TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「おぎゃあ。」*光石富士朗監督作品



監督:光石富士朗
脚本:野依美幸、光石富士朗、玉城悟
音楽:遠藤浩二
エンディング曲:「星と花」イノトモ
出演:岡本綾、余貴美子、藤木勇人、光石研、阿久根裕子、塩見三省、佐々木すみ江、萩原聖人、三浦涼介

☆☆☆★ 2002年/日本/97分

 本文は、以前別サイトに掲載した作品紹介に加筆修正したものです。

    ◇

 “あなたは子供を産みますか?”“どうして私を産んだの?”

 この問いかけへの答の道筋として“神々の住む島”という別名を持つ沖縄県浜比嘉島を舞台に、妊娠・出産・離婚・家出・破産・死別と重たくなるテーマを、そこに住む人・出逢う人たちをコミカルにスケッチしながら新感覚な映画に仕上げた傑作。

 子供が出来たことを知らずに気ままに放浪する彼を待つために、死んだバアバ(佐々木すみ江)の 故郷で子供を産むことになる19才の花(岡本綾)。
 花が感じとっていく様々な親子の関係は、自分と自分を4歳の時に捨てた母親サチコ(余貴美子)、父親違いの妹まりぃ(阿久根裕子)とサチコ、バアバとサチコ、そして、これから産まれてくる子供と花自身。それらの関係をしっかり見つめ、対峙しながら新たな価値観に目覚めていく花。
 妊娠、出産の不安な気持ちの揺れを岡本綾が好演している。

 豪快でエネルギッシュな母親役で存在感を見せつけるのが、沖縄の母にぴったりと嵌る余貴美子。子供を捨てる母親役は映画版『傷だらけの天使』でも演じているが、ここにいるサチコは一筋縄ではいかない。三番目の夫との間に出来た娘まりぃの彼氏の家庭が資産家と判れば「玉の輿」と大はしゃぎし、一転、その家族が事業失敗で金がなくなると知れば、サラ金業者の間に入って手数料を取るなどやりたい放題。
 そんなサチコを捨てて出ていくまりぃ。娘を追って、走る、走る、走る……走り続けるその姿は、不器用ながらも愛情いっぱいだった母親の姿がむき出しになり、母と娘の心情がぐっと沁みるシーンとなって いる。

 終盤、島の人々も含め出演者全員が夜の浜辺で唄い踊り大綱引きをするシー ンは、人間の逞しさとエネルギーに満ち溢れ、そんな中から新しい“生命”が産まれてくるという喜びを感じさせる。まさに“神々の住む島”の姿だ。

 都会の雑踏の中に立つ花と赤ん坊のラストカットは、生きていくことへの前向きな姿勢が見られ好感。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/491-1cd0c388