)
 『ならず者』の大特集である。読み応えは十分。
 幻の日本公演のチケット争奪に加わったあの頃を思い出した鳥井賀句氏の文章には、宮谷一彦の劇画『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』まで出てくるなんてさ、久々に書棚から取り出して読み返してるよ。

 『ならず者』のアルバムは、当時は4面全部を通して聴くなんてあんまりしてなかったなぁ。アナログ盤D面の「オール・ダウン・ザ・ライン」と、つづく「ストップ・ブレイキング・ダウン」のミック・テイラーのスライドが一番好きな箇所だった。 
 40年近くの月日を経て、いま新たな装いで吹き込まれたテイクがファンの前に差し出されたことは、何にも代えて嬉しいよ。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/651-05a9843a