TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

祝!「おくりびと」オスカー受賞



 現地時間22日にロサンゼルスで開催された第81回アカデミ-賞で、『おくりびと』が外国語映画賞を受賞した!

 主要部門をあと4つ残すまで「外国語映画賞」の発表が遅いので、ジリジリしていた中での朗報。
 同部門が、ノミネート方式の単独の賞になってからの日本映画受賞は史上初だから、見事なる快挙に拍手。

 今夜はじっくりとWOWOWの録画放送を、そして、レッドカーペットを歩く余さんらの姿を、TBSの放送で拝見させていただく。

 短編アニメーション賞でも、日本の加藤久仁生監督の『つみきのいえ』が輝いているし、ひさびさに明るく嬉しい話題だ。

スポンサーサイト

Comment

シリウス says... "アカデミー賞(外国語映画賞)受賞 おめでとう"
「おくりびと」がアカデミー賞の外国語映画賞でオスカーを受け取ったことは、誠に喜ばしい限りです。

昨年、この映画を観終わったとき、08年の日本の各映画賞の受賞に深く関与してくる作品であると確信していました。
「おくりびと」はキネマ旬報賞、毎日映画コンクール賞、ブルーリボン賞の歴史ある映画賞の2つに、最優秀映画として選ばれている。
例年通り、過日の日本アカデミー賞のテレビ番組を最後まで観ていたが、「おくりびと」は全ての部門で強かったですね。

人間の「生」と「死」という普遍的なテーマで、これほど人に訴える映画をつくられた滝田洋二郎監督を始めスタッフ、キャストの皆さんに敬意を表したいし、また、日本映画の底力の強さも見せつけてくれました。
2009.02.23 20:28 | URL | #- [edit]
mickmac says... "Re: アカデミー賞(外国語映画賞)受賞 おめでとう"
昨日、今日と、あらゆるワイドショーを録画して、今さっき全部を拾い見し終わったところです。

原作というか原案にした『納棺師日記』への言及や、役へのこだわり、真面目さなど、本木くんの一途な想いが実を結んだわけで、実に喜ばしいですね。
現代劇での受賞というのが、日本映画界への刺激となることでしょう。
2009.02.25 00:33 | URL | #- [edit]
ちゃーすけ says... "はじめまして"
はじめまして、ちゃーすけと申します。

素敵なサイトですね、これから映画を観るのに非常に参考になります!

「おくりびと」のアカデミー賞外国語映画賞受賞、本当にすばらしいです。
本当に、現代劇での受賞というところに大きな意味があると思いました。
こういう映画が受賞したことが、日本映画に大きな良い影響を与えてくれると思います。
本木くんの真摯な姿勢が評価されたのも、本当に良かったです。
2009.03.02 11:12 | URL | #a2H6GHBU [edit]
mickmac says... "Re: はじめまして"
ちゃーすけさん  はじめまして

と云っても、前々から某所でのコメントでお名前を存じ上げています。
あなたのブログも拝見し、その詳細なショーケンドラマレヴューに感心しています。

本木くんの演技へのストイックな取り組み方は、ショーケンとダブって見えます。
ショーケンとの映画『226』が、本格的な役者としての第一歩ですものね。
あの本木くんの青年将校役は良かった。
達者な筆さばきも披露していましたっけ。
2009.03.02 18:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/500-f5203b80