TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「猟人日記」*中平康監督作品

nakahira.jpg

監督:中平康
原作:戸川昌子
脚本:浅野辰雄
音楽:黛敏郎
撮影:山崎善弘
出演:仲谷昇、北村和夫、十朱幸代、岸輝子、稲野和子、小園蓉子、高須賀夫至子、山田吾一、中尾彬、高田敏江、南寿美子、鈴木瑞穂、山本陽子、岩谷肇(現・谷隼人)、丸山(現・美輪)明宏、戸川昌子、小池朝雄〔ナレーション〕

☆☆★ 1964年/日活/123分/BW

    ◇

 戸川昌子原作の猟奇推理小説を映画化したミステリー。
 原作は高校生の時に読んでいるが既に手元になく、本も絶版となっているので読み返すことは出来ないが、アっと驚く展開と結末だった印象がある。

 昭和精機の電子計算機の技師である本田一郎(仲谷昇)は、関西物産の令嬢・種子(戸川昌子)の娘婿。東京での生活は高級ホテルと安アパートとの二重生活で、毎日多数の女性をハントしては、関係した女性の一部始終を「猟人日記」と称したノートに書き記していた。本田の女性への放蕩癖は、妻との間に出来た子が奇形で死産したことで、夫婦生活を営むことができなくなったことからきている。
 ある日、本田の子供を身籠った19歳のOL尾花けい子(山本陽子)が自殺をした。事件を新聞記事で読んだ本田は、「猟人日記」に書かれたけい子の様子を思い出しながら、今夜も寂しい女を捜しに街に出る。今夜の獲物はオールドミスの相川房子(稲野和子)。
 翌日、同じように関係を持ったスーパーマーケットに勤める津田君子(茂手木かすみ)が、房子のアパートにいる時刻に何者かに殺された。偶然の出来事と意に介さない本田は、次の日もハーフに扮して片言の日本語で美しい美大生の小杉美津子(高須賀夫至子)に声を掛けていた。
 その夜は美津子のアパートに行ったものの、彼女を抱くことが出来なかった本田。深夜、房子のアパートを訪れるが、そこには裸の房子の死体が転がっていた。房子が殺された時刻のアリバイは、阿佐ヶ谷に住む美津子に証明してもらえるはずだったが、その美津子までもが本田のネクタイで絞め殺された。
 本田の周辺ではアパートから「猟人日記」が消え失せたりと奇妙な出来事が起き、遂に容疑者となった本田は逮捕され、一審は死刑判決が下された。
 弁護を担当した畑中(北村和夫)は、助手の睦子(十朱幸代)とともに本田の血液型が珍しいRHマイナス型だというのを手掛かりに、謎の女性が同じ血液型の数人の男性(山田吾一、中尾彬ら)から精液や血液を採取していた事実を見つけ、何者かが本田を犯人に仕立て上げた偽装工作だと確信する。
 “鼻の横にホクロ”の目撃証言から、自殺した尾花けい子の姉つね子(小園蓉子)が浮かび上がり、彼女が住んでいたアパートからは1頁目が破り捨てられた「猟人日記」が見つかった…………。

    ◇

 映画は、仲谷昇の視点で数人の女性狩りと罠に落ちたあとの不安定な心の彷徨いがスリリングに描かれる前半と、北村和夫と十朱幸代の目撃者探しと謎解きを描く後半に分けた2部構成で、これは原作通りだったと思う。
 一種ホラーでキワ物的な感じがする作品だが、「流浪の民」が流れる歌声喫茶や、異常な性生活と不穏なエロティシズムが、クールなモノクロ映像とともに脳裏に焼き付けられる不思議な作品だ。後半数回大写しになるシュールな油絵は、主人公あるいは犯人の深層心理を象徴していて不気味である。

 美貌を持った女たらしの主人公が、その罪を断罪されるが如くに陥れられるのだが、一夜を共にした女性たちは誰ひとり彼に騙されたとは思っていないのだから、男とすれば全く割に合わない悲劇というもの。
 身籠り自殺したキィパンチャー(この言い回しは時代を感じさせる)は妊娠を苦にしたわけではなく、男に二度と逢えない苦しさが根底にある。扮した山本陽子は、証券会社のOLから日活のニューフェイスに合格したばかりの出演で、いきなりビルの上から落下して息絶える。
 『砂の上の植物群』で官能を振りまいた稲野和子はここでも男に飢えた女性を演じており、彼女のネチッ濃い台詞はいつまでも耳に残る。
 画学生役の高須賀夫至子は、その利発そうなキリっとした顔立ちが男をそそるのだろうな。



 ◆以下ネタバレあり




 事件の顛末は、ノイローゼになった妻が「猟人日記」の一番最初に自分のことを書かれたことでプライドを傷つけられ、その挙げ句の復讐劇だったわけで、奇異で異様な雰囲気を漂わせた原作者の戸川昌子ならではのキャスティングなのだが、映画の冒頭に現れるホクロのある美しい女性や、精液を提供する男たちが一様に「いいオンナだった」と証言するにしては戸川昌子とは似ても似つかず、いくらなんでも観客を欺きすぎた感もある。
 
 「銀巴里」で歌う美輪明宏や、トルコ風呂の客で谷隼人、精液を提供する医学生に中尾彬らが顔を出している。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/649-68544a4e