TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

余貴美子さんのこと

 阿川佐和子さんって、同い年でいつまでも可愛らしい人だから好きだ。
 エッセイも面白いが、対談や司会の話術がいい。
 彼女が司会をしている「TVタックル」で、一筋縄ではいかない出演者たちを押さえ込む話術が好きだ。
 対談も、ストレートな質問をぽんぽんと投げかける小気味よさがいい。

 その阿川さんの週刊文春連載『阿川佐和子のこの人に会いたい』(11月27日号)に、余貴美子さんが登場した。

 高校生で漫画誌「ガロ」とか、つげ義春を読んでいた余さんだから、阿川さんが自分よりお姉さんと思っていても納得。
 女性誌のインタビュー記事では聞くことがない話が飛び出してきたりで、かなり興味深い。
 
 従姉妹の范文雀さんの話をするのは珍しいし、神代辰巳監督と石井隆監督の演出法について発言したのも、知っている限り初めてではないだろうか。

「ちょこちょこと出演するのが好き」と云う余さんが、神代監督や石井監督の作品で堂々と主役を演じることが出来るのも、演劇が下地にあるからだというのが分かる。

 敬愛する山崎努と浪花千栄子の芸に対する姿勢を見習う余貴美子さんの、今年最後の仕事は、世田谷パブリック・シアターで12月13日から始まる舞台『あれから』。
 ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出で、高橋ひとみ、渡辺いっけい、高橋克実ら共演の熟年夫婦たちの倦怠と、彼らを取り巻く若者たちの日々………。
 ケラさんのブログには「エロくて情けなくてしみじみする作品」と書いてある。

 稽古場ではハイパー・キュートな余さんの生の舞台は、千秋楽を観劇してくる。

スポンサーサイト

Comment

Iris says... ""
神代監督「噛む女」では下着を噛むシーンに躊躇して出演を断る女優の中で
余さんはオファーを受けたわけですが、プロデューサーに「濡れ場でパンツを
噛むシーンがあるんですが、いいですか?」と問われ「こんなに台詞があるなんて
嬉しい」と答えたという余さん。
あのシーンは神代監督を信頼していたらこそ撮れた映像なんでしょうね。

原田宗典さんの著書「私を変えた一言」に東京壱組の事(勿論メインは大谷亮介さん)
が書かれていました。文春の中でも壱組時代を懐かしそうに語っていましたね。
2008.11.23 23:40 | URL | #- [edit]
mickmac says... ""
「噛む女」出演時のエピソードは実に興味深いですね。

たしかに、東京壱組を旗揚げして1~2年の、演劇だけではとても苦しいころ、余さんが映画に出始めのころであり、台詞の多い役どころに飛びついたのは女優として当然ですよ。

 神代監督が女優に優しいと語っていましたが、一方で、宮下順子、絵沢萠子、中川梨絵、桃井かおりらの発言ではとても厳しく怖い監督だったとも云われています。
 女優って、マゾヒスティックじゃないと………笑。
 石井監督作品であんなに素晴らしい存在感を醸し出したのも、石井監督が余さんを散々に追い込んだからこそだと思います。
 そういったことに難なく耐えられ、監督の要求に応えることができたからこそ、今、「ちょっとの役を楽しむ」ことに繋がっているのでしょうね。
2008.11.24 00:28 | URL | #- [edit]
showken-fun says... "ありがとうございます。"
おー、文春読まねば。

わたしも、あの阿川さんのTVタックルでの人の捌き方にいつもホレボレしています。
2008.11.24 08:44 | URL | #- [edit]
mickmac says... ""
showken-funさん

週刊誌を買う習慣がなくなって数十年。
例外は、「文春」の阿川さんのお相手次第というのが慣習です(笑)。
2008.11.25 00:07 | URL | #- [edit]
tohjiro says... ""
買いました! あはは、いい感じで弾んでおられますw
教えていただき、感謝いたします!ww
“壁に向かって”というのがリアルでしたねえw
2008.11.26 18:56 | URL | #- [edit]
mickmac says... ""
tohjiroさん

余さんの口から“つげ義春”の名が出たときには、「おおっ」って思いました。

余さんは、“名美”にはなるべくしてなったんだなぁ。
DVD「GONIN2」の特典の石井監督との対談映像を思い浮かべてみると、あのニコニコ顔に嵌められてしまうんだなぁ、ってね(笑)。
2008.11.27 00:18 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/472-ed0a2c1f