TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ロマンポルノを読もう

 14日深夜WOWOWで放送されたドキュメンタリー『ロマンポルノ伝説1971~1988』は、70年代のプログラム・ピクチャー群の奇跡がいかにして生まれ、育ち、朽ちていったか、日本映画の熱情と挑発の軌跡を垣間みることができた番組だった。
 ノスタルジーで語るには、あまりに刺激的な時代………やっぱ70年代って、パワーがあったんだよなぁ。

 さて番組より先に、ロマンポルノの面白さを伝える本が2冊刊行されていた。興味深いものなので、甘ったるい日本映画に辟易しているご仁には、是非ともおススメの本である。

    ◇



作家を育てた日活ロマンポルノ~シナリオ選集/シナリオ9月号別冊
【シナリオ作家協会】
定価1,800円(税込)

    ◇

[記事]「日活ロマンポルノの全貌」北川れい子

[対談]佐々木志郎×桂千穂

[エッセイ]荒井晴彦、白坂依志夫、中島丈博、佐藤忠男ほか

[収録シナリオ]
 荒井晴彦 「新宿乱れ街 いくまで待って」
 いど・あきお 「(秘)色情めす市場」
 桂 千穂 「ズームアップ 暴行現場」
 加藤正人 「SM教室・失禁」
 神代辰巳 「一条さゆり 濡れた欲情」
 白坂依志夫 「赤い花弁が濡れる」
 大工原正泰 「さすらいの恋人 眩暈」
 田中陽造 「おんなの細道 濡れた海峡」
 中島丈博 「淫獣の宿」
 中野顕彰 「牝猫たちの夜」

 資料データとして、巻末に「日活ロマンポルノ全作品リスト」が掲載されている。


   ★    ★    ★


kinjirareta70snihoneiga.jpg

ロマンポルノと実録やくざ映画/樋口尚文
【平凡社新書】
定価945円(税込)

    ◇

 もう一冊は、“禁じられた70年代日本映画”と副題がつけられた一冊。タイトルは厳めしいが、100本あまりの紹介作品のなかでポルノと実録やくざ映画は3分の1にすぎない。
 70年代に狂い咲いた無数のプログラム・ピクチャー群。薄暗い映画館のなかへ引き入れるのに十分なほどの、猥雑で刺激に満ちた作品群と時代を作り上げた俳優たち。その魅力が紹介されている。

 「天使のはらわた 赤い教室」の名美を演じた水原ゆう紀の章では、彼女自身の言葉が記述されている。彼女があまりに名美役にのめりこみ、憑依したまま立ち直れなかったこと。そのため、次編の田中登監督作品「天使のはらわた 名美」へのオファーを断っていたこと。堕ちてからの名美の髪に付けられた赤いリボンの曰く。そして、曾根中生監督の消息がいまだ不明なことに囁いた言葉。代表作にとことん生き急いだ女優の姿が見えてくる。

    ◇

■実録やくざ路線のバイオレンス
 「顔役」「人斬り与太 狂犬三兄弟」「仁義なき戦い 代理戦争」
 「実録・私設銀座警察」「仁義の墓場」「北陸代理戦争」


■ロマンポルノ路線の挑発と抒情
 「濡れた欲情 特出し21人」「(秘)色情めす市場」「犯す!」
 「人妻集団暴行致死事件」「さすらいの恋人 眩暈」「昼下がりの女 挑発!」


■性が起爆させるバイオレンス
 「女地獄 森は濡れた」「やくざ観音 情女仁義」「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」
 「レイプ25時 暴姦」「天使の欲望」


■青春のニヒルな彷徨
 「八月の濡れた砂」「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」「急げ!若者」
 「四畳半青春硝子張り」「新宿乱れ街 いくまで待って」「トルコ110番 悶絶くらげ」


■アクションの新生面とカンフーブーム
 「白昼の襲撃」「豹は走った」「野獣狩り」
 「直撃地獄拳 大逆転」「資金源強奪」


■エロスと残酷の時代劇
 「蜘蛛の湯女」「戦国ロック 疾風の女たち」「将軍と二十一人の愛妾」
 徳川セックス禁止令 色情大名」「御用牙 かみそり半蔵地獄責め」
 「子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎」「ポルノ時代劇 忘八武士道」
 「下苅り半次郎 (秘)観音を探せ」


■スケバンと戦闘少女の割拠
 「O課の女 赤い手錠(ワッパ)」「番格ロック」「野獣狩り」
 「横須賀男狩り 少女・悦楽」


■カーアクションの模索
 「3000キロの罠」「ヘアピン・サーカス」「爆走パニック 大激突」
 「狂った野獣」「ダブル・クラッチ」


■メロドラマとラブロマンスの光芒
 「ボクは五才」「ママいつまでも生きてね」「挽歌」
 「スリランカの愛と別れ」


■本格探偵ミステリと社会派サスペンスの競作
 「影の車」「内海の輪」「動脈列島」「実録三億円事件 時効成立」
 「錆びた炎」「不連続殺人事件」「江戸川乱歩の陰獣」


■怪談からオカルトへ
 「怪談昇り竜」「血を吸う薔薇」「怪猫トルコ風呂」

■洋画ふうソフィスティケーション
 「卒業旅行Little Adventure」「雨のアムステルダム」「パリの哀愁」

■おまけ短篇と編成の妙
 「太陽の恋人アグネス・ラム」「池沢さとしと世界のスーパーカー」
 「BLACK EMPEROR」「宇宙人は地球にいた」「激突!」「イエロー・ドッグ」


■マンガ・劇画への挑戦
 「あしたのジョー」「銭ゲバ」「玉割り人ゆき」「玉割り人ゆき 西の郭夕月桜」
 「嗚呼!花の応援団」「博多っ子純情」


■歌謡曲・演歌・ポップスの抒情
 「夜の歌謡曲シリーズ なみだ恋」「昭和枯れすすき」
 「濡れた欲情 ひらけ!チューリップ」「帰らざる日々」


■文芸作品の触発
 「二十歳の原点」「櫛の火」「北の岬」

■撮影所の外からの新しい波
 「HOUSE」「ボクサー」「オレンジロード急行」「高校大パニック」

■時代を浮遊する女優たち
 秋吉久美子「赤ちょうちん」「妹」「バージンブルース」
 梶芽衣子「女囚さそり けもの部屋」「ジーンズブルース明日なき無頼派」
 桃井かおり「赤い鳥逃げた?」「エロスは甘き香り」
 山梨ゆり「昼下がりの情事 古都曼陀羅」「濡れた荒野を走れ」
 原田美枝子「恋は緑の風の中」
 水原ゆう紀「天使のはらわた 赤い教室」
 島村佳江「西陣心中」「十八歳、海へ」

■新型アイドルの誕生
 山口百恵「伊豆の踊子」
 高沢順子「新・同棲時代 愛のくらし」「本陣殺人事件」
 泉じゅん「感じるんです」「犬神の悪霊」
 岡田奈々「青春の構図」「暴力戦士」

■社会からはぐれゆく男優たち
 萩原健一「青春の蹉跌」
 松田優作「あばよダチ公」「最も危険な遊戯」
 原田芳雄「悲愁物語」
 郷ひろみ「さらば夏の光よ」「突然、嵐のように」

スポンサーサイト

Comment

キリヤン says... "こんにちわ"
WOWWOW加入したにもかかわらず、
録画ミスしてしまいました(泣)
小沼監督も送ってもらうという事で、
日活に電話して、送ってもらうことにしました…。
土曜ワイドも録画出来ず、結局ケーブル解約しました。
情けない…。
先日、撮影中に桂さんの住んでる近くに行ったので、久々に会いました。いつ会えなくなるか分からないですからねえ。
2009.08.24 09:57 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: こんにちわ"
キリヤンさん

>録画ミスしてしまいました(泣)。
 土曜ワイドも録画出来ず、結局ケーブル解約しました。

おお、なんてこと!
録画はお嬢さんに任せた方が良かったのでは……(笑)。

土ワイを拝見しました。
オープニングで、まさかのラブシーン(笑)
真っ赤な衣装からして、
いやぁ、まだお若いですよ!

桂さんと云えば、ぼくには「暴行切り裂きジャック」が一番衝撃でしたが、
キリヤンさんは桂さんのホンに出演されたことあるのでしょうか?
御年80になられますが、まだまだお元気なんでしょうね。

2009.08.25 00:29 | URL | #- [edit]
キリヤン says... ""
桂さんのにっかつ作品は出てないと思います。
私のフアンだと細越さんに紹介されて知り合いになりました。
桂さんシナリオで、東映の教育映画に主役で推薦してくれて、同和映画出演しました。
同和の歴史を語るシーンは6ページ2カット撮りで、台詞覚えるのが大変でした。
2009.08.26 06:03 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: タイトルなし"
キリヤンさん

桂さんって、エロス&バイオレンスのにっかつ作品から、大林宣彦作品「ハウス」「ふたり」やアニメーションまで多岐にわたる作品群をお持ちですが、教育映画も手がけていらっしゃいましたか……。
2009.08.27 09:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/559-36d04059