TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「裏切りの明日」*工藤栄一監督作品



原作:結城昌治
監督:工藤栄一
脚本:田部俊行
音楽:井上堯之
出演:萩原健一、夏樹陽子、織本順吉、八名信夫、柄本明、小野さやか、中村あずさ、井上昭文、うじきつよし、ポール牧

☆☆☆ 1990年/東映ビデオ/97分

    ◇

 邦画不況時代の1989年。劇場公開にかかるコストを制作費にまわすことで、劇場公開作品に並ぶような品質のものとして、いわゆるプログラムピクチャーのビデオ化制作をはじめたのが東映Vシネマだった。
 仲村トオル、草刈正雄、名高達男、神田正輝らの名前が並ぶなか、萩原健一が映像派監督と云われた工藤栄一と組んだ唯一のVシネマが、この結城昌治原作のハードボイルド作品だ。

 ストーリーは先に紹介した原作と大きな違いはなく、主人公沢井(萩原健一)がケチな取り立ての片棒を担ぎながら、徐徐に悪の深みに嵌っていく様が描かれていく。
 原作にはない沢井の過去(原作は戦争を引きずっているため、当然こちらの設定の方がいい)を背負ったショーケンは格好いいし、工藤栄一監督らしい印象的なブルートーンの画面と、井上堯之の音楽が男の苦悩する姿を表現していた。
 しかし、80年代までの工藤作品との落差は大きい。TV画面を想定したVシネマと劇場作品との違いだけではなさそうだ。作品世界に悪意とか憎悪とか、もっと大きなエネルギーを感じたかったのだが、スケールの小さなものになってしまっている。

 工藤監督の刑事物といえば『野獣刑事(デカ)』('82)がある。待望のDVD化もされたこの作品は、刑事(緒形拳)とピンクキャバレーのホステス(いしだあゆみ)とシャブ中毒者(泉谷しげる)の織りなす、男と女の人間模様の傑作だった。どうしても比較してしまう。
 今回の沢井の過去を、女房を囮捜査で亡くした男にしているのも、緒形拳がいしだあゆみを囮捜査で死なせてしまうのを連想させる。あの作品にあった男と女の悲哀を、この作品でも見たかったのが正直な感想である。

 ただ、見るべきところはいくつかある。
 途中からショーケンが安っぽいビニールの雨合羽をずっと羽織り、この姿が、男のもの哀しさを浮き彫りにしている。なかなかいいアイデアだ。多分、ショーケンの思いつきではなかろうか。カッコ悪さが決まっている。
 腐れ縁の織本順吉とショーケンとの間にも、男たちの感情が混じり合うハードボイルドで渋いシーンがいくつもあり、このあたりは好きだな。

 終盤、やくざの八名信夫とのツーショットあたりから、工藤監督らしい極めつけの映像が、最後のショーケンのロングショット。撃たれた足を引きずりながら坂道を逃げるショーケンと、追うチンピラ。ふたりを望遠で捉えた画面に乳母車が横切る。『戦艦ポチョムキン』やデ・パルマの『アンタッチャブル』の、あのシーンを彷彿とさせるのだからここは見応えあり。

 さて、不満のひとつである男と女の情緒感の希薄さは、肝心のトシ子(夏樹陽子)の存在にある。原作中の「わたしたちボウフラみたいね」と云うトシ子の会話が示すような、寂しい女の浮遊感といったものがまるでないのだから致命的。
 また、原作とは微妙に違う結末は、どう判断したらいいのか。
 原作には登場しないトシ子の別れた夫がトシ子につきまとうシーンがあったり、マンション購入時の「わたしたち」が誰を指しているのか、原作を読んでからだと、当然どんでん返しを想像するのだが、あのトシ子の行動では意味がよく分からない。別れた夫を登場させるぐらいなら、原作どおりに終って欲しいところだ。

スポンサーサイト

Comment

showken-fun says... "早速きました。"
お越しいただき、ありがとうございました。

手元に本は届いているのですが、まだ読んでいないんです。
早く読みたいです。

あのときのショーケンは結構好きなのですが・・音楽と。
最初の織本さんとのシーンは特に好きです。手錠ガチャガチャ。いつも、意味ないことをやって意味を持たせちゃうショーケンがいいです。

レインコートはショーケンのアイデアで、工藤監督がほめていましたね。人の感想にはよく「?」がついていて、賛否両論なのかな、と思いますが。
あれで、冷酷さのよろいを着ているカンジがたまらんです。

ラスト、釈然としない部分は、原作が埋めてくれそうなので、読むのが楽しみです!
2009.03.29 10:13 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: 早速きました。"
showken-funさん
お呼びだてしてすみません。

やはり、あのビニールの雨合羽(レインコートと云う代物より安っぽいからいい)のアイデアはショーケン自身でしたか。
織本さんの帽子とトレンチコート姿が対照的で余計に良かった。
あの格好は絶対に正解です。あんな格好が似合うのもショーケンですもんね。

原作のネタバレになっていなかればいいのですが……。
2009.03.30 00:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/508-dbb42088