TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「耒タルベキ素敵」沢田研二

july-kitarubeki.jpg

 ジュリーのアルバムで頻繁に聴くのは何だろうと考えたとき、『STRIPPER』『彼は眠れない』と共に絶対にはずせないのがこれだ。

 2000年にリリースされ、ジュリーのオリジナル・アルバムとしては初の2枚組だった本作は、20世紀最後のアルバムとして、ジュリーのこれまでの音楽活動の集大成的な傑作アルバムである。
 8面仕様の紙ジャケットは、シュールでデカダンスな香りがするジュリーらしい装丁だ。

    ☆

[DISC 1]
01 A ・ C ・ B
02 ねじれた祈り
03 世紀の片恋
04 アルシオネ
05 ベンチャー・サーフ
06 ブルーバード ブルーバード
07 月からの秋波
08 遠い夜明け
09 猛毒の蜜
10 確信
11 マッサラ
12 無事でありますよう

[DISC 2]
01 君のキレイのために
02 everyday joe
03 キューバな女
04 凡庸がいいな
05 あなたでよかった
06 ゼロになれ
07 孤高のピアニスト
08 生きてる実感
09 この空を見てたら
10 海に還るべき・だろう
11 耒タルベキ素敵

    ☆

 沢田研二10曲、覚和歌子7曲、GRACE6曲の詞に、ジュリーのこれまでの音楽活動を支えてきたアーティストたちが、それぞれに1人1曲の曲提供で作りあげた作品集で、全23曲中スローナンバーは5曲といったビート中心のロック・サウンドが、様々な個性で彩られている。アレンジとギターはすべて白井良明。

 ジュリー作詞の「A ・ C ・ B」は、ご存知GS華やかし頃タイガースとして生演奏していたジャズ喫茶「新宿アシベ」のことを歌った原点回帰のロケンロール。
 スウィング・ロックな加瀬邦彦の「ねじれた祈り」、下山淳のご機嫌なロック・チューン「世紀の片恋」とつづき、伊藤銀次のスローナンバー「アルシオネ」を挟んで、井上堯之の「ベンチャー・サーフ」も軽快なナンバーだ。

 Tレックス調の弾んだリズムの「ブルーバード ブルーバード」は森本太郎の作品。もちろん“ブルーバード”はタイガースの「青い鳥」へのオマージュで、森本と岸部一徳がコーラスとして参加している逸品。ふたりのコーラス参加は、「この空を見てたら」と「海に還るべき・だろう」でも聴くことができる。タイガースの大ヒットチューンを書いてきたすぎやまこういちの「この空を見てたら」は、「シーサイドバウンド」を思い起こさせる楽曲だ。

 ハードコアな「猛毒の蜜」「マッサラ」スタイル・カウンシル風味の「確信」なども面白いロックサウンドだが、なかでも、ジミヘンの「パープルヘイズ」のリフから始まるムッシュかまやつの「everyday joe」、カルロス・サンタナ風の泣きのギターで始まる大野克夫の「キューバな女」は必聴モノ。このワザとらしさが、ジュリーの音楽の楽しみ方、聴かせ方、ファンを喜ばすステージングに表れてくるのだろう。

 ダルで妖しいムードを持った「耒タルベキ素敵」、これぞジュリー。
 
 そして、宮川泰の「孤高のピアニスト」や平井夏美の「遠い夜明け」を、上質で気品のある名バラッドに昇華するジュリーは、なんてったって永遠のヴォーカリストなのだ。

スポンサーサイト

Comment

謎の三文字☆村石太&マイ・コレクション says... "芸術というジュリーの人生"
今 動画で トキオ を 聴いています。渋いですね。最高
音楽同好会(名前検討中
画像にて  沢田研二 で 検索中です。この頃のジュリーさん カッコよかったですね。今も 独特で カッコいいですけれど
GS時代から PYG時代を経て ソロ沢田研二 ジュリー スーパーアイドル 1曲ごとに 華麗なる変貌 ファッション メイク ビジュアル 人間アイドルアートですね。歌も うまいですね。
世界的 歴史的 美男を探す会(名前検討中 沢田研二を語る会
2012.05.25 20:15 | URL | #clKTT8nc [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/534-215d1df5