TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

感電ロケンロール!悪魔の氷を飲み干せ!



AC/DC   BLACK ICE

 昔から好きなジャンルに入るのに、これまで聴くことのなかったバンドがこのAC/DC

 世界一売上げのある、まさに最高のロケンロール・バンドと知りながらも、ランドセルを背負って学生服と半ズボンで所狭しと駆けるギタリストのアンガスのビジュアルが、何かキワモノ的な印象しかなかった。
 かと言って、ヘビメタ・バンドと勘違いしていたわけでもない。ヘビメタならメタリカやスコーピオンズ、M・シェンカーなども大好きで聴いているのに、AC/DCに関しては、ただただ食わず嫌いだったわけで。

 それが今年になって初めて聴き出した。キッカケは、お馴染みさんのブログで「ブルーズとブギをルーツに持つオーセンティックなロックン・ロール・バンド」と書かれていたひとこと。「リフの嵐に脳天をカチ割られること請け合い」と勧められちゃあ、聴かずにはいかないっしょ。

 まずは、初期のフロントマン、ボン・スコット在命時の伝説的ライヴといわれる『ギター殺人事件~流血ライヴ』を購入。
 やっぱ、実際に聴いてみないとアカン。いっぺんにお気に入りバンドとなったのだ(笑)。

 それからは、ボン・スコットへの追悼盤で世紀のベストセラー『バック・イン・ブラック』から、『悪魔の招待状』、『レイザーズ・エッジ』、2枚組の『ライヴ』、前作の『スティッフ・アッパー・リップ』と、立て続けに手に入れた次第。
 現ヴォーカリストのブライアン・ジョンソンのしゃがれたシャウト唱法はお気に入りぞ。 

 そして、今回の9年ぶりの新作アルバム『悪魔の氷~BLACK ICE』。
 購入して一週間、聴き詰めである。
 ツェッペリンにも通ずるサウンドが脳天直下で炸裂してくるので、これからしばらく愛聴盤になるのは必至なのだ。

    ☆

01. 暴走/列車
02. 空が燃えている
03. Fool for You
04.恋の発電所
05. 戦闘マシーン
06. ぶち壊せ!
07. ロック大戦争
08. 地獄の回転花火
09. 愛のデジベル
10. イナズマの五月
11. 殺しの文句はロックン・ロール
12. 金にはあきたぜ!
13. ロックン・ロール・ドリーム
14. ロックで決めろ!
15. 悪魔の氷

    ☆

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/465-859934ba