TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ゲバゲバ子守唄」渚ようこ


渚ようこ 魅力のすべて~BEST 1996-2008

    ☆

 ゲバゲバこそ昭和のアヴァンギャルドな一撃。
 なんてアナーキーな言葉だ。

 あの伝説的TVヴァラエティ番組『巨泉×前武ゲバゲバ90分』しかり、革命的ピンク映画『処女ゲバゲバ』しかり、少年漫画に登場した悪辣非道なヒーロー『銭ゲバ』しかり。
 まさに渾沌とした時代、1970年前後の象徴だろうか。
 “ゲバルト=暴力”が横行するヤバい時代に、その暗い空気を切り裂いたのが、人を喰ったようなナンセンスな言葉“ゲバゲバ”。
 魑魅魍魎な世界を吹っ飛ばすロマンさえ感じる。

 さて、ネオ昭和歌謡の歌姫・渚ようこ初のベスト盤『渚ようこ 魅力のすべて~BEST 1996-2008』に収録された新曲『ゲバゲバ子守唄』は、名古屋大須を拠点に活動するザ・シロップのドラマー松石ゲルが作った怪作。
 東映仁侠映画か、はたまたスケバン映画が甦る。新宿裏通りをうらぶれて歩く男の後ろ姿が見えてくる。

    ☆

01. ニュー・トーキョー
02. かっこいいブーガルー(クレイジーケンバンド)
03. 愛の逃亡者
04. シャム猫を抱いて
05. サイケでいこう
06. ブーガルー・ベイビー
07. この胸のときめきを
08. 伊勢佐木町ブルース
09. 二日酔い
10. 世迷い言
11. 哀愁のロカビリアン
12. OTOME
13. どうせ天国へ行ったって
14. かっこいいブーガルー(duet with 半田健人)
15. アマン(東馬 健 & 渚ようこ)
16. アダムとイヴ
17. ゲバゲバ子守唄

    ☆

 新曲も聴きモノだが、自らの選曲だけあってこのベスト盤は渚ようこの魅力が凝縮された1枚になっている。

 記念すべき1stアルバムからの2曲のカッコ良さ。
 阿久悠・宇崎竜童の傑作『哀愁のロカビリアン』『OTOME』阿久悠最後の名曲『どうせ天国へ行ったって』のドラマチック歌謡の重量感。

 昭和歌謡オタクのイケメン俳優半田健人や、謎のムード歌謡歌手東馬健(実はミッチー)とのデュエットは、横山剣にも増して昭和の香りがプンプン。
 『アマン』はムード歌謡なのに、アレンジが007の映画音楽みたいで、その奇妙な感じがいい。
 福岡のゴールデン・カップス“ザ・ヤング”をバックに歌う『アダムとイヴ』は、デイヴ平尾が乗り移っているかのよう。

 そして、レア・トラックとなるのが映画「ヨコハマメリー」の主題歌で劇場限定発売だった『伊勢佐木町ブルース』。
 映画を未見で初めて聴いたのだが、ジャジーなピアノに乗せた歌唱がイカしてる。


スポンサーサイト

Comment

路傍の石 says... ""
どうもです。拙も先週入手してます。もうなんだろ。拙にとって渚ようこというのはもはや空気のような存在になりつつあって、あまり売れてくれなくてもいいやみたいな。どこかにアマチュアリズムを残したまま昭和歌謡へのオマージュを謳い上げる。それでもいいじゃないか。だったら次作こそオール・カヴァーのアルバムを作ってほしいなぁみたいな。何だったらジェロとの共演もありだぜ。というのはちょっと乱暴すぎるかねぇ(笑)。
2008.07.31 22:48 | URL | #3UG7ZRW. [edit]
mickmac says... ""
いやぁ~、路傍の石さんが云われこと、よく分かります。
大西ユカリにしても
横山クレイジー剣にしても
大いなるアマチュアリズムからくる大胆さが魅力ですよね。

ジェロとの共演? おお見たいっすね。
竜童さんバックに聴きたいな。
2008.08.02 00:35 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/440-56faa212