TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ミルクタイム」柳田ヒロ

yanagidahiro-milktime.jpg

 “日本のニューロック”の名盤アートをもう一枚。
 今度のゴリラも、インパクトは十分。

 キーボード奏者・柳田ヒロが“エイプリル・フール”や“フード・ブレイン”で活動した後、1970年11月に水谷公生〈ギター〉、角田ヒロ〈ドラムス〉、石川恵樹〈ベース〉、玉木宏樹〈エレクトリック・ヴァイオリン〉、中谷望〈フルート〉のサポートでリリースした、初のソロ・アルバムである。
 角田ヒロと石川恵樹は初期の“フード・ブレイン”メンバーで、若松孝二監督の『新宿マッド』('70)のサウンド・トラックを吹き込んでいる。

    ☆

収録曲
01. LOVE ST.
02. RUNNING SHIRTS LONG
03. WHEN SHE DIDN'T AGREE
04. HAPPY, SORRY
05. YUM
06. LOVE T
07. FISH SEA MILK
08. FINGERS OF A RED TYPE-WRITER
09. MILK TIME
10. ME AND MILK TEA AND OTHERS


    ☆

 鍵盤を縦横無尽に駆け回る柳田の破壊的奏法と、水谷公生のアグレッシブルなギターがプログレッシヴでアートなロック・サウンドを構築し、ヴァラエティ豊かなジャムセッションを体感できる、70年代初頭の日本ロックの熱情を感じる一枚である。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/609-eae90947