TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

長谷部安春監督、死去

長谷部安春監督が、肺炎で14日にお亡くなりになっていたそうです。

ぼくが日活の作品を観つづけたきっかけをくれた監督です。

アウトローたちをスタイリッシュに描きつづけてきた監督。

池袋の文芸地下で観た「女番長 野良猫ロック」が、長谷部監督の映画との初対面。

オールナイトで観た「不良少女 魔子」の脚本が、長谷部監督だったことは後日知りました。

日活ロマンポルノになって観た「犯す!」は、最高のサスペンスだった。

「暴行切り裂きジャック」のヴァイオレンスは、邦画史上に残る大傑作です。

女性は美しく、男性はカッコよく撮る、ダンディな監督。


安らかにお眠りください。

スポンサーサイト

Comment

キリヤン says... ""
知りませんでした!
先日の撮影で、スクリプターさんと話してて、
「相棒」の鑑識版映画撮ったという話が出てました。
数年前、元女優さんがやってる、歌舞伎町の沖縄料理屋で一緒に飲んだことがあります…。
紳士でしたね…冥福祈ります…
2009.06.22 06:39 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: タイトルなし"
キリヤンさん

この訃報は、梶芽衣子さんのブログで知りました。
長谷部監督と7本の映画をともに創った梶さんでしたから、その哀しみは如何許りかと………。

最後の作品は『相棒シリーズ:鑑識・米沢守の事件簿』でした。
blogでは紹介しませんでしたが、質の高い作品でしたよ。
『相棒劇場版』より断然いいと思いました。
2009.06.22 19:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/539-d09f542e