TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「北陸代理戦争」*深作欣二監督作品

hokurikudairisensou-2.jpg

監督:深作欣二
脚本:高田宏治
音楽:津島利章
出演:松方弘樹 、野川由美子、地井武男、 高橋洋子、伊吹吾郎、矢吹二朗、西村晃 、ハナ肇、遠藤太津朗、成田三樹夫、 千葉真一

☆☆☆★ 1977年/東映/98分

    ◇

 北陸のやくざ富安組若頭の川田(松方弘樹)は、約束を不履行する組長の安原(西村晃)をリンチ。川田に勝ち目のない安原は、弟分の万谷(ハナ肇)を通じ、万谷と親交のある関西浅田組傘下の金井組組長( 千葉真一)に相談をするが、北陸を手中にしようと考えていた金井組はその富安組の親子喧嘩につけ込もうとしていた。
 万谷の闇討ちで瀕死の重傷を負った川田は、情婦のきぬ(野川由美子)の助けを得て、郷里の妹・信子(高橋洋子)の元に隠れるが、その間に北陸は金井組の傘下に落ちてしまった。
 万谷に復讐をして刑務所に入る川田。出所後、弟分の花巻(矢吹二朗)と潰された谷中組の若頭・竹井 (伊吹吾郎)の三人は、同じ浅田組のなかで金井の強引さに手を焼いていた幹部の岡野(遠藤太津朗)に話をつけ、金井組を北陸から追い出す策に出る。しかし今度は岡野組が幅を利かすようになり、川田は安原と万谷らと共同戦線を張ろうと持ちかける……。
 
    ◇

 深作欣二監督と脚本家笠原和夫によって確立された東映の実録やくざ路線も、既に飽和状態に陥った1977年。『仁義なき戦い』のひとつとして企画されながら菅原文太の出演が流れたため、松方弘樹主演の単独作品として製作された。

 「厳冬の地で大組織相手に牙を剥いた男たちのヴァイオレンス」の惹句通り、『仁義なき戦い』的なやくざ同士の内部闘争がメインで展開し、ジープスタントやヴァイオレンス描写も極まっている。
 開巻すぐに親分の西村晃が雪原の中に首だけ出して埋められているシーンは、実際に猛吹雪の中で撮影されているのだから、西村晃の体当たりの演技には感動さえしてしまう。
 深作映画に出演する俳優たちって、主役級から大部屋俳優まで揃いもそろって常人では考えられないような役者魂を見せつけるから凄い。
 渡瀬恒彦が雪原でジープ事故を起こし瀕死の重傷を負い、伊吹吾郎が代役となって出演したことは有名なエピソードで、予告編にその無謀ぶりが映されていたが、結局その危ないシーンは代役でも撮影はされなかったようだ。

 一方、これまでの深作映画と少し違った趣として、激しい男と女のドラマが展開する。野川由美子と高橋洋子演じるふたりの女の生きざまが密度の濃いドラマとなり、男たちを喰ってしまっているのが異色。
 ふたりの女優が主役といってもいいくらい素晴らしい。

 松方弘樹、ハナ肇、遠藤太津朗ら男の間をしたたかに渡り歩く姉・野川由美子と、夜這いにきた男を半殺しにするくらい激情な妹・高橋洋子。松方を介抱するなかで恋愛と同志的感情に動かされる高橋は、極寒の廃屋のなかで松方の出所を待つ一途な女の情念を見せる。
 きょうだいは野川と高橋の間に地井武男を挟んだ3人で、この地井が「裏切る男」にかけては天下一品。終盤、実妹の高橋をチンピラたち(小林捻侍)に凌辱させるのだから凄い。挙げ句は、高橋洋子の出刃包丁でメッタ裂にされる悲惨な最後。

 そしてラストの、野川由美子の毅然とした姿には惚れ惚れ。 
 脚本の高田宏治が『鬼龍院花子の生涯』('82)を経て、『極道の妻たち』('86)での気丈な女たちの姿を物語り完成させたのも、この野川由美子の女傑ぶりから始まったのだろう。

 こうして深作欣二に始まった東映実録映画は、深作の手によって“最後の傑作”として幕を下ろされた。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/487-a62d71b1