TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

キヨシローを探して

1988年の「カバーズ」で 
怒れるバベルの塔をおったてたキヨシロー

体制に 本気で“毒”を吐いたアーティスト
本物の反骨心といったものを持ったロッカー
いつでも どこでも 生き方にブレのないソウルマン

ゼリーと名を名乗り 
ダサい全共闘スタイルのヘルメット姿で現れたキヨシロー
一線を踏み越えるザ・タイマーズ
その過激さこそ 本来のロックの姿だったのではないか

IMG_2483.jpg
不死身のタイマーズ

1995年のライヴ演奏を収めた2枚組アナログ盤を聴いている
メジャーでの発売は自主規制され インディーズでリリースされたものだ

北朝鮮や環境問題 マスコミ批判とドラッグ セックスを歌い 癌を歌う
差別用語のオンパレード
苛立ちと不満 怒りを込めたキヨシローの先鋭的な言葉の数々
その“毒”は “愛”の裏返しとして POPでありROCKとして成り立っている
ありふれたラヴソングなんて ちゃんちゃら可笑しい

燦然と輝く 『不死身』という言葉
いつまでも キヨシローを探しつづけよう

IMG_2486.jpg

    ◇

衝撃の日からここまでに 
混乱しながらもコメントに書いた言葉の数々

………………

大人になるとツマンねぇと云う若者らに
「そんなことはないです。大人になればもっと面白くなります。断言します。」
そんな風に堂々と云い放つ大人

30周年を迎えて 夢は何ですかと聞かれ
「世界平和です」と 堂々と云ってのけるロッカー

死んでんじゃねぇよ
って云ってみたところで 現実は変わらない

忌まわしいほど いまも
キヨシローの歌を聞くと涙が浮かんでしまう
常に愛の歌を書きつづけたソングライター
「いい事ばかりはありゃしない」
その歌声がつらい

悪戯が過ぎるよ………

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/522-efa46310