TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

浅川マキさん 急逝



突然の訃報
またひとり 不世出なシンガーが逝ってしまった

1月17日(日)名古屋市内のホテルで倒れ 
市内の病院にて心不全のため永眠
享年67

BLUESを唄うにも JAZZを口ずさむにも まだまだこれからなのに………

15日から3日間、名古屋のJAZZ喫茶「LOVELY」で公演中だった
ひと月ほど前 マキのライヴに行きたいねと話したところだったのに……
また 行きそびれた
…………
永遠に 行きそびれてしまったんだな

今夜はおしまい
もう店じまいって呟いているよう

“赤い橋”を渡っているのか
もう 振り返ったりはしないんだよな

    ◇


ブログを始めた2005年の初っぱなの記事がマキさんだった
もう一度書き記しておこう
 
はじめてマキさんを知ったのは 真崎守の漫画「袋小路」と云う作品に引用された詩だった
そして 「夜が明けたら」「ちっちゃな時から」などを題材にした真崎守の作品から
マキさんのレコードを聴くようになった

モノクロームの世界
しかし
真っ暗な闇の中に うっすらと黒いグラデーション が敷かれた世界観
唄が物語られる世界
酒と煙草とけだるい黒の世界
やさぐれて 落ちぶれて 捨てられ て 流されて 
孤独と不安を表現するマキさんの唄には
だれもが“ちょっと長い関係”を持ちたがる

時代とは関係のないところで唄われる歌
ひっそりと 沁みる唄声がいつまでも響いてくる

心安らかにお眠りください


スポンサーサイト

Comment

コー says... "No title"
お久しぶりです。

帰宅してメールで受け取るこちらのブログの情報で彼女の訃報を知り、悲しみにくれております。

ダークネスを聴きつつ、中学校からの40年近いファンとスターであった関係が失われた寂しさ。

始めて向かったライブで「死に行く春の記、死春記」と唄い出した、子供心に惚れ惚れする歌い手。

カテゴリー分けを嫌いつつ、浅川マキというジャンルを作っていました。

悲しい夜です。
2010.01.18 22:46 | URL | #SFo5/nok [edit]
mickmac says... "Re: No title"
コーさん
お久しぶりです

「子守唄さえない夜に 死にゆく春もありまする」
『死春記』は真崎・守氏の作詞ですね

シンガーであると同時に アーティストであったマキさんには
アナログレコードで悼んであげたく
帰宅してから ずっとターンテーブルを回しています

ひとつ星が消えて行った哀しいよるですが
これからも 長い関係をつづけていきますよ
2010.01.19 00:18 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/614-577a4324