TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「赤線玉の井 ぬけられます」*神代辰巳監督作品



監督:神代辰己
原作:清水一行「赤線物語」
脚本:神代辰己
撮影:姫田真佐久
カット画:滝田ゆう
出演:宮下順子、丘奈保美、芹明香、中島葵、蟹江敬三、絵沢萠子、吉野あい、高橋明、影山英俊、織田俊彦、江角英明、五条博、益岡信孝、前野霜一郎、粟津號、殿山泰司

☆☆☆☆  1974年/日活/78分

    ◇

 赤線末期の昭和33年東京・玉の井を舞台に、奮闘する娼婦たちの一日。
 新春を迎え、いよいよ4月1日から売春防止法が施行されて灯りの消える赤線・玉の井に、特飲店〈小福〉はあった。

 お人好しのシマ子(宮下順子)は刺青をしている男に弱く、今はヒロポン中毒の博打打ち志波(蟹江敬三)に熱を上げ、苦労して稼いだ金銭はすべて貢いでいた。志波の刺青に惚れた彼女は、自分も太股に花札の刺青をしている。
 娼婦になって2年の公子(芹明香)は、赤線廃止前に結婚を決めて街を出て行ったが、夫との性の不一致で新婚旅行から帰ったばかりに〈小福〉に戻り客をとる。
 去年の正月一日で26人の客をとった売れっ子の繁子(中島葵)は、毎朝、屋根の上から首吊りの真似事をするのが日課。
 客に躯を触らせず、やる気があるのかないのか判らないような直子(丘奈保美)は、何を思ったか繁子の記録を破ろうと大張り切り。次から次へと客を上げてゆく。

 女たちの様々な想いを秘めて、玉の井最後の正月が終わろうとしていた………。

nukeraremasu_LC.jpg

  私娼街は堕ちた女の吹きだまり。入り組んだ路地の入口に掲げられた看板「ぬけられます」はやって来る男たちへの言葉で、女たちは決して引き返すことが出来ない。
 溝口健二の『赤線地帯』の生々しさとは違い、神代辰巳は乾いた眼差しで女たちを見つめている。

 神代辰巳お得意の長廻しと、女たちのエピソードの合間合間に差し込まれる滝田ゆうの絵が絶妙なバランスを持ち、そこに、女たちのテーマ曲にもなるいくつかの鼻歌がお馴染みの神代流BGMとなり、私娼街に風情がもたらされる。

 蟹江敬三がいる賭場までの道すがら、宮下順子が口ずさむのが三波春夫の「雪の渡り鳥」。
 やさぐれて、男の間を彷徨う女の情感が沁みてくる。1974年の同じ年に公開された『青春の蹉跌』でショーケンが呟く「エンヤートット…………」のように、見るものの頭の中に忘れられなくリピートされる神代マジックである。
 ピンクの花柄のワンピースにパラソルをくるりと廻す宮下順子の姿も、神代作品にはお馴染みのカット。
 「客と同じ布団じゃ寝ない」と決して店にはいかない蟹江敬三に、「他の女と居てもいいから、注射は辞めて」とヒロポンのアンプルを足で踏みつぶす宮下順子。暴力を振るいながらも、怪我をした宮下の足を気づかい「医者、行こっ」とボソっと呟く蟹江敬三のやるせなさ。ここでの長廻しは絶品で、ふたりの情話が切ないかぎりである。

 童謡「花嫁人形」を呟きながら、ふらりと歩く芹明香がいい。水揚げで処女を失った公子には、玉の井こそが本当の居場所だろう。

 とうが立った娼婦として品川への鞍替え話が持込まれる中島葵が口ずさむ「夜霧のブルース」。こっそりと、誰にも告げずに店を出る彼女の「夜霧のブルース」は、とても情感豊かに聞こえてくる。
 首吊りで死にきれない滑稽さは『恋人たちは濡れた』の絵沢萠子に共通するものだ。

 その絵沢萠子は、女たちを優しく見守る店の女将として存在感たっぷり。
 コメディ枠を受け持った感のある丘奈保美は、そのヴァイタリティある仕事ぶりで私娼街の様子を哀しくも可笑しく伝えている。

スポンサーサイト

Comment

ちゃーすけ says... "見ました!"
あっ、私もこれ、好きですよ(笑)。

絵沢萠子さんが良かった、もちろん他の方に比べたら年齢は行ってるんですけど、仕草が粋というか。
何気ないんだけど、世間を知ってる女性のカッコよさみたいなのが出てました。
それでいてどこかかわいらしいですしね。

「赤線玉の井 ぬけられます」ってタイトルも上手いですね。
ぬけられます、って、彼女たちが足を洗えるって意味だと思っていたんですけど、違いました。
2009.11.13 23:42 | URL | #a2H6GHBU [edit]
mickmac says... "Re: 見ました!"
ちゃーすけさん

レパートリーの広さに親しみを感じます(笑)。

絵沢萠子さんが神代監督の2作目『濡れた唇』で主役デビューした時は30代でしたが、どんな監督の許でも存在感を見せて、どんな役柄もこなす、なくてはならないバイプレーヤーですね。
神代作品では脱がない役も多いのに、色香があるのです。
2009.11.14 07:37 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/591-26454259