TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

歌謡曲外伝【大橋恵子】



LOVE LESSONS / MIDNIGHT TOKYO
大橋恵子◆ 愛の教室/真夜中・東京 1971年

 TV『全日本歌謡選手権』において、第11代チャンピオンに輝いた大橋恵子は1951年7月2日生。東京都新宿出身。大橋巨泉事務所で下働きなどをしながら、歌手を目指していたという。
 1970年から日本テレビ系で放送されたこの『全日本歌謡選手権』は、実力第一の厳しい審査と辛辣な批評で有名なオーディション番組で、五木ひろし、八代亜紀、中条きよし、天童よしみ、真木ひでとなどが再生デビューしたことは有名である。八代亜紀と中条きよしの勝ち抜きはよく覚えているし、この大橋恵子も注目して見ていた。
 グラマラスなボディは審査員の淡谷のり子が絶賛し、湯川れい子はその歌唱に折り紙をつけたほどの、本格派女性歌手のひとりである。ただし、当然ながらヒットに恵まれるかどうかは別で、あまり知られていないところが、ぼくの趣味に合っているのである(笑)。
 ジャケットのケバさが時代を感じさせるが、こんなにもバチバチの付けまつげの女性なら、今、ゴロゴロと街を歩いてるよな。

 「愛の教室」は、ちあき哲也の作詞、宇崎竜童の作曲。もちろん竜童氏が世に出る前のサラリーマン(マネージャー)時代の作品で、太田とも子の「とおく群衆を離れて」「恋はまっさかさま」「ねむいのは悲しいからさ」と同じコンビの楽曲だ。

 女性の自立の時代。男を翻弄しながら社会をわたる女のツッパリである。

 B面「真夜中・東京」は湯川れい子作詞、ながいじゅん作曲のフォーク歌謡。
 堕ちて荒んだ女には、帰る故郷もなく、ただ漂うしかないと歌ってる。

    ◇

Ns-ohashikeiko-2.jpg

SHADOW OF YOUR MEMORIES / BLUES FOR A GIRL
大橋恵子◆ 幸せのおもかげ/女の世界 1971年

 第2弾シングル「幸せのおもかげ」は、湯川れい子作詞、宇崎竜童作曲、クニ河内編曲のフォークタッチなさすらい歌謡で、スチールギターの音色とピアノが心地いい。
 B面「女の世界」はR&B歌謡だ。
 それにしても、このジャケットでは売れないでしょ。

    ◇

Ns-OhashiKeiko-hanabira.jpg

ROSE IS A GIRL IN LOVE / FAREWELL TO LOVE
大橋恵子◆ 花びらは恋する女/愛のわかれ 1971年

 「花びらは恋する女」は小川知子のカバー曲で、橋本淳作詞、筒美京平作曲のグルーヴの効いたファンキー歌謡である。

    ◇

ohhashi_teishaba.jpg

大橋恵子◆ 停車場 1996年

 時は流れ、銀座のジャズ・ライヴ・ハウスのオーナー兼ママとして、そして、ジャズ・シンガーとして活動していた大橋恵子が、1996年にお店のレーベルで自主制作したCDシングル。
 何枚か出しているようで、この「停車場」は、たまたま中古屋で見つけたもので、熟成された歌声を聴くことができる。
 ライヴ・ハウスは残念ながら何年か前に閉じられ、その後オーストラリアへ留学。現在はふたたび、ジャズ・ヴォーカリストとして活動していると思われる。



スポンサーサイト

Comment

LAYLA says... "はじめまして"
突然失礼致します。
大橋恵子は私の叔母です。
検索していて辿り着きました。
このように取り上げてくださっている方がいて非常に嬉しかったので、書き込みさせて頂きました。

お書き込みのように、現在再び歌手として活動をしております。
12月にコンサートがあります。
都内近郊にお住まいでいらっしゃいましたら、アクセスも良い場所ですので是非お出で頂き、年齢を経てもパワフルで迫力のある歌声を目前でお楽しみになって頂きたいと思います。

現在、オリジナルCD「ありがとう」が絶賛発売中です。
作詞は大橋恵子、作曲はジャズピアニストの砂田知宏さんで、ポップで分かりやすいメロディーの良い曲です。
こちらも是非お楽しみ頂きたいです。

公式サイトのURLを添えますので、ご覧になって下さい。
http://gmp.comj.net/index.html

コンサートのチケットやCDは、上記サイトからお申し込みが可能です。
もしくは、私にご連絡頂きましてもお手配出来ますので、どうぞ宜しくお願い致します。
2011.06.23 02:55 | URL | #BM2u7kQI [edit]
mickmac says... "Re: はじめまして"
LAYLAさん はじめまして

>大橋恵子は私の叔母です。
このように取り上げてくださっている方がいて非常に嬉しかったので、書き込みさせて頂きました。

ありがとうございます。

演歌やムード歌謡が主流だった当時の「全日本歌謡選手権」なかで、大橋惠子さんの歌唱は大変好きでしたし、デビュー作の「愛の教室」は本当に愛聴盤でした。

>12月にコンサートがあります。
都内近郊にお住まいでいらっしゃいましたら、アクセスも良い場所ですので是非お出で頂き、年齢を経てもパワフルで迫力のある歌声を目前でお楽しみになって頂きたいと思います。

公式サイト拝見しました。
ふたたび活動されていることが何より嬉しいです。

生の歌声もお聴きしたいのですが、最近は東京へ出ることもなかなかなくて(愛知在住)………、機会があれば良いのですが。
2011.06.23 17:43 | URL | #- [edit]
LAYLA says... "度々失礼致します"
お返事ありがとうございます。

愛知にお住まいとの事で大変失礼致しました。
それでは厳しいですよね。
機会があれば、思い出して頂けると嬉しいです。

>演歌やムード歌謡が主流だった当時の「全日本歌謡選手権」なかで、大橋惠子さんの歌唱は大変好きでしたし、デビュー作の「愛の教室」は本当に愛聴盤でした。

ありがとうございます。
叔母も喜ぶかと思います。
当然ながら(汗)、当時私はまだ生を受けておらず、現役時代は知り得ぬのですが、私の親は結構自慢だったようです。

・・・と言っても残念ながら売れなかったわけですが・・・。

私も歌手を目指していた時期があり、若干似たのかな?と最近思ったりします。
(でも下手の横好きでした)

またご縁がありましたら書き込みさせて頂きます。
本当にありがとうございました!!
2011.06.24 02:16 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/552-07bcfd7a