TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「唇からナイフ」

pst_Modesty-Blaise.jpg
Modesty Blaise
監督:ジョセフ・ロージー
原作:ピーター・オドンネル
脚色:エヴァン・ジョーンズ
音楽:ジョン・ダンクワース
出演:モニカ・ヴィッティ、テレンス・スタンプ、ダーク・ボガード、ハリー・アンドリュース、マイケル・クレイグ

☆☆☆ 1966年/イギリス/119分

    ◇

 新聞連載の人気漫画『モデスティ・ブレイズ』を脚色した女スパイ映画で、赤狩りでアメリカを追われイギリスで作品を撮りつづけたジョセフ・ロージー監督のオフビートな快作となっている。

 中近東の某国の石油利権を得るためにイギリス政府が用意した5000万ポンド相当のダイヤを、ガブリエル(ダーク・ボガード)率いる国際盗賊団が狙っていた。対抗するイギリス情報部は、女盗賊モデスティ・ブレイズ(モニカ・ヴィッティ)と相棒のウィリー(テレンス・スタンプ)に警護を頼んだ…………。

    ◇

 60年代ポップカルチャー華やかし時代。スパイ映画となると『007』を筆頭に、『ナポレオン・ソロ』シリーズ、『サイレンサー』シリーズ、『ファントマ』シリーズ、『パーマー』シリーズ、『殺しのライセンス』シリーズ………キリがないほど百花繚乱。峯不二子を思わすラクウェル・ウェルチの『空から赤いバラ』というお色気作品もあった。
 コメディ・タッチとなると『007/カジノ・ロワイヤル』や『黄金の七人』シリーズなど、お洒落な作品が多く作られていた。そのなかの1本が本作だが、真剣にストーリーを追うと肩透かしを喰う、シュールなコメディに仕上がっている。

 まずは、モニカ・ヴィッティの唇をイメージした『唇からナイフ』という邦題が秀逸。
 ただし、内容とは何ら関係ないインパクトのみのタイトルだから、そのタイトルに惑わされ、映画館で睡魔と闘った観客がいたかも……。難解なのは前半で、後半からは楽しさを味わえるはず。

 この映画は、ミケランジェロ・アントニオーニ作品でアンニュイな香りを振りまいた美女モニカ・ヴィッティの存在感。それまでのイメージと違ったコミカルな演技が楽しいのだ。そして、60年代ファッションに身を包んだモニカの、チャーミングでセクシーな魅力と、元気溌溂な肢体を見られるのがいい。

modestyblises_00.jpg

 ゲイ趣味の盗賊のボスに扮する名優ダーク・ボガードといい、茶目っ気たっぷりに歌まで披露するテレンス・スタンプといい、笑いやサスペンスのテンポを無視した演技(演出)なのだが、これが、マゾヒスティックにもちょっとニヤニヤとしてしまう。美女モニカに相応しい二枚目なふたりなのである。

 つかず離れずなヴィッティとスタンプの仲睦ましい関係。ふたりがミュージカル風にデュエットするシーンや、拳銃片手に背中合わせで敵を迎え撃つシーンがキマっている。

 クライマックスは、カラフルな色の爆煙を上げながら「アラビアのロレンス」と「史上最大の作戦」のパロディが繰り広げられる楽しさである。
 
modesty-blaise.jpg

スポンサーサイト

Comment

ちゃーすけ says... "あっ、これ、女優も俳優も好きです!"
この映画、好きなんですよ~!
「唇からナイフ」っていうのもシャレてるタイトルですよね。

モニカ・ヴィッティ、大好きなんですよ!
ふくれっつらの美女ですけど、この映画はかわいい!

テレンス・スタンプは「コレクター」の人ですけど、この人もまた、この映画ではお茶目。

ダーク・ボガードはもう…、好きですね。
2人とも他の映画との落差がすごく好きです。
良い俳優さんなんだなあ~と思いますね。

この主演3人の他の映画知ってると、ほんっとに楽しめますよね。
2009.09.14 09:20 | URL | #a2H6GHBU [edit]
mickmac says... "Re: あっ、これ、女優も俳優も好きです!"
>この映画、好きなんですよ~!

ちゃーすけさんも、かなり変わり者でいらっしゃる(笑)。

>「唇からナイフ」っていうのもシャレてるタイトルですよね。
 モニカ・ヴィッティ、大好きなんですよ!
 ふくれっつらの美女ですけど、この映画はかわいい!

当時は10代のはじめですから、このタイトルには何かドキドキしたものですよ。
さすがに未だ「太陽はひとりぼっち」「情事」は観てませんでしたが、愛読誌『映画の友』でピンナップしていた女優のひとりですから、笑わない美人というイメージが、この作品でのギャップに驚きました。

>テレンス・スタンプは「コレクター」の人ですけど、この人もまた、この映画ではお茶目。

この前に公開された「コレクター」がメチャ怖かったですからねぇ。彼自身、かなり変人だったと聞きますが、俳優としてひとと違う世界観(哲学)を持っているのは素晴らしいと思いますね。

ダーク・ボガードって、=ヴィスコンティのイメージですが、ここでは見間違えますから。

監督を含め、皆、ヘンです(笑)。
2009.09.14 14:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/571-52f7973f