TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「女をやめたい」梶芽衣子

kaji-onnawo0624.jpg


01 女をやめたい
02 想い出日和


 “歌手・梶芽衣子”の、25年ぶりのシングルが発売された。

 随分月日が経ったけど、女ぶりの良さも、凛々しいところも、ドスのある節まわしも、何も変わらない歌声で実に魅力的だ。

 梶芽衣子といえばテイチク時代のアウトローとしての“怨歌”歌謡曲のイメージが強いが、ポリドールに移ってからの多彩な世界観を歌い演じている梶芽衣子も歌い手として素晴らしい。その表現力といい、独自性といい、歌手としての実力も絶対的なものがある。

 今回のシングルは2曲とも作曲が杉本眞人で(作詞はともに朝比奈京子)、情感豊かなメロディを持った歌謡曲に仕上がっている。
 「想い出日和」は、30年前に杉本眞人が作曲した名曲「晩夏」のようなワルツ調の佳曲だ。
 “女優”らしく、幾人もの“大人のおんな”を演じ、歌っている。
 
 今回のこの“歌手活動”、梶さんは本意気だ。
 オフィシャルブログを立ち上げプロモーションを行い、いくつかの雑誌にも“歌手”としてインタビューを受けているし、全国の新聞社回りなどもしているのだろう。
 NHKの「歌謡コンサート」や「日本のうた」への出演が叶うといいな。もっと云えば、「ミュージックフェア」「ミュージックステーション」でも梶さんの歌を聴きたいし、「うたばん」では貴さんや中居クン相手にアウトロー談義で一発かまして欲しい。
 
 還暦を過ぎた梶さんです。梶芽衣子を知らないプロデューサーが、平気で70歳の役を持ってくると嘆いています。キャスティングを俳優の年齢で決めてしまう昨今の業界は淋しいよ。「キル・ビル」以降、海外からのオファーもあったらしいが、あくまで日本の女優として日本の風土のなかで役を演じていきたいと語る梶さんです。

 現実の自分を見てもらうために、“ライヴ”も積極的にしたいと語っている。
  役は年をとらない。俳優としてそんな努力は当たり前にしていると自負する梶さん。アクションのあるアウトローな作品に意欲的な梶さん。そんな梶さんを使うプロデューサーは、いないのかい。
 いくら邦画が全盛と云ったって、ガキの映画ばかりじゃぁ、ツマんない。
 大人の女優や男優が弾ける作品を観てみたいじゃないか。

 さて、この“歌手活動”に伴いアルバムも制作して欲しいものだ。
 メロディが豊潤な杉本眞人はもちろん、阿木耀子&宇崎竜童の楽曲でジャズやブルーズのテイストを織りまぜた「おとなのおんな」のアルバムを、ぜひとも聴きたい。

 あ、それと、過去の梶芽衣子全アルバムを紙ジャケ仕様で発売して欲しいのは云うまでもないことよ。

kaji-onna02.jpg


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/541-0b384959