TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「HOU ON(報恩アルバム)」大西ユカリ

onishiyukari_houon.jpg

 今年の1月に“大西ユカリと新世界”としてのバンド活動を休止した大西ユカリのソロ・アルバム。
 ヴァラエティに富んだ19曲は、原点回帰の濃厚なユカリ節にあふれ、ソウルフルなナニワ・ミュージック・ショーとしてゴキゲンである。
 
    ☆

収録曲
01. もう海へなんか行かない
02. 薄墨ハートブレイク
03. なかったことにするあなた
04. 新世界物語
05. Maru-Cho Inside Out!
06. First Time
07. 本牧'66
08. 幸せのあと
09. 本牧メルヘン
10. 値上げ
11. その気になってるわ
12. 追憶のSKA
13. Mo' Maru-Cho
14. ポートメリーのスー
15. スカジャン哀歌
16. チャンス到来
17. ざんざ大阪
18. BLUES MAN
19. ここに幸あり


    ☆

 伸びのいいギターで始まる「もう海へなんか行かない」から「なかったことにするあなた」までの3曲が昭和歌謡曲然として、「薄墨ハートブレイク」はシングルにしてもいいような逸品。
 吾妻光良&ザスウィンギンバッパーズと共演のジャンプ・ナンバーやファンク・ミュージックが続き、ボッサ歌謡に、スカあり、ブルースあり…………このテンコ盛りが大阪風味なのよ。

 オモロいナニワ賛歌の「新世界物語」や河内音頭的浪速演歌の「ざんざ大阪」は大阪の哀愁を感じさせてくれるし、番格演歌の「スカジャン哀歌」は場末の小屋にかかる東映三角マーク劇伴風。このドラマ世界の雰囲気がタマらない。

 ブルース・ナンバーは西岡恭蔵の「ポートメリーのスー」と河内博の「BLUES MAN」。
 特に「BLUES MAN」は最高!泣けるねぇ。

 以外な選曲と思ったのが、高田渡の「値上げ」と中山ラビの「その気になってるわ」。フォーキーな味わいもまたいいもの。
 いまの時代にタイムリーでシニカルな「値上げ」には中川イサトがギターで参加していて、ほかにも石田長生、山崎廣明、河内博らのゲスト参加がこれまでのアルバムとは違ったテイストとなり、一段と大西ユカリの凄さと素晴らしさを感じるアルバムとなっている。

スポンサーサイト

Comment

なるときよし says... "横山剣目当てで"
購入した「実録大西ユカリショウ」が実家にあります。

♪こ~としにどめのおこなゆきがふる~

黒人っぽいっていうか、いい意味で暑苦しかったです。
2009.05.23 21:15 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: 横山剣目当てで"
「実録・大西ユカリショウ」は今でも一番スキなアルバムだな。

同じようにネオ昭和歌謡の歌姫なら東に渚ようこが燦然と輝いていますが、彼女のようにスタイリッシュじゃないとこがいいのよね。
クロっぽいというよりは、彼女はナニワの姐さんそのものだから、ドロ臭いところが身上。
2009.05.24 17:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/528-7cf8d055