TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「野獣刑事」*工藤栄一監督作品



監督:工藤栄一
脚本:神波史男
撮影:仙元誠三
音楽:大野克夫
主題歌:「泳ぐ人」大野轟二
エンディングソング:「ローリング・オン・ザ・ロード」 内田裕也
出演:緒形拳、いしだあゆみ、泉谷しげる、川上恭尚(子役)、益岡徹、小林薫、蟹江敬三、藤田まこと、絵沢萌子、阿藤海、麿赤児、岩尾正隆、日高久、成瀬正、遠藤太津朗、成田三樹夫、芦屋雁之助

☆☆☆☆★ 1982年/東映/119分

    ◇

 “刑事〈デカ〉は通り魔を追い、
   刑務所〈ムショ〉帰りは またシャブに狂い、
     気のいい女は ろくでなしを愛しつづけた……。”

 降りしきる雨の夜、人通りのない道。家路を急ぐ赤い傘をさした女子短大生が何者かに刺殺された。
 大阪・釜ヶ崎地区を我が物顔に歩き回る捜査一課刑事の大滝(緒形拳)も、この事件の捜査に駆りだされた。犯罪者はもちろん、同僚からさえ恐れられる一匹狼のデカだ。大滝は、かつて逮捕して刑務所に送り込んだ男の情婦でピンク・キャバレーのホステス恵子(いしだあゆみ)と同棲に近い暮らしをしている。恵子には一人息子で7歳の男の子がいるが大滝には慣つこうとしない。
 通り魔事件は大滝独自の捜査で、被害者由美子が昼はノーパン喫茶、夜はコールガールとして働いていたという隠された生活をつきとめたが、犯人の正体は見当さえつかなかった。
 その頃、恵子のかつての情夫阪上(泉谷しげる)が出所し、恵子の家に転がり込んで奇妙な三角関係が始まる………。

    ◇

 “野獣刑事”というタイトルから、警察組織をはみ出したアウトロー刑事のアクション映画を想像すれば、それは見事に裏切られるだろう。
 この作品は、男と女の、狂気と憎悪の、美しくも哀しい物語なのだ。

 60年代に集団群像時代劇で注目を浴びた工藤栄一監督は、70年代の東映実録やくざ路線ではたった2本の佳作を撮っただけで沈黙。作品発表の場をテレビに移行し、『傷だらけの天使』をはじめ『祭りばやしが聞こえる』『探偵物語』『必殺シリーズ』などの傑作・名作で多くの支持を集めていた。スクリーン復帰は、79年の『その後の仁義なき戦い』で、70年代のやくざ映画の終焉を飾ったことになる。
 『影の軍団・服部半蔵』『ヨコハマBJブルース』につづいて発表されたこの作品は、工藤監督お得意の映像の光と影の煌めきを存分に堪能できるし、人間の光と影をもしっかりとスクリーンに刻み込んだ傑作であり、工藤作品の中で一番好きな作品だ。

 80年代はじめの殺伐とした時代を、ドキュメントのように書き上げたオリジナル・ストーリーは、『その後の仁義なき戦い』で脚本を担当した神波史男。ハードボイルドの極致を感じる。
 工藤監督vs松田優作の傑作『ヨコハマBJブルース』のカメラマン仙元誠三が、光と影の映像美をシャープに捉えているのも興味あるところ。
 そして、そのカメラワークに合わせた劇伴とテーマ曲担当の大野克夫のスコアも、素晴らしいの一言である。

    ◇

 映像の魔術師と云われる工藤監督の得意技は、ブルートーンの画面と逆光に煌めく濡れた路面をロングショットで見せる構成。それは、オープニングから惜しげもなく見せてくれる。この画(絵)で惹き込まれるのは必至。
 雨合羽に帽子をかぶった男のシルエットからはじまり、家路を急ぐ女子短大生。その後方からくる自転車。男が飛びかかる。雨の路上に転がる赤い傘。映画の中で一番印象的なこの赤い傘は、後半の囮捜査のシーンでは凄い効果をあげている。文句ない演出である。この作品以後、どれだけの映画、ドラマで赤い傘が風に舞ったことか。

 ゴシック体の書体でタイトル名が浮かび、ブルージーな主題歌「泳ぐひと」が流れるなか、西成のあいりん地区の風景と、大阪の街を歩く緒形拳の姿が映し出されていく。あいりん地区は車中からの隠し撮りだが、全体に、他のロケ現場もリアルなのがいい。

 緒形拳が粗末な木造アパートに入っていくところで歌が終わり、2階の一室で全裸のいしだあゆみと緒形拳がからむ姿を外のカメラが捉えるのだが、このような窓越しのカットは、鉄格子越しの益岡徹の取り調べや、シャブで発狂し暴れる泉谷の長回しなどに何度も出てくる。

 刑事と、ピンク・キャバレーのホステスと、ムショ帰りのシャブ中男の、奇妙なラブストーリーを築き上げているのが、個性豊かな三人の俳優。
 粗暴で横柄だが孤独な男の造型が見事な緒形拳だが、終盤、女を死なせてしまった後、子供とカレーライスを食べる姿に、人間臭さと悔恨の姿が表れていて素晴らしい。
 いしだあゆみは、蹴られても裏切られても健気に男に依存しなければ生きていけない女。ひっそりと生きる女の寂しさが、画面いっぱいに感じられる。
 泉谷しげるは、狂気のリアル感に圧倒される。見所はシャブ中の妄想で大暴れするシーン。そのリアリティは、ロケ現場近くで現実に火事が起こったことだろうか。カメラマン仙元誠三はその模様をカメラに収め、泉谷は「シャブには火事が一番だ」とつぶやき、そして狂っていく末、バットを振り回しながらいしだあゆみを追いかける。ロングショットの撮影がリアリティを増幅させる凄いシーンである。

 そして、緒形がいしだあゆみを使っての囮捜査。不安げないしだあゆみの姿は、ブルートーンが効いている。橋の上を所在なげに赤い傘をさして歩く彼女に、橋のたもとで見張る緒形がライターの火で合図をする。いしだは小さく手を振り、ぎこちなく微笑む。寂しい女の情感が絶品である。

IshidaAyumi_Yajyudeka.jpg

 そのあと、車のヘッドライトが目くらましになり、あとに残されるのは赤い傘ひとつ。
 雨に濡れた路面と逆光の中、瀕死のいしだを背負って走る緒形の引きの画。「痛い。痛い。」と、いしだあゆみのつぶやきがとてもリアルだ。
 
 緒形に女を寝取られても卑屈にペコペコしていた泉谷は、このあと豹変。いしだの写真を胸に抱き、車で街中を走り廻りながら無差別殺人を引き起こす。フロントガラスに何度も唾を吐き苛立つ様が怖い。
 80年代に入ると、団地などで覚醒剤汚染が広まり、覚醒剤による事件が頻繁に起こった時期でもある。ここに描かれるシャブ中毒症状の陰惨な模様は、現代社会の病理への警告でもあったはず。世の中どこが狂っているのか。悪意と、憎悪と、狂気は、いまだに何も変わってはいない。

 「恵子を殺した大滝を呼べ」と、住宅地で主婦を人質に篭城する泉谷しげる。ひとり乗り込む緒形。銃声のあと、突入する警官隊。夜明けの街に、川俣軍司の事件を思わす猿ぐつわ姿の泉谷。足を撃たれた緒形。「かあちゃん殺したんは、おっちゃんやろ!」と、いしだの息子稔の声。

 エンディングは内田裕也が歌う「ローリング・オン・ザ・ロード」をバックに、稔の元気な姿が映しだされる。
 万引きした果実を母親の遺骨に供養する稔。アパートの部屋に入ろうとする緒形を拒絶し、しょぼくれた緒形の背中を窓から見つめる稔の眼差しで、映画は終る。



 この「ローリング・オン・ザ・ロード」は、裕也さんのアルバム『さらば愛しき女よ』('82)に収録されていて、宇崎竜童、沢田研二、大野克夫、井上堯之、井上大輔、安岡力也、BOROらがバックコーラスに参加している名曲である。当時、予告編で流れていたのを見たときから、この映画にピッタリだと感じていただけあり、エンディングでの使われ方は絶品である。この歌はショーケンも歌っているが、裕也さんの方が味わいがあって好きだな。
 劇中音楽で云えば「大阪で生まれた女」が流れる。オリジナルのBOROの歌だと思うのだが(セリフに被るので聞き取りにくい)、ここはショーケンの歌を使用して欲しかったところ………。




スポンサーサイト

Comment

showken-fun says... ""
裕也さんの力みのない歌い方が、歌世界をより表現していますよね。

あたしは緒形さん大好きなんですが、困るのはいつも、「これ、ショーケンで見たかったなぁ」って思うことですね。
これなんて、特に。
いしださんとの結婚前にやっててほしかったなぁ。
2009.04.07 08:08 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: タイトルなし"
showken-funさん

>裕也さんの力みのない歌い方が、歌世界をより表現していますよね。

裕也さんは、決して歌が上手いわけではないのですが、そこが、ね。
誰にもない世界観があるわけで……。
この年は竜童さんの映画『TATTOO【刺青】あり』にも、裕也さんの「雨の殺人者」
(「ローリング・オン・ザ・ロード」と同じアルバムに収録)が使われていました。

>これなんて、特にショーケンで見たかったなぁ

ああ、それよくわかりますぅ。
芝居の匂いというか、空気感に近いものを感じますね。

神波さんのシナリオを読むと、この大滝という人物像はもっと下品で暴力的な男なの
ですが、緒形さんは人間味ある人物像に創り直しています。
緒形さんらしくて良いのですが、ショーケンだとまったく別の作品になりそうで面白
そう。

1982年は、東映9月上映のショーケン『誘拐報道』につづいて、10月公開が『野獣刑事』でした。

2009.04.07 19:31 | URL | #- [edit]
台湾人 says... "初めまして"
日本の名優緒形拳ですか。彼の訃報を聞いた時は大変ショックでした。
2011.01.28 10:42 | URL | #D9.4zkVk [edit]
mickmac says... "Re: 初めまして"
以前、寺田農さんのことでコメントされた台湾人さんではないでしょうか?

緒形拳さんの数多い傑作・名作をご覧になって、冥福をお祈りください。
2011.01.28 14:55 | URL | #- [edit]
台湾人 says... "そちらの方は大丈夫ですか?"
返事が遅くなり前略させて大変失礼とは存じておりますが、今回の東北関東大震災で日本各地に甚大な被害を及ぼしたようですが、そちらの方は大丈夫でしょうか?

テレビで見ていると本当に心が痛みすごく残念に思います。
2011.04.01 16:24 | URL | #D9.4zkVk [edit]
mickmac says... "Re: そちらの方は大丈夫ですか?"
台湾人さん 
ご心配のお言葉 ありがとうございます。
世界中からの援助と祈りを、日本人はみんな感謝しています。

自然の前に人間が何て無力なのかを思い知らされた数週間でした。
日本が今、一番辛いときですが、この苦難を乗り越えることで新たな一歩を創りだすことが出来ると信じています。
2011.04.02 01:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/509-6e4d7d33