TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「オッド・トーマスの霊感」ディーン・クーンツ

odd-thomas.jpg

 クーンツの翻訳としては最新刊となるノンストップ・サスペンスは、ホラー、SF、ミステリ、ロマンス、すべての要素を兼ね備えた大作〈オッド・トーマス〉シリーズの第1作目となる傑作、いや、大傑作である。

 ダイナーのコックで20歳のオッド・トーマスは、死者の霊を見ることができ、霊の伝えたいことを理解できると同時に、人の死に寄り付くボダッハと呼ばれる悪霊も見える青年。
 ある日、彼が勤めるグリルに来た初めての客に、数匹のボダッハが取り憑いているのを見て不吉な予感を感じたオッドは、男の住む家を調べ侵入するが、そこに見たものは猟奇的な殺人者を崇拝する男の正体であり、更に、翌日の8月15日に恐ろしい事が起きるのを感じた。災いをなんとか食い止めようとするオッドだが………。

    ◇

 “霊を見る男”からして映画『シックス・センス』のような大ハッタリを連想し、「主人公がアレで、コレが伏線で、こう展開するのだな」と予想して読み始めたのだが、こりゃぁ、想像を覆す内容だった。
 さすがクーンツ! 一筋縄ではいかないゾ。
 『シックス・センス』なんて足元にも及ばない展開と、登場人物の魅力で文庫550頁の長篇を、一気に読み終えた。
 
 クーンツにしては珍しい一人称語りの文章は、プロローグでいきなりある作品の引用を明かして始まるのだが、いったいこの作品に何が仕掛けられているのか。
 仕掛けがあると、ここまでは書いてもいいだろうと判断したが、どこまで書けばいいかは難しいところなので、これ以上ストーリーに関しては書かないことにする。この手法が見事に成功していることを、読んで実感して欲しい。

 その一人称の文章は、個性豊かな登場人物たちとのウィットある会話に余韻が持たれる。幼い頃両親を亡くした恋人のストーミーは常にポジティヴ精神の持ち主、ダイナーの経営者でエルヴィス・プレスリーに取りつかれているテリ・スタンボー、町の警察署長のワイアット・ポータと妻のカーラも、オッドの経験を手記にするよう勧め息子のように慕うミステリ作家のリトル・オジーも、みんなオッドの秘密を知る友人たち。そのひとり一人との関係や人物像が、実に風変わりで魅力的に描かれている。
 あ、もうひとり、エルヴィス・プレスリーの幽霊も大事な登場者だ。涙を流すプレスリーにも訳があるのだから……。

 もちろん、主人公オッドが恐怖を抱きながら運命に立ち向かう姿勢は、世界を救うための自己犠牲的精神で、その善良な心の持ち主に胸打たれるところであり、こころ温まる物語となっている要因でもある。
 クーンツ・ファンには過去の作品の集大成であり、初めての読者にはエンターテインメント小説を堪能して欲しいおススメ作品である。

 この作品の本国アメリカでの上梓は2003年で、シリーズはこのあと2008年の第4作目まで発刊されている。クーンツの構想では6~7作のシリーズを考えているようだが、まずは“シリーズ2”の翻訳が待ち遠しい。

    ◇

オッド・トーマスの霊感/ディーン・クーンツ
訳:中原裕子
【ハヤカワ文庫】
定価 1,050円(税込)

スポンサーサイト

Comment

ちゃーすけ says... ""
あ~、私は実は「ああ、これ、シックス・センス」か…、と思って読まなかったんですよ!
読まなきゃダメですね、これは。
2009.05.31 11:34 | URL | #a2H6GHBU [edit]
mickmac says... "Re: タイトルなし"
クーンツをご存知でしたか!
ちゃーすけさんの、趣味の範囲をもっと知りたいですね(笑)。

これ、本当におススメの本なのですが、
ミステリの要素もあるホラーで、作品の説明がしづらいです。
「シックス・センス」とは視点の違う幽霊ネタなので、何も知らない状態で読むと、とにかく結末に感動します。

クーンツ・ファンになって欲しいなぁ(笑)。
2009.06.01 00:03 | URL | #- [edit]
バカロ says... "はじめまして"
オッド・トーマスの霊感で検索して辿り着きました。
これは「サイレント・アイズ」の続編で平行世界の他の作品の主人公達も登場するみたいで、クーンツファンには超期待のシリーズですよね。
2009.07.23 09:08 | URL | #ncVW9ZjY [edit]
mickmac says... "Re: はじめまして"
バカロさん はじめまして

どれを読んでも面白いクーンツって、ホント凄い作家ですよね。
そして
このオッド・トーマス・シリーズの壮大さ、これからのパラレル・ワールドの展開が楽しみです。

「サイレント・アイズ」との関連性もどうなるのでしょう。

オッド・トーマス公式サイト
http://oddthomas.tv/

ここで映像版オッドを観ることができますが、結構イメ-ジ通りで面白いです。当然、セリフが英語なので理解できませんが(爆)。
2009.07.23 13:04 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: サイレント・アイズとの関連性"
バカロさん

人様のサイトの文章を、コメントとして貼付けることはご遠慮願えますか?
お願いいたします。
2009.07.25 00:28 | URL | #- [edit]
goldius says... "失礼しました"
削除しました。知ってらしたのですね。
「とかげの月」さんの所、コメント付けるところが無いので、他人とのコメントのやりとりする趣味はないと判断し、コピペしても文句付けてこないと軽く考えてしまいました。
2009.07.25 10:02 | URL | #ncVW9ZjY [edit]
mickmac says... "Re: 失礼しました"
goldius さん

早速の対処、ありがとうございます。

ネット上の礼儀というものは各自で判断するものと思っていますが、誰でも、お互い気持ちよくお付き合いしたいと思っているのですから、ある程度のルールを守って行動したいものです。

返信の方も削除しておきます。
2009.07.25 10:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/531-2b3f2964